« まつむらのクリームパン | トップページ | ポータブルオーディオプレーヤー »

2004年7月 7日 (水曜日)

F1フランスGP マニクール 2004年

さすがルノー&ミシュランのホームGPだな、と予選結果を見たときに感じました。
しかも、金曜日の雨でタイヤのロングランテストができなかったとなると、データを多く持っている地元勢が強いはず。
しかし、恐るべしミハエル・シューマッハ選手&フェラーリ&ブリヂストン!
異例の4回ピットストップ戦術を成功させ、優勝!
地元勢のアドバンテージを上回るとは、まさに最強ですな。

でも、がんばっている選手やチームには申し訳ないのですが、このままでは見ているファンはつまらないのです。
早く互角のライバルが出現して欲しいところです。

一方、期待の佐藤琢磨選手は、またもやエンジントラブルでリタイア、残念です。
いくらホンダのエンジニアがドライバーの問題ではないとアナウンスしても、実際には佐藤琢磨選手ばかりに発生しているのは確かなので、ここまでトラブルが続くとさすがに何かあるのかしらと思ってしまいます。

ちなみに、かつてのアラン・プロスト元選手やネルソン・ピケ元選手の場合、レース後のエンジンやトランスミッションをばらしてみると、もう一回決勝が走れる程ダメージが少なかった、ということを記事で読んだかTVで聞いたことがあります。
(当時のF1専門誌かTVでの話なので、今となってはソースは明らかではないですが。)
対して、故アイルトン・セナ元選手やナイジェル・マンセル元選手の場合、良く壊してた印象があります(苦笑)。
歴代のチャンピオンでも、このように差があるのですから、気にすることはないかもしれませんが。

次回はエンジンパワーが物を言うイギリスGPシルバーストン!
しかも佐藤琢磨選手にとってはF3母国!
初優勝も夢ではない!
がんばれ、佐藤琢磨選手!

« まつむらのクリームパン | トップページ | ポータブルオーディオプレーヤー »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/919047

この記事へのトラックバック一覧です: F1フランスGP マニクール 2004年:

» アイルトンセナ [渋谷から世界へ、そしてブラジル]
ゆえあって、身辺整理をしている。 山のようにある、書籍と雑誌を何とかしなくてはな [続きを読む]

» F1イギリスGP シルバーストン 2004年 [TaMaの日記]
序盤はなかなかの接戦で、久々に楽しみました。 結果はミハエル・シューマッハ選手の優勝だったのですが、序盤はキミ・ライコネ [続きを読む]

« まつむらのクリームパン | トップページ | ポータブルオーディオプレーヤー »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp