« iPod Photo / iPod U2 Special Edition | トップページ | ホンダがBARを買収か »

2004年11月18日 (木曜日)

PlugPlayManagerの警告

先日、Windows2000パソコンの「イベント ビューア」を確認したところ、以下のような警告が大量に記録されていました。


イベントの種類: 警告
イベント ソース: PlugPlayManager
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 256
日付: ****/**/**
時刻: **:**:**
ユーザー: N/A
コンピュータ: *******
説明: "" のウィンドウへのデバイス インターフェイスの変更の通知の送信がタイムアウトしました


時刻から推測すると、Windows2000の起動時に5個づつ記録されている模様です。

いつものようにマイクロソフトのサポートで検索してみましたが、的を得た答えは得られませんでした。
orz


仕方がないのでGoogleで"PlugPlayManager"を検索しました。
得られた情報の要点をまとめると、以下の通りです。

(1) Windows Update のセキュリティパッチの適用後に発生するようになる。

(2) 致命的な問題は無いが、Windows の起動/終了が遅くなる場合がある。

(3) 発生する機種と発生しない機種がある。

(4) 対処方法としては、「デバイス マネージャ」から「IDE ATA/ATAPI コントローラ」の「詳細設定」にて、接続していないデバイスの「デバイスの種類」を「なし」にすると発生しなくなる。


試したところ、(4)の対処方法で警告は発生しなくなりました。

もしかすると気付いていない方も多いかも知れませんね。
あまり気にする必要も無いようですが、一度、「イベント ビューア」を確認しておくと良いかもしれません。
操作方法は以下の手順を参考にしてください。


↓【 重要 】↓

このページに書いてあることを実施する場合は「自己責任」でお願いします。
お困りの方のお役に立てればとの思いで提供している「あくまでも参考」情報です。
自己責任を承知できない方、及び、ここに書いてあることの意味がわからない方は、ご自分のパソコンのメーカーかマイクロソフトのサポートへお問い合わせの上、解決してください。

↑【 重要 】↑


以下、確認方法の詳細手順です。

(1) 「マイ コンピュータ」を右クリックしてから「管理」を左クリックする。

(2) 「コンピュータの管理」の中の「システム ツール」→「イベント ビューア」→「アプリケーション」を開く。

(3) 種類「警告」、ソース「PlugPlayManager」のログがあったら、ダブルクリックし、冒頭のメッセージに該当するかを確認する。

(4) 一致しない場合は別の原因ですので、以降の操作はしないでください。


以下、対処方法の詳細手順です。

(1) 「コンピュータの管理」の中の「システム ツール」→「デバイス マネージャ」→「IDE ATA/ATAPI コントローラ」→「プライマリ IDE チャネル」をダブルクリックする。

(2) 「詳細設定」タブをクリックする。

(3) 接続していないデバイス(通常は「現在の転送モード」が「無効」になっている方)の「デバイスの種類」を「自動検出」から「なし」へ変更する。

(4) 「OK」をクリックする。

(5) 「今コンピュータを再起動しますか?」の問いに対し「いいえ」をクリックする。

(6) 「セカンダリ IDE チャネル」についても(1)~(4)同様に操作する。

(7) 「今コンピュータを再起動しますか?」の問いに対し「はい」をクリックして、コンピュータを再起動する。


PS
この情報がお役に立った方、コメント頂けると嬉しいです。





« iPod Photo / iPod U2 Special Edition | トップページ | ホンダがBARを買収か »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

役に立ちました。起動が遅いので、イベントビューアを見たところ、この警告がありました。この対処方法で止まりました。

shigekiさん、コメントありがとうございます。
解決して良かったですね。
実際に役に立ったことがわかると、私もこの記事を書いた甲斐があります。
今後ともよろしくお願いします。

はじめまして、「plugplaymanager」で検索したところ、こちらのブログにたどり着きました。

私のPC(業者に頼んだ自作PC)がつい先日から
頻繁にプチフリーズするようになり、イベントビューアを確認したところ、「atapi」という名のエラーが
30分に20回程度記載されており、その中にたまーに「plug~」のエラーも記載されておりました。

調べてみると、atapiのエラーがイベントに載った
時刻に、ちょうどプチフリーズが起きていたようで、
「デバイス \Device\Ide\IdePort1 はタイムアウト期間内に応答しませんでした。」との記述が。

そこでこの記事で書かれている対処法をとった(自動検出→なし)ところ、このエラーもピタリとおさまりました。今まで本当にプチフリだらけで、作業中もすごくイライラしていたのですが、救われました。

amさん、はじめまして。(o^-^o)
コメントありがとうございます。

無事に解決して良かったですね。記事がお役に立てたようで嬉しいです。

そういえば、私のこの記事の不具合も、仕事で使っていたショップブランドPCでした。もう手元にないので詳しい事はわからないですが、もしかしたらマザーボード等の問題だったのかもしれません。

まあ、この方法で回避できる問題ですし、該当PCが手元にも無いので、これ以上の原因追究は機会があったら考えますね。

xp embeddedでも効果ありです

testさんへ 情報ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/1996690

この記事へのトラックバック一覧です: PlugPlayManagerの警告:

» PlugPlayManagerで検索してみました [ネットランダム]
TaMaの日記: PlugPlayManagerの警告 仕方がないのでGoogleで”PlugPlayManager”を検索しました。 得られた情報の要点をまとめると、以下の通りです。 (1) Windows Update のセキュリティパッチの適用後に発生するようになる。 (2) 致命的な問題は無いが、Windows の起動/終了が遅くなる場合がある。 (3) 発生する機種と発生しない機種がある。 (4) 対処方法としては、「デバイス マネージャ」から「IDE ATA/ATAPI コン... [続きを読む]

« iPod Photo / iPod U2 Special Edition | トップページ | ホンダがBARを買収か »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp