« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の6件の記事

2004年9月29日 (水曜日)

F1 中国GP 上海インターナショナル・サーキット 2004年

久々に見応えのあるレースでした。
今回、新設された上海インターナショナル・サーキットは、長いストレートがあり、コース幅が広く、オーバーテイクポイントも多いため、バイクレースのような展開でした。
ただ、ミハエル・シューマッハ選手はピットスタート、佐藤琢磨選手は後方スタートとなってしまったため、2人が上位争いに絡まなかったのは残念でした。
結果、1位ルーベンス・バリチェッロ選手、2位ジェンソン・バトン選手、3位キミ・ライコネン選手、となりました。
ミハエル・シューマッハ選手は、ファステストラップをマークするほどの猛追を見せましたが、決勝でもいろいろとトラブルに見舞われ、12位に終わりました。
佐藤琢磨選手は、順調に順位を上げ、最終的に6位入賞という素晴らしい成績を収めました。

レース中のファステストラップを分析すると一目瞭然なのですが、やはりフェラーリ2台があきらかに速いのがわかります。
そして、マクラーレン・メルセデス、BARホンダ、ウィリアムズBMW、ザウバー、ルノーが近いタイムで入り乱れています。

上海インターナショナル・サーキットは、最近のF1ではあまり見られない抜きつ抜かれつのレース展開を見せてくれる数少ない名コースと言えます。
来年のF1中国GPが楽しみですが、このサーキット、設備の立派さ故に維持費がかかりすぎるようで、将来が不安視されているようです。

Yahoo!ニュース:【中国】運営に不安の声、F1後のサーキット

ちなみに、今回もフジテレビの放送で観戦したわけですが、放送中、解説者の鈴木亜久里さんの非常に気になるコメントがありました。
「ミナルディはなんのためにグランプリに来てるのかわからないね、僕はね。」
って、まあ確かにそう思うこともありますが、ミナルディは昔から多くの新人を輩出してきたイタリアの名門チームなのですから、参加していることに意味があると思うのです。
たとえ資金が少なくても、レースを楽しむイタリア人の国民性を反映したチームなのかもしれませんね。
フェラーリだって、今はFIATの大資本がバックについていますが、FIAT傘下に入る前は弱かった時期があった訳ですからね。

次はいよいよ日本GP鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース!!!
佐藤琢磨選手、初優勝を目指してがんばれ!!!
ホンダエンジン、最強伝説を再び!!!

2004年9月22日 (水曜日)

無視できない架空請求詐欺

これまでの架空請求の対処法は無視が基本でした。
以前、うちにもはがきが届いたので、一応、はがきを保管し、書かれている事には無視しています。
しかし、最近は無視できない少額訴訟制度を悪用した新手の架空請求詐欺が発生しているそうです。

読者の方々のためにも、簡単に調べたことをまとめておきます。
詳細までは知らなくても、基本的な対処法があることだけでも知っていれば、いざと言うときに役立つと思いますので、ご一読ください。
このページへのリンクも良識の範囲でご自由にどうぞ。

まず、少額訴訟制度についてご存知ない方は、以下のリンク先を参照して下さい。

少額訴訟制度
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/soudan/kakuseikyu/syougaku.htm

敵は、この少額訴訟制度を悪用し、架空の利用料等の支払いを求める少額訴訟を起す訳です。
裁判所から「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきた場合、出頭しなければ自動的に裁判に負けてしまい、控訴はできず、請求金額を払わされることになります。

身に覚えの無い「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきた場合は、消費生活センター等への相談、及び、警察への届け出をしましょう。
そして、基本的な対処方法は以下の二つです。

(1)少額訴訟として裁判所へ出頭する場合
指定された日時に裁判所に出頭し、争います。
裁判所が遠方の場合は、近くの裁判所への移送が可能です。
その場では話がこじれそうな時は、すぐに(2)の手続きをします。

(2)通常訴訟へ移行する場合
裁判所へ連絡し「架空請求詐欺」であることを伝えて「移行申述」の手続きを取ります。通常訴訟では証拠の真偽が問われるため、敵はほぼ確実に訴えを退けるでしょう。
裁判で偽の証拠を提出しようものなら偽証罪になりますので。

詳細は公的な機関や専門家に、”自分”から相談するのが確実です。
被害者を救済するように装って近づいてくる詐欺もあります。
相手から近づいてきた場合は注意しましょう。

とりあえず、公的機関の関連情報をリンクしておきます。

京都市市民生活センター
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/soudan/kakuseikyu/kakuseikyu.htm
国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/twoshotto.html

2004年9月21日 (火曜日)

元町チャーミングセールとキタムラ

横浜の元町にてチャーミングセール開催中(9月18日~9月26日)です。
チャーミングセールは、元町商店街で年2回行われているセールです。
例えば、キタムラでは全品20%OFF(一部50%OFF)になります。
詳細はリンク先のホームページ参照。

というわけで、うちのかみさんにお供して行ってきました。
JR石川町駅を降りると、ものすごい人人人。。。
商店街の通りは歩行者天国になっているので幾分はましなのですが、県道を跨ぐ交差点では、歩行者天国の入り口(交差点内)を塞ぐようにタクシーが並んでおり、交差点が狭くなっているため、周辺は人で大混雑していました。
おまわりさんが交通整理をしておりますが、何も言わないのでしょうか。
交差点が狭くなっているために歩行者信号が赤になっても渡りきれない人に笛を吹くぐらいなら、まず、タクシーに警告して欲しいものです。
自分で言っても良かったのですが、時間の都合と、何よりせっかくの楽しい雰囲気を壊したくないので、見ぬ振りしておきました。

キタムラ元町本店に到着すると、店の入り口から通勤ラッシュの電車状態。
そんな中、かみさんが以前から狙っていた商品を二人で探し回りました。
二点のうち一点は、春夏で生産終了していました(残念)。
もう一点は、少し改良された新モデルが見つかり、無事購入できました。
ついでにキタムラ元町グッズ・シューズショップ、キタムラ元町メンズショップにも寄りましたが、見るだけにとどまりました。

キタムラの製品は、価格の割に、質の良い革としっかりとした作りが気に入っています。
名ばかりのブランド品とは違い、革の質の良さと作りの良さ、そして昔からの永久修理保証もあり、永く使い続けられる製品だと思います。
ただ、最近は新製品を次々と発表しているためか、機能的に熟考されていない?な製品や、価格付けが高すぎる製品も増えてきており、秀逸な製品が少なくなってきたような気がします。
新作も良いですが、もっと定番製品を揃えて、小改良でじっくり熟成させながら製品とノウハウを育ててもらいたいと思います。

2004年9月17日 (金曜日)

F1 イタリアGP アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ 2004年

まさにフェラーリのためのレースでした。
最速ラップタイムを確認すると、フェラーリの2台だけ1分21秒台、他の上位チームは1分22秒台でした。
これだけラップタイムに差があっては、勝負にならないですねぇ。

ルーベンス・バリチェッロ選手はポール・トゥ・ウィンで今期初優勝となりました。
一番の見所は、序盤の接触スピンで大きく順位を落としたミハエル・シューマッハ選手の追い上げでしょうか。
なんだかんだで結局2位に入ってしまうという、それだけフェラーリが強かったわけですね。

3位争いはなかなか見応えがありました。
特に序盤は雨上がりのハーフウェット状態で、難しいレースでした。
結局のところ、タイヤはどちらを選んでも一長一短だったように思います。

BARはエンジンパワーの割に最高速が出ていなかったので、ウィングを立てて、コーナリング重視にしていたのでしょうか。
序盤、ドライタイヤでもそこそこがんばれたのは、このおかげかも知れないですね。
3位、ジェンソン・バトン選手、4位、佐藤琢磨選手でした。
この結果、BARはコンストラクターズでルノーを抜いて2位になり、残り3戦はアグレッシブなレースができそうです。

次回は9月26日、中国GPの上海インターナショナル・サーキット。
全く新しいサーキットで予想もできず、どのようなレースになるのか楽しみです。

2004年9月16日 (木曜日)

スターウォーズ旧3部作DVD発売!

スター・ウォーズ旧3部作「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」が発売されました。

・スター・ウォーズ エピソード4
 新たなる希望
・スター・ウォーズ エピソード5
 帝国の逆襲
・スター・ウォーズ エピソード6
 ジェダイの帰還

エピソード6は、以前の日本語タイトル「ジェダイの復讐」が修正されています。
しかもエピソード6には新しいラストシーンが追加されているとの事ですが、見てからのお楽しみにしたいため、詳細を調べるのはやめました。
(簡単なニュース記事は読んでしまいましたが。)
詳細を知りたい方は、ネット検索すると見つかるかもしれません。

いつ見ても、まだCGが普及していなかった頃のSFの特撮映像技術の迫力には驚かされます。
ちなみに、SFファンには「スターウォーズ派」「スタートレック派」「ブレードランナー派」とあるらしいですが、私はいずれも大好きです。
確かに、これらの3作は同じSFでも方向性が全く異なる作品ですよね。
(余談)
今、書いていて気がついたのですが、描かれている舞台の広さが、
 スタートレック > スターウォーズ > ブレードランナー
という違いがあるのですねぇ。

なお、このDVD-BOXは限定品とのことですので、いつも利用しているアマゾンジャパン(Amazon.co.jp)ですぐに予約しました。
アマゾンで予約すると、20%割引き+送料無料で、とてもお得ですよ。
発売まであと一週間になりましたので、ファンの方は急いで予約しましょう!

スター・ウォーズ 関連商品一覧

.

2004年9月 7日 (火曜日)

WRC ラリージャパン 2004年

圧倒的な強さでスバルのインプレッサを駆るペター・ソルベルグ選手が優勝しましたね。
グループNは、同じくスバルのインプレッサを駆る新井敏弘選手の優勝です。
記事によると、スバルが地の利を活かして、セッティングが決まったのが勝因のようです。
三菱も参戦していれば、名勝負になったかもしれないですね。
ぜひとも生で観戦したかったのですが、仕事の都合もあり、断念しました。
ただ、スバルのホームページで詳細なレポートを即時掲載してくれていたので、それなりに楽しみました。

http://www.subaru-msm.com/

テレビ放送は、テレビ東京にて9月12日(日)16:00~17:20に放送するようです。
あいかわらず中途半端な不定期な放送スケジュールなので、見逃さないようにしないと。
φ(..)メモメモ

ラリー開催中の土曜日、たまたまフォレスターの6ヶ月点検でスバルのディーラーに行ってきました。
ちなみに、来場者プレゼントで、ラリージャパンとスバルのロゴが入った青いペットボトル保冷カバーを頂きました。
その時の担当者の話では、ラリージャパンは思ったより盛り上がっていないですね、とのこと。
まあ、日本ラリー界の双璧を成す自動車メーカーである三菱が撤退してしまったのですから、楽しみ半減かもしれないですね。
あとは地上波放送でリアルタイムに放映してくれれば、日本全国で盛り上がるのになあ。

ラリージャパンは来年も開催するらしいですね。
三菱も来年に向けて、開発に力を注いでいるらしいので、また来年に期待しましょう。

WRC関連商品一覧

インプレッサ関連商品一覧

.

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp