« F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2005年 | トップページ | iAUDIO G3 使用レポート(8) »

2005年3月23日 (水曜日)

F1 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 2005年

トヨタがついにやりました!
初表彰台2位と5位です。

オーストラリアGPでは予選結果こそ良かったものの、決勝では安定したタイムが出せず、まだまだかと思っていました。
しかし、レギュレーションの大幅変更の混乱の中、トヨタお得意のマネジメントの良さで見事に対応し、素晴らしい結果を残しました。
マシン性能差が抑えられるレギュレーションの元では、マネジメントの大切さが明らかになったとも言えるでしょう。


一方、フェラーリは惨敗。

どう見てもタイヤの性能差としか言いようが無いのですが、フェラーリは「ブリヂストンの責任ではない」とった内容のコメントを出していました。
ブリヂストンもこのまま黙ってミシュランに負けているはずも無いので、がんばって欲しいところです。


同じくホンダも惨敗。

しかも2台とも、ほぼ同じ周回でエンジンブローというのは屈辱だったのではないでしょうか。
バトン選手の「前日までに問題があることは判っていたが、何も対策がなされなかった」といったコメントはとても気になります。
が、2台同時で原因は特定しやすいと思われるので、次回以降、奮闘を期待したいところです。


最終結果、優勝はルノーのフェルナンド・アロンソ選手、2位はトヨタのヤルノ・トゥルーリ選手、3位はウィリアムズBMWのニック・ハイドフェルト選手、というF1新世代を思わせる顔ぶれでした。

今後、各有力チームが新レギュレーションに対応できるようになるまで、まだまだ混乱が予想されます。


次回、バーレーンGPのバーレーン・インターナショナル・サーキットは、砂漠にあるサーキットで、砂と灼熱の影響で、エンジン&タイヤに厳しいサーキットです。
各メーカーの対応力が問われるサーキットですので、特にホンダとブリヂストンに注目したいですね。


(おまけ)

某テレビ放送で森脇氏のタイヤ空気圧に関するとあるコメント。
(正確には覚えていないので、あくまでもこのような内容。)

「空気圧のマッチングといっても、0.1や0.2というようなオーダーではなく、百分の五十とか、とんでもなく少ないオーダーで・・・」

???
「百分の五十」は0.5なんですが。。。
(^^;


詳しい結果は「Yahoo! F1」に掲載されています。

« F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2005年 | トップページ | iAUDIO G3 使用レポート(8) »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/3410092

この記事へのトラックバック一覧です: F1 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 2005年:

» フェラーリ、バーレーン戦から「F2005」投入!? [にこらすの徒然なるままに・・・]
バリチェロが22日ムジェロテストで始めてF2005をドライブし、『F2004Mに比べ、あらゆる面で進化している』とコメントしている。まぁセパンまでの結果を見れば... [続きを読む]

» F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2005年 [TaMaの日記]
ルノーのフェルナンド・アロンソ選手、見事な開幕三連勝! ルノーは、もとも [続きを読む]

« F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2005年 | トップページ | iAUDIO G3 使用レポート(8) »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp