« F1フランスGP マニクール 2004年 | トップページ | F1イギリスGP シルバーストン 2004年 »

2004年7月14日 (水曜日)

ポータブルオーディオプレーヤー

HDD内蔵ポータブルオーディオプレーヤーやHi-MDプレーヤーの新製品ラッシュが始まりました。
長年使っているMDプレーヤー(SONY MZ-EPS11 SONYショップ限定版 シャンパンゴールド 5年保証付 1997年夏購入、※MZ-EP11の限定版)の調子も悪くなってきていることもあって、ここ数年、いろいろ様子を伺っている分野です。
結論から言うと、自分はもうしばらく様子見になりそうです。
というのは、購入を決意するほどの決定的な要素が無い事です。

自分のオーディオ環境はCD/MDがメインです(レコード、カセットテープもありますが、最近はほとんど使いません)。
特にポータブルとカーオーディオはMDで相互に利用しています(CDが傷つくのが嫌なので)。
ということで、他の媒体に移行するとなると、カーオーディオも考慮しないといけなくなります。

まず、CDをパソコン経由で転送するタイプは、CCCD規格等のため将来性に不安が残ります。
Hi-MDもやや魅力はありますが、他のMD機器を更新する程のメリットが感じられないのです。
で、結局、MDかNetMDで充分という事になるわけです。が、昔から拘っている単3か単4の乾電池が内蔵できる機種はほとんど無く(外付けだとかさばり、壊れやすい)、だったら慌てて買い換える必要もないでしょう(実際、MZ-EPS11を7年も使い続けている理由は単3型電池が内蔵できるから)。
という事に落ち着きました。

iPodはiTunesが良さそうなのですが、電池の持ちの悪さと、電池交換費用の高さ(\15,000位)がネックです。
SONYはハードウェアのスペックではダントツなのですが、過剰な著作権保護機能がいただけないです。
Toshibaはちょっと期待できそうですが、いまひとつ決め手に欠ける感じがします。

一時期のMP3ブームから一気に広がった新しい媒体(半導体・HDD)は、最近の過剰な著作権保護の影響もあり、期待半分不安半分といったところですね。

« F1フランスGP マニクール 2004年 | トップページ | F1イギリスGP シルバーストン 2004年 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/963741

この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルオーディオプレーヤー:

» iPod mini&第四世代iPod [TaMaの日記]
先日のポータブルオーディオプレイヤーの買い替え検討の続編です。 その後、iPod mini 4GBと第四世代iPod 2 [続きを読む]

» iPod mini&第四世代iPod [TaMaの日記]
先日のポータブルオーディオプレイヤーの買い替え検討の続編です。 その後、iPod mini 4GBと第四世代iPod 20GB/40GBが発売されまし [続きを読む]

« F1フランスGP マニクール 2004年 | トップページ | F1イギリスGP シルバーストン 2004年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp