« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の6件の記事

2005年7月25日 (月曜日)

映画:スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

見てきました。
もう最高でした。
もう1回見たい!

しかも、混んでいてあまり良い席が予約できなかったので、ちょっと贅沢してS席を選択してしまいました(ちょっと高い)。
せっかく時間を割いて高い料金を払って映画館で見るのだから、迫力を楽しめる席が良い、という考えです。

相変わらず、上映前の宣伝がXXなのですが、まあこの宣伝のおかげで料金を安くするよう努力しているのだ、と勝手に良いほうに解釈して耐えること20分。

いつものオープニング!(何度、見てもワクワクします!)
始まってしまうと、そのままスターウォーズの世界に入り込んでしまい、あっという間にエンディングのスタッフロール!
時間を忘れて、もう夢中で見てしまいました。

見ていない方々のために詳しいことは書きませんが、このエピソード3で、アナキンがダース・ベーダーになってしまう経緯、あの黒装束に身を包んでいる理由、ルークとレイアが離れ離れになった経緯、といった重要な謎が明かされます。
スターウォーズ・ファンは絶対に映画館で見るべきです。

もちろん、エピソード1&2を見て復習してから行きました。
本当はアニメ版のクローン大戦(エピソード2と3の間を補完するストーリー)を見てから行きたかったのですが、ちょっと時間がとれませんでした。

ということで、エピソード3を見た後にクローン大戦を見て、一部の話がわからない部分(大筋にはあまり影響ない)について、いろいろとわかりました。
アナキンがパダワンからジェダイ騎士になった経緯、C3POが金色になった理由、エピソード3の冒頭に直接つながるストーリーなどが描かれています。
ただし、絵・脚本・演出がいまひとつなので、映画本編と見比べてしまうとかなり見劣りしますが、ストーリーを深く知るためには一度は見ておきたい作品です。
できれば、エピソード3を見る前に、クローン大戦を見ておくことをおすすめします。

で、エピソード3を見ると、またエピソード4&5&6がみたくなるわけですね。
(^^;

[関連記事]・スターウォーズ旧3部作DVD発売!

-

  

F1 ドイツGP ホッケンハイム・リンク 2005年

なんだこりゃあ!ってつい言ってしまいました。
キミ・ライコネン選手、あまりにも不運が続きすぎです。
なんだか可哀想になってきました。
トラブルがなければ、間違いなくポール・トゥ・フィニッシュでしたからね。

好スタートで2位につけていたルノーのフェルナンド・アロンソ選手。
今回、マクラーレン・メルセデスが有利だったこともあって着実な走りをしていたわけですが、キミ・ライコネン選手のリタイアで、そのままトップとなり優勝。

予選でミスをしてしまったファン・パブロ・モントーヤ選手。
しっかり名誉を挽回し、見事に2位を獲得しました。
レース中のスピードトラップをみると、最高速重視のセッティングにして、ごぼう抜きにしたようです。
ちょっと話は知れますが、モントーヤ選手、最近紳士的になってきたような。
紳士的で、熱い走りと憎めないドジぶりが、かつてのナイジェル・マンセル選手を彷彿させます(けっこう好きな選手でした)。

予選2位のジェンソン・バトン選手。
スタートで遅れてしまったものの、ルノー勢に近いペースを最後まで維持し、見事に3位表彰台です。

期待の佐藤琢磨選手は、スタート直後、いつのまにかフロントウィングが取れてました。
orz
当然、順位は下がり、そのまま挽回できず。
フリー走行&予選で調子が良かった分、残念です。
不運続きではありますが、マシンは確実に良くなってきているので、今後の活躍に期待ですね。

-

次回はハンガリーGP(ハンガロリンク)です。
低速サーキットでハンドリング性能が重要になります。
しかも、レコードラインを外すと砂埃がひどく、オーバーテイクポイントの少ないサーキットです。
予選とピット戦略がカギを握るレースになります。

ちなみに、マクラーレン・ホンダ全盛時代、ハンドリング性能に優れるウィリアムズのマシンは、このハンガロリンクで活躍していた印象があります。
今年のベスト・ハンドリング・マシンはどこのチームになるのでしょうね。

2005年7月21日 (木曜日)

DVD紹介:シャーロック・ホームズの冒険 完全版 DVD-BOX

昨年末に発売されていたことを最近になって知り、つい衝動買いしてしまいました。
シャーロック・ホームズの冒険 完全版 DVD-BOX(定価78,200円)
(旧版のDVD-BOXは以前から欲しい物リストの候補に入っていましたが・・・)

ご存知の方も多いと思いますが、推理小説の原点とも言えるコナン・ドイル作品「名探偵シャーロック・ホームズ・シリーズ」を、イギリスでドラマ化したものです。
シャーロキアン(シャーロック・ホームズの熱狂的なファン)の間では、最も原作のイメージに近い映像作品として、絶賛されています。
当時のイギリスの雰囲気を完全に再現した、実に完成度の高い作品です。
しかも、ホームズを演じる故ジェレミー・ブレッドさんの名演技は素晴らしく、まさにホームズそのものです。
まるで小説の挿絵の中から飛び出してきたような外見といい、小説に描写されている些細な仕草までも忠実に演じる演技力といい、ホームズの変装シーンもまるで別人で、これほどホームズ役にぴたりとはまった俳優は他にはいないですね。

NHKが一部編集(カット)した吹き替え版を以前に放映したことがあり、日本でも人気が高かった作品です。
私は、このテレビ放送を見て、すっかりシャーロック・ホームズの世界に夢中になってしまいました。

この完全版では、イギリスのオリジナル版をベースに、NHKの吹き替えと、NHKでは放送されなかったシーンへの吹き替えを追加しています。
このため、吹き替えの声が途中で変わってしまう場面があって少し違和感はありますが、以前に発売されていたDVDでは英語のままになってしまうので大幅に改善したと思います。
(例え、同一人物で声を追加しても、声が微妙に変わって違和感は残るでしょうし、かといって吹き替え全面取直しというのも元々の放送版と変わりすぎて寂しいですしね。)
もちろん、英語+日本語字幕での鑑賞ならば、全く問題ありません。

ちなみに、この吹き替えの声が変わることで、日本では未放送のシーンが明確にわかるメリット(?)があったりします。
なるほど、原作に忠実な分、NHKが放送したくないシーンが含まれてますね。
(^^;
子供には日本語版(NHK放送版)を見せたほうが良いのかも。

定価78,200円は少し高いと思うかもしれませんが、全41話の23枚+特典ディスク1枚の合計24枚、特典ディスクと特典ブックレットを除いて単価計算すると、78,200円/23枚=3,400円/枚となり、あの名作がこの価格で手に入るならば、決して高くは無いですね。
(実際は値引きやポイント還元でもう少し安くなります。)

流行のCG/SFXを用いたハリウッド映画も迫力があって楽しいですが、従来の手法を駆使したリアル映像の古典作品は癒されるようで楽しいですよ。
原作は、あの名作シャーロック・ホームズなのですから、ストーリの完成度も文句無しです。
本当に完成度の高い作品なので、例え結末を知っていても、何回見てもあきることはありませんよ。
(見るたびに、細かいこだわりの演出や演技を発見できたり。)

シャーロック・ホームズのファンでしたら、ぜひ入手しておきたい作品です。

(商品写真をクリックすると商品説明が表示されます。「~で買う」をクリックすると商品説明は表示されません。)

楽天で「シャーロック・ホームズの冒険 完全版 DVD-BOX」の最安値を検索




2005年7月11日 (月曜日)

F1 イギリスGP シルバーストン・サーキット 2005年

ロンドン同時多発テロの影響で、厳戒体制の中、レースが行われました。

優勝は、3番手からの好スタートを決めたファン・パブロ・モントーヤ選手(マクラーレン・メルセデス)。
終始、安定した速いペースと、絶妙なピットタイミングにより、見事に今期初優勝です。

2位は、フェルナンド・アロンソ選手(ルノー)。
2位とはいえ、チャンピオンシップではライバルよりも上位をしっかりキープしているところが渋いですね。

3位は、キミ・ライコネン選手(マクラーレン・メルセデス)。
またまたエンジントラブルによる10番グリッド降格で、12番手スタートとなってしまいましたが、圧倒的なペースで見事表彰台。
ほんと、エンジントラブルさえなければ・・・ですね。

第2の故郷で期待されつつも、スタート直前にトラブルに見舞われた佐藤琢磨選手。
当初、ミッショントラブルと言われていましたが、実際には佐藤琢磨選手が操作ミスをしてしまったのが原因のようです。
コメントを見ると、本人も相当落ち込んでいる様子。
今期前半はありとあらゆる不運に見舞われてしまいましたが、後半はもう失うものは何も無いので、心機一転してがんばって欲しいです。

今回は、マクラーレンの地元イギリスということで、やはり戦闘力は完全にルノーを上回っていたようです。
Yahoo! Formula 1によると、レース中に1分20秒台をマークしたのは、マクラーレン・メルセデスの2台だけでした。
続いて、1分21秒台前半がルノーの2台。
以下、1分21秒台後半以降は各チームが入り乱れている状態。

このような中で、チャンピオンシップまでを含めた真の勝者はフェルナンド・アロンソ選手と言えそうです。

-

ここで番外偏を2つ。

レース終盤、フジテレビのアナウンサーが「暴れん坊と呼ばれたモントーヤ選手・・・」と言ってましたが、それを勝手に言い出したのはフジテレビではないの?
しかも、子供ができたためか、最近はすっかりジェントルな感じですし。
ちょっと違和感。(苦笑)

レース終了後、ファン・パブロ・モントーヤ選手の奥さんと子供がインタビューを受けていたシーンで、カメラ目線の子供がモントーヤ選手そっくりでした。
将来、大物になりそう?(笑)

-

次回はドイツGP(ホッケンハイム・リンク)。
以前は長いストレートでエンジンパワーが重要な高速サーキットでしたが、近代的なレイアウトのテクニカルサーキットになっています。
抜きどころも増えているので、マクラーレン・メルセデス対ルノーのバトルが見物です。
また、ここのところ存分に実力を発揮できていないシューマッハ兄弟の母国でもありますので、活躍を期待したいところですね。

2005年7月10日 (日曜日)

F1 フランスGP サーキット・ド・マニ-クール 2005年

さすが、ルノー&ミシュランの地元フランス、フェルナンド・アロンソ選手のポール・トゥ・フィニッシュで圧倒的な勝利でした。

2位、マクラーレン・メルセデスのキミ・ライコネン選手は、不運なエンジン交換による10番グリッド降格がなければ、見ごたえのあるトップ争いになっていたでしょうね。
残念。

3位、フェラーリのミハエル・シューマッハ選手は着実な走りでの表彰台でした。

4番グリッドスタートで期待されたBARホンダの佐藤琢磨選手でしたが、スタートのミス、果敢なブレーキングでのミス、と決勝ではあまりいいところがありませんでした。
マシンの戦闘力は高まってきていますので、今後に期待しましょう。

さて、いつもの通りYahoo! Formula 1でレース中のファステストラップを確認してみると、1分16秒台中盤が、キミ・ライコネン選手、フェルナンド・アロンソ選手、ファン・パブロ・モントーヤ選手の3人だけでした。
4番手以下は、1分17秒台中盤以降、ジェンソン・バトン選手、ジャンカルロ・フィジケラ選手、と続きます。
やはり、戦闘力はマクラーレン・メルセデスとルノーの2チームがトップであり、以下は拮抗している、ということが裏付けられるデータとなりました。
しばらくは、マクラーレン・メルセデス対ルノーの優勝争いが続きそうです。

-

次回は、イギリスGP(シルバーストン・サーキット)です。
飛行場をサーキットにしてしまったこのサーキットは、フラットなストレートをつなぎ合わせている特徴的な高速サーキットです。
地元マクラーレン・メルセデスが有利ではありますが、絶好調のフェルナンド・アロンソの力ははかり知れず。
なお、イギリスは佐藤琢磨選手にとっては第2のホーム(イギリスF3出身のため)、期待しています。

2005年7月 3日 (日曜日)

F1 アメリカGP インディアナポリス・モータースピードウェイ 2005年

前代未聞の異例のF1グランプリでした。
ミシュランタイヤの欠陥が原因で、出走したのはブリヂストンのタイヤユーザーの3チーム6台だけ(フェラーリ、ジョーダン、ミナルディ)。
結局、この6台がそのまま完走&入賞となりました。
この問題による影響は、まだ長引きそうです。

次回はミシュラン&ルノーのお膝元フランスGP(サーキット・ド・マニ-クール)です。
ヘアピンコーナーと複合コーナーが特徴的な中速テクニカルサーキットです。
無事、10チーム20台のF1が見れられるといいなあ。。。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp