« スターウォーズ旧3部作DVD発売! | トップページ | 元町チャーミングセールとキタムラ »

2004年9月17日 (金曜日)

F1 イタリアGP アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ 2004年

まさにフェラーリのためのレースでした。
最速ラップタイムを確認すると、フェラーリの2台だけ1分21秒台、他の上位チームは1分22秒台でした。
これだけラップタイムに差があっては、勝負にならないですねぇ。

ルーベンス・バリチェッロ選手はポール・トゥ・ウィンで今期初優勝となりました。
一番の見所は、序盤の接触スピンで大きく順位を落としたミハエル・シューマッハ選手の追い上げでしょうか。
なんだかんだで結局2位に入ってしまうという、それだけフェラーリが強かったわけですね。

3位争いはなかなか見応えがありました。
特に序盤は雨上がりのハーフウェット状態で、難しいレースでした。
結局のところ、タイヤはどちらを選んでも一長一短だったように思います。

BARはエンジンパワーの割に最高速が出ていなかったので、ウィングを立てて、コーナリング重視にしていたのでしょうか。
序盤、ドライタイヤでもそこそこがんばれたのは、このおかげかも知れないですね。
3位、ジェンソン・バトン選手、4位、佐藤琢磨選手でした。
この結果、BARはコンストラクターズでルノーを抜いて2位になり、残り3戦はアグレッシブなレースができそうです。

次回は9月26日、中国GPの上海インターナショナル・サーキット。
全く新しいサーキットで予想もできず、どのようなレースになるのか楽しみです。

« スターウォーズ旧3部作DVD発売! | トップページ | 元町チャーミングセールとキタムラ »

F1」カテゴリの記事

コメント

プロ野球の再構成が問題になっている日本ですが,F1ではフォード(ジャガー)が2005年より撤退することを発表して,2005F1危機です.
なにしろ,9チームになってしまうのですから,コスワースエンジンもだめなら,ミナルディとジョーダンもダメかもしれません.フェラーリやトヨタやBMWがエンジンを供給できればいいのですが...
世界No2の自動車メーカーが見放すF1ってのも,そろそろ終焉がちかいのかも....

只野空曹さん、コメントありがとうございます。
F1は本当にお金がかかりすぎますよね。
F1の将来はFIA次第かと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/1454981

この記事へのトラックバック一覧です: F1 イタリアGP アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ 2004年:

» F1 中国GP 上海インターナショナル・サーキット 2004年 [TaMaの日記]
久々に見応えのあるレースでした。 今回、新設された上海インターナショナル・サーキットは、長いストレートがあり、コース幅が広く、オーバーテイクポイ [続きを読む]

« スターウォーズ旧3部作DVD発売! | トップページ | 元町チャーミングセールとキタムラ »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp