« チキンラーメンMini 3食入り ひよこちゃんフタつきマグカップ | トップページ | F1 アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ 2005年 »

2005年6月17日 (金曜日)

F1 カナダGP サーキット・ジル・ビルヌーブ 2005年

トラブル続出の大混乱のレースでした。

序盤、ルノー勢は、抜群のスタートダッシュで1-2体制を築いたものの、中盤に2台ともリタイア。
ジャンカルロ・フィジケラ選手はマシントラブル、フェルナンド・アロンソ選手は魔の最終シケインのミスでコンクリートウォールに接触し、リタイア。

ポールポジションで期待されていたジェンソン・バトン選手は、アロンソ選手同様、魔の最終シケインのミスでクラッシュ。
このクラッシュにより、セーフティカーが入り、また流れが変わった。

この時点でトップを走っていたファン・パブロ・モントーヤ選手は、給油のタイミングを逃し、その焦りからなのか、セーフティーカーの隊列の途中に割り込み、ブラッグフラッグが提示され失格。
(ピット出口の赤信号無視が理由で、隊列の一番後ろに着かなければいけなかったらしい。)

セーフティーカーのタイミングに合わせて上手く給油できてトップにたったキミ・ライコネン選手は、最終ラップまでトップを守り、チェッカーフラッグを受け、優勝。

2位は、無理をせずに完走を選択したミハエル・シューマッハ選手。
3位は、なんとピットスタートのルーベンス・バリチェロ選手。
フェラーリ勢は、好調時の速さは影を潜めましたが、混乱の中で2-3位キープという底力を見せてくれました。

佐藤琢磨選手は6位スタートで、表彰台争いを期待できる位置でしたが、スタート後に追突されたのが原因で、残念なことに戦線離脱。
破損個所を修復し、完走を目指したようですが、終盤、ブレーキトラブルでリタイヤ。

大混乱のレースではありましたが、冷静にラップタイム等を分析してみると、結局、マクラーレン・メルセデスVSルノーという内容でした。

-

次回はアメリカGP(インディアナポリス・モータースピードウェイ)です。

オーバルで有名なインディアナポリスの、そのオーバルの半周+低速なインフィールドセクションで構成された、高速区間と低速区間がはっきり分かれる特徴的なサーキットです。

オーバーテイクのためにオーバル部分での最高速を重視しすぎたセットアップにすると、逆に低速のインフィールドでタイムが出ない、ということになり、セットアップの戦略性が求められます。
エンジンパワーがあれば、最高速をあまり犠牲にすることなく、ダウンフォースを得られる面もあるため、ぜひともBARホンダにはがんばって欲しいところですね。

スピードトラップ、区間タイムに注目すると、各チームの戦略が見えてきて、おもしろいですよ。

« チキンラーメンMini 3食入り ひよこちゃんフタつきマグカップ | トップページ | F1 アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ 2005年 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/4589771

この記事へのトラックバック一覧です: F1 カナダGP サーキット・ジル・ビルヌーブ 2005年:

» F1 アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ 2005年 [TaMaの日記]
前代未聞の異例のF1グランプリでした。 ミシュランタイヤの欠陥が原因で、 [続きを読む]

« チキンラーメンMini 3食入り ひよこちゃんフタつきマグカップ | トップページ | F1 アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ 2005年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp