« 銘品!手造り眼鏡Clover | トップページ | 三菱WRC年内撤退/三菱車とスバル車 »

2004年7月23日 (金曜日)

三菱鉛筆 ピュアモルト ボールペン

新しいボールペンを購入しました。
お気に入りの文具を持つ、というのも趣味のひとつです。
時代に逆行してますが、手書きも大切ってことで。(笑)
「手頃な価格」で「書き味が良く」て「お洒落」なボールペンを探し回った結果、三菱鉛筆のピュアモルトのボールペン(SS-2005、\2,100)+互換性のあるパワータンク仕様のボールペン替芯(SJP-7、\315)に決定しました。



ボールペンや万年筆は、海外ブランド(WATERMAN、Pelikan、など)に完成度が高くて素敵な物も多いのですが、内需拡大のためにも国産。。。
というのは建前で、うちの家計ではあまり贅沢はできないし、他にもお金を使うべきところが沢山あるので、手頃な数千円を目安に探してみました。(苦笑)

いろいろ調べていると、某掲示板にピュアモルトにパワータンクの替芯が使える、といった情報がありました。
さらに詳しく調べていくと、冒頭のモデルが該当し、価格も手頃だったわけです。
その後、ピュアモルトにパワータンク採用モデル(SS-5015-P10)が追加されましたが、こちらは持ち歩くには少し太く、価格も\5,250と少し高くなり、やや予算オーバー。
予算との兼ね合いと、手帳と一緒に持ち歩く携帯性を考慮して、冒頭のモデル+替芯に決定したわけです。

SS-2005は適度な重さより少し軽めですが、太さも程よくて握りやすく、良い感じです。
適度な重さがあると、力が要らないので、長時間でも楽に書き続けられるのです。
あと、あまり細かい字を書かないようでしたら、替芯はSJP-10(ボール径1mm)の方が書き味が滑らかで良いかもしれないです。
もし携帯しない用途で予算が許せば、SS-5015-P10の方が適度な重さで良さそうですが、既に海外ブランドが買える価格帯なので、あとは好みの問題でしょうか。

ちなみに、事前にパワータンクの感覚を確認しておきたくて、先にノック式スタンダード\210を買いました。
これもなかなか良い書き味ですが、軸が軽すぎて長時間書き続けるのには不向きなので、メモ書き用ですね。
というわけで、こちらの廉価版は、車の常備用にしています(パワータンクはインクの溶剤が揮発しにくいと思われるので)。

三菱鉛筆 ピュアモルト
http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/pure_malt/index.html
三菱鉛筆 ユニ パワータンク スタンダード(ノック式)
http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/power_tunk_knock/index.html

【この商品を楽天で検索する】




« 銘品!手造り眼鏡Clover | トップページ | 三菱WRC年内撤退/三菱車とスバル車 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/1032326

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱鉛筆 ピュアモルト ボールペン:

« 銘品!手造り眼鏡Clover | トップページ | 三菱WRC年内撤退/三菱車とスバル車 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp