« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の5件の記事

2005年1月23日 (日曜日)

iAUDIO G3 使用レポート(5)

日本語版の最新版ファームウェア Ver.1.21J が公開されました。
機能の追加は無く、Ver.1.20Jからのマイナーバージョンアップで、音質を向上させたのことです。

バーテックスリンク ダウンロードページ

日本の正式なサポートページであり、しっかりとサポートが受けられる保証があるので、さっそく試してみました。

前回の作業中に気が付いたアップグレードマニュアルには書かれていなかった自分なりの注意点に留意し、旧アップデートプログラムをアンインストール、Windows再起動、アップデートプログラムのインストール、Windows再起動、という具合に慎重に作業しました。

そのおかげか、今回は特に問題なく終了しました。


アップデートの結果ですが、アップデート前後で直接聴き比べられないので、結局のところ、どう変わったのかはよく分かりませんでした。

ただ、それほど気にしてはいませんでしたが、曲間で時々聞こえる「プツ」というノイズは、さらに小さくなったようです。
よほどボリュームを上げていて、かつ、周りが静かでないと気が付かない程度にはなりました。
それでも気になる人は気にするかもしれないですが。


一応、ダウンロードページにもアップグレードを薦めているので、このアップグレードはしておくのが良さそうですね。

-

「iAUDIO G3 関連 まとめ」のページへ移動

2005年1月20日 (木曜日)

iAUDIO G3 使用レポート(4)

一応、ニッケル水素充電池で持続時間を測ってみたのですが、ポータブルオーディオ用に使用している電池が古すぎて結果がばらばら。。。(^^;

なんせ、3年半も使いつづけてる容量1700mAh規格のニッケル水素充電池ですから、へたっていてあたりまえ。
(現在は2,400mAhが最高か?)
それでも20時間以上は稼動してしまい、まだ処分してしまうのももったいないので、しばらく使いつづけます。
G3は電池の持ちが良い分、環境にも優しいです。

新品ならアルカリ電池以上の持続時間も期待できそうです。
そのうち、デジカメ用で使用している2,100mAhで試してみたいと思います。
(1回の計測時間があまりにも長いので、なかなか手が出せないですが。)


次に、いろいろ試行錯誤していたエフェクト設定ですが、だいたい落ち着いてきました。。
イヤフォンは付属品で、ボリュームは8~12位、主に通勤途中の電車内等での設定です。
曲のジャンルや、周りの騒音レベルによっては多少調整することもあります。

EQ:NOR
BBE:1
Mach3Bass:3
MP Enhance:ON
3D Surround:OFF


話は変わりますが、本体をいじっていたら、ストラップを取り付ける部分の金具(U字型のカン)が時々引っかかることに気が付きました。
良く見ると、カシメ方が甘いため、時々外れそうになって引っかかっていたのです。
恐らく、引っかかった状態でストラップを強く引っ張ると、カンが開いて外れてしまうでしょう。

というわけで、とりあえず引っかからない程度にカシメ直しました。
そのうち適当なカンが見つかったら、付け直すつもりです。

-

「iAUDIO G3 関連 まとめ」のページへ移動

2005年1月18日 (火曜日)

システム手帳の買い替え

もう昨年末のことですが、システム手帳を買い換えました。

最近はキタムラのバイブルサイズを使っていたのですが、プライベート兼用として使うには大きすぎるように感じてきたためです。
ちょっとした鞄やポーチにバイブルサイズのシステム手帳を入れると他の荷物が入らなくなるので、プライベートではあまり持ち歩かなくなり、不便を感じていたのです。

ということで、いろいろ考えてみました。
PDAも検討しましたが、やはりメモ等は紙が一番楽。

で、私自身、スケジュールといっても、月間+メモ用紙があれば済む程度しか書きませんし、電話帳は携帯電話のメモリーで事足りているので、最終的にミニ6穴サイズのシステム手帳を選択しました。


方針とサイズが決まれば、あとはモノの選定。

革の造りの良さが気に入っていたキタムラは、ミニ6穴はレディース用しかありません。
まあ、メンズとしても通用するデザインなのですが。
しかし、横幅が少し狭く、インデックス付の月間スケジュールを入れるとインデックスが飛び出して使いにくいので、選択肢から外れました。

他にもネットで検索してみましたが、システム手帳関連としてのお気に入りのブランド「アシュフォード(ASHFORD)」はネットでは情報が少ないことと、やはり手で触ってみないと判らないので、近場では手帳関係が一番充実している東急ハンズ横浜店と横浜そごうのロフトで探しました。
他のブランドも比較しながら。
(「ファイロファックス(fILOFAX)」、「バインデックス(Bindex)」とか。)

最終的に決定したのがアシュフォードのイタリアンショルダーレザーの黒です。
(ちょっと高かった。)
少しリングが小さめで容量が足りるかが心配でしたが、何せモノが気に入ったので、リフィルを整理することで対応することにしました。

以前、購入した三菱のピュアモルトボールペンもぴったり収まりました。


プライベートでも負担にならない程度のサイズで、触った感触も良く、お気に入りとなりました。
末永く使い続けることができそうです。

2005年1月17日 (月曜日)

DVD-RAMドライブ 使用レポート(1)

先日購入した「Panasonic LF-M760JD」の使用レポート第一弾です。
購入時の記事は以下のリンク先にあります。

DVD-RAMドライブ 購入


5倍速のDVD-RAMメディアを購入し、データのバックアップを取り、書き込み速度を実測してみました。

条件によってばらつきが大きく、1,000KB/sec位の時もあれば、2,300KB/sec位の時もあったり、という具合でした。
特に小さいファイルがたくさんあると、書き込みが極端に遅くなるようです。
接続は、もちろんUSB2.0で単独使用とし、他の機器は繋げていません。

DVD-RAMは、通常、書き込み時にベリファイを行うので、表記上、5倍速でも、実質は2.5倍速になるそうです。

もちろん、ベリファイ無でも書き込めますが、そういった使い方は、むしろDVD-R/+Rのほうが適していると思います(あらかじめ作ったイメージを一気に書き込むので)。
私の場合、DVD-RAMは、あくまでも容量の多く信頼性の高いフロッピーディスク感覚でバックアップ用途に使いたいわけですから。

DVDの標準転送レートは1,385KB/secです。

実測結果を考察すると、平均的には1.5〜2倍速程度と思っていれば良さそうです。
ただし、ファイルサイズが適度に大きい等で条件が良ければ最高2.5倍速、小さいファイルが多数ある等で条件が悪いと1倍速に満たないことがあるようです。

とはいっても、今まで使っていたMO、CD-R/RWよりも圧倒的に速い上に、信頼性が高いので、十分満足してます。
さらに、今までDVDを書き込めるドライブを所有していなかったので、DVD-R/-RW/+R/+RWもこれ一台で使えるようになり嬉しい限りです。


使っていて少し気になった点としては、DVD-RAMメディア挿入直後の20~30秒位の間、エクスプローラが操作できなくなる、といった点でしょうか。
マウントに結構時間がかかりますが、信頼性の確保のためには仕方ないのかも知れません(レーザー出力の調整等もしているらしい)。
それほど頻繁に抜き差しをするわけでもないので、我慢できるレベルです。

あとは、カートリッジタイプの両面9.4GBのDVD-RAMメディアを早く発売して欲しいですね。


AmazonによるLF-M760JDの詳細情報については、下の画像またはリンクをクリックしてください。

Panasonic LF-M760JD DVD スーパーマルチドライブ 外付

関連商品

.

2005年1月 9日 (日曜日)

DVD-RAMドライブ 購入

今まで640MBのMOかCD-R/RWでパソコンのデータバックアップをしていたのですが、データ容量が増えて転送時間が長くなってきたことに加え、メディアを何枚も入れ替えたりするのが手間になってきたため、新しいバックアップ用の装置を購入することにしました。


現在は多種多様なメディアがあるわけですが、検討の結果、DVD-RAMを選択しました。
機種は「Panasonic LF-M760JD」としました。
この機種を選択した主な理由は以下の通りです。

・ドライブ装置、メディア共に手頃な価格になってきたこと。
・DVD-RAMの汎用性/信頼性/利便性が高いこと。
・カートリッジタイプが使えるので取り扱いが楽なこと。
・所有しているDIGAとの相互運用ができること。
・添付ソフトの"DVD-MovieAlbumSE"の評判が良いこと。

なんといっても、フロッピーディスク感覚で、ちょっとしたハードディスク並みの容量(片面4.7GB)が使えるのはとても便利です。
他にもDVD-R/+R、DVD-RW/+RW、CD-R/RWに対応していますので、普通に使う分には十分でしょう。


価格を調査してみると、いつも利用している通販サイトのうちのひとつであるAmazon.co.jpの還元キャンペーンにより、実質、最安値でしたので、キャンペーンが終わる前に、さっそく注文しました。

驚いたことに、昼過ぎに注文したのに、翌朝には届いてしまいました。
届くまでに、某量販店の貯まってるポイントで5倍速DVD-RAMディスクを購入しておこうと思っていたのですが、予定よりも早すぎて間に合わず。(^^;


早速、マニュアルを見ながらセットアップしましたが、全くトラブル無く使用できるようになりました。
DIGAで録画したDVD-RAMの動画もしっかり見れましたし、動画ファイルの取り込みもできたので、問題はなさそうです。

なお、Panasonicのサポートページを確認すると、いくつかアップデートが掲載されています。
が、とりあえず初期不良を確認するため、しばらくは出荷時のまま使ってみます。

まだデータバックアップ用のメディアを購入していないので、5倍速の実力は未確認ですが、CD-Rなどの他のメディアも含めて後日確認したいと思います。


AmazonによるLF-M760JDの詳細情報については、下の画像またはリンクをクリックしてください。

Panasonic LF-M760JD DVD スーパーマルチドライブ 外付

関連商品

.

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp