« iPod mini&第四世代iPod | トップページ | F1ハンガリーGP ハンガロリンク 2004年 »

2004年8月13日 (金曜日)

IdeChnDr.sysの不具合

先日、会社で使っているパソコンで、Windows2000の起動途中にパソコンの画面が真っ青になりました。
いわゆるブルースクリーンエラーで「STOP:0x000000D1 (~) DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL IdeChnDr.sys ~(一部抜粋)」と表示されました。

実はかなり前から発生していたのですが、発生頻度は数ヶ月に一回位と稀で、発生条件不明のため意図的に再現させることができない状態です。
再起動後は問題無く使えてしまうため、放置してました。
が、最近の一ヶ月間で三回も発生したので、流石にまじめに調べることにしました。

Microsoftのサポート技術情報検索では該当する内容が見当たりませんでした。

Googleで"IdeChnDr.sys"を検索すると似たような事例があり、どうやらIntel Application Acceleratorを削除することで解消するらしいのですが、原因など詳細は不明。
そう言えば、結構重いプログラムを動かしているので、少しでも速くなればと思ってIntel Application Acceleratorをインストールしていましたっけ。

さらにIntelやいろいろな検索エンジンで調べたのですが、これ以上は何も情報が出てこないようなので、あきらめてアンインストールしました。

ディスクアクセスを頻繁に行うような処理をすると、少し遅くなったような気はしますが、まあ、もともとはこれで使っていたわけですから。。。


PS
この情報がお役に立った方、コメント頂けると嬉しいです。





« iPod mini&第四世代iPod | トップページ | F1ハンガリーGP ハンガロリンク 2004年 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/1185180

この記事へのトラックバック一覧です: IdeChnDr.sysの不具合:

« iPod mini&第四世代iPod | トップページ | F1ハンガリーGP ハンガロリンク 2004年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp