« チキンラーメン付きどんぶり | トップページ | iPod mini&第四世代iPod »

2004年8月 3日 (火曜日)

F1ドイツGP ホッケンハイムリンク 2004年

遅くなりましたが、F1ドイツGPの感想です。

結果は、予想通り地元ミハエル・シューマッハ選手の優勝でした。
相変わらず強いです。
ジェンソン・バトン選手は、ヘルメットのストラップが緩むトラブルを抱えながらの2位獲得、フェルナンド・アロンソ選手は、終盤、フロントタイヤのグリップが落ちた状態で、デビッド・クルサード選手を抑えての3位獲得でした。

残念なのはキミ・ライコネン選手。
無事で何よりでしたが、リアウィングが落ちた瞬間はヒヤッとしました。
レース中の最速ラップもマークしているので、トラブルが無ければ、大活躍が期待できました。

佐藤琢磨選手は、時々アグレッシブな走りを見せながら、堅実に8位入賞となりました。
どうやら今回のレース中、HANSデバイス(Head And Neck Support、肩にのせてヘルメットを支え頭と首をサポートする装置)の影響で、バーレーンGP時の肩の怪我が悪化したそうです(詳細は本人の公式HPやニュース等を参照)。
記事を読むと、よくこの状況で完走できたものだ、と感じます。
安全対策は大切なことですが、ドライビングに集中できなくなるようでは逆に危険を招きかねないので、HANSデバイスはまだまだ改善の余地がありそうです。

次回はハンガリーGPのハンガロリンク。
低速サーキットで、特にコーナリング性能が重要なサーキットです。
しかも路面状態が悪いため、レコードラインを外すと滑りやすく、オーバーテイクが難しいサーキットです。
現在のBARのマシンには厳しいサーキットかもしれませんが、マシンの調子は戻ってきているとのことですので、佐藤琢磨選手には怪我を治してがんばって欲しいです。

« チキンラーメン付きどんぶり | トップページ | iPod mini&第四世代iPod »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/1112740

この記事へのトラックバック一覧です: F1ドイツGP ホッケンハイムリンク 2004年:

» F1ハンガリーGP ハンガロリンク 2004年 [TaMaの日記]
今年のフェラーリ&ブリヂストンのコンビはまさに無敵でした。 レース中のファーステストラップタイムを見ると、フェラーリの2台だけ1分19秒台です。以下、 [続きを読む]

« チキンラーメン付きどんぶり | トップページ | iPod mini&第四世代iPod »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp