« iAUDIO G3 使用レポート(8) | トップページ | サクラとネコのお話:花より??? »

2005年4月 4日 (月曜日)

F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2005年

ルノーのフェルナンド・アロンソ選手、見事な開幕三連勝!

ルノーは、もともとトータルバランスの良いマシンです。
昨年までのレギュレーションでは、ここ一発の速さに欠けていたために惜しいところで苦戦を強いられてきました。
ですが、今年のレギュレーション改正は、まさにルノーのための改正と言える内容となりました。
もともとマシンバランスが良く、タイヤへのダメージが少ないルノーにとっては、最高のアドバンテージとなったわけです。


2位と4位の好調トヨタ。

マネジメントに優れるトヨタは、新型マシンの不具合も素早く対応し、安定して入賞圏内を争える戦闘力を持ったマシンに仕上げてきました。
さすが品質のトヨタです。


一方、王者フェラーリ。

新型マシンの投入が遅れ、やっと第三戦目に登場。
速さはあったのですが、トラブル続発でした。
一刻も早くマシンを熟成させ、優勝争いを繰り広げて欲しいものです。


不振のBARホンダ。

今回もマシントラブル。
佐藤琢磨選手は、なかなか良い走りを見せてくれたのですが残念。
悪いことが続いてしまっていますが、なんとか去年の勢いを取り戻して欲しいものです。

今回の大注目、マクラーレン・メルセデスのペドロ・デ・ラ・ロサ選手。

骨折したファン・パブロ・モントーヤの代役として出走したペドロ・デ・ラ・ロサ選手。
マクラーレン・メルセデスのテストドライバーであるだけに、マシンを知り尽くしていました。
何回かミスがあったため、結果こそ5位とそこそこですが、記録がすごい!
レース中のファーステストラップとスピードトラップ(計測地点での最高速度)の両方をマークしているのです。
ファーステストラップは、二番手タイムのフェルナンド・アロンソ選手より0.266秒も速い。
そしてスピードトラップに至っては、二番手速度のキミ・ライコネン選手より44.7km/hも速く、最高速重視のセッティングとは言え異次元の速さ!
計測ミスではないかと疑うほどの記録です。
今後の活躍が楽しみです。


次回からは、いよいよヨーロッパ選へ突入!
サンマリノGPのアウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリです。
難易度の高いテクニカルサーキットのひとつで、古くからF1が開催される歴史あるサーキットです。
そして、フェラーリの本拠地から最も近いため、フェラーリの第二のホームGPとも言えます。
フェラーリ新型マシンの活躍を期待しています。


詳しい結果は「Yahoo! F1」に掲載されています。

« iAUDIO G3 使用レポート(8) | トップページ | サクラとネコのお話:花より??? »

F1」カテゴリの記事

コメント

【訂正】
ペドロ・デ・ラ・ロサ選手のスピードトラップについて、この記事を書いた時点ではYahoo!に377.7km/hとなっていました。
その後、337.7km/hに訂正されました。
が、それでも最高速を記録したことに違いはありませんね。
将来が楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/3557942

この記事へのトラックバック一覧です: F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2005年:

» F1 Rd.3 バーレーンGP 決勝結果速報 [にこらすの徒然なるままに・・・]
1 F・アロンソ ルノー 1:29:18.531 10 2 J・トゥルーリ トヨタ + 13.409 8 3 K・ライコネン マクラーレン + 32.063... [続きを読む]

» F1 サン・マリノGP アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ 2005年 [TaMaの日記]
最近、ひじょーに忙しかったため、更新をサボっていました。 (^^; やっ [続きを読む]

« iAUDIO G3 使用レポート(8) | トップページ | サクラとネコのお話:花より??? »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp