« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の5件の記事

2005年9月27日 (火曜日)

F1 ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ 2005年

おめでとう、フェルナンド・アロンソ選手!
史上最年少チャンピオンが誕生しました。

シーズン序盤から安定した信頼性を見せるルノーのマシンと、そのマシンの実力を十二分に発揮する実力で着実にポイントを挙げ、誰もが納得する成績です。
しかし、24才とは思えない冷静でクレバーな面をみせつつも、その反面、今回の表彰台では若者らしさを見せるはしゃぎぶりには安心させられました(シャンパンをトロフィーの杯に注いで飲み、さらにそのトロフィーを頭にかぶってました!)。

キミ・ライコネン選手は、マシンの低い信頼性に悩まされながらも、マクラーレン・メルセデスのポテンシャルを活かし、他を圧倒する速さを見せてくれました。
残念ながら、不運が続いてチャンピオンは逃しましたが、チャンピオンの素質があることは誰もが認めるところでしょう。
来年こそ、マシンの信頼性を高めて、実力を発揮して欲しいですね。

なお、コンストラクターズポイントについては、マクラーレン・メルセデスが逆転首位に立ちました
まだ2ポイント差なので、コンストラクターズについては最終戦までもつれこみそうです。

-

ブラジルGPの優勝者は、ファン・パブロ・モントーヤ選手。
地元コロンビアに最も近い準ホームGPだけに、嬉しそうでした。

2位はキミ・ライコネン選手。
予選のミスが響いて惜しい結果となってしまいましたが、しっかりとレース中のファステストラップをマークしているところは流石です。

3位はフェルナンド・アロンソ選手。
マクラーレン・メルセデスのポテンシャルの高さには及ばないルノー、しかも3位キープでタイトル確定と言う守りの走りをしていたにも関わらず、ファステストラップはファン・パブロ・モントーヤ選手に肉薄し、しっかりと実力を見せてくれました。

4位はミハエル・シューマッハ選手。
久々に、上位に絡む走りを見せてくれました。
引退説がささやかれていますが、マシンのポテンシャルさえあれば確実にタイトル争いに絡む実力者だけに、来年のフェラーリ復活に期待したいところです。

-

一方、日本メーカー勢のBARホンダとトヨタは、無事完走はしたものの、トラブル多発でよい結果は残せずに終わってしまいました。
次回の日本GPでは活躍を期待したいところです。

で、気になるのが佐藤琢磨選手の来年のシート。

去年、ウィリアムズへ移籍したがっていたジェンソン・バトン選手。
このため、BARホンダとしては、ジェンソン・バトン選手に変わるドライバーとして、ルーベンス・バリチェロ選手と交渉していたのでしょうね。
ところが、ウィリアムズがBMWエンジンを失うことがわかると、手のひらを返して、今度はBARに残留したいと言い出すジェンソン・バトン選手。
結局、割を食ったのが、ジェンソン・バトン選手ほどの結果を残せなかった佐藤琢磨選手ということになってしまいました(なぜか不運も佐藤琢磨選手にばかり起こりましたが)。

トヨタさん&ホンダさん、何とか佐藤琢磨選手の力になってくださいよぉ。
現時点で強いドライバーを確保することの重要性はわかりますが、その一方で、日本人ドライバーを育てるためにも、常に日本人がF1で活躍できる場を提供するのが、日本メーカーとしての義務と思います、私見ですが。
(実際、BMWはドイツ人のニック・ハイドフェルド選手を獲得していますし。)

日本人ドライバーが日本メーカーのマシンで活躍することで、メーカーの強いイメージをアピールできるのですから。
実際、私自身についてですが、モータースポーツ観戦に夢中になっていた学生の頃に、F1では中嶋 悟選手@ホンダ、バイクのWGPでは平 忠彦選手@ヤマハが活躍しており、その影響もあって、いまだにF1はホンダ、バイクはヤマハというイメージが強いです。

-

次回はいよいよ日本GP(鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース)。
F1で唯一の立体交差で、前半は右回り、後半は左回りと、高速から低速までバランスの取れたテクニカルサーキットです(私が一番好きなサーキット)。
ただ、コース幅が狭くて抜き所が少なく、接触事故が多いのが難点。
主な抜き所は、メインストレートから第1&2コーナーのブレ-キング、コースを熟知している人ならばこの後のS字コーナー、バックストレートから130Rを経てシケインのブレ-キング、といったところがポイントでしょうか。
(ちなみに、アイルトン・セナ全盛期、130Rをアクセル全開で抜けられるのはゲルハルト・ベルガー選手だけだったと記憶してます。その後は不明。)

注目は、ドライバーズチャンピオンが決定して、残るはコンストラクターズタイトル争いとなった「マクラーレン・メルセデス V.S. ルノー」。
日本メーカーの「トヨタ&BARホンダ」の活躍。
そして、来年のシートが未定の佐藤琢磨選手。もしかすると、来年は勇姿が見れなくなるかもしれないので、しっかり応援したいですね。

-

PS
前回に続いて、またも録画したビデオを見る前に、gooニュースの見出一覧で、今度はアロンソ選手がチャンピオンになったことがわかってしまいました。
デリカシーなさすぎだぁ、gooニュース!
Yahoo!ニュースはちゃんと見出だけではわからないように配慮してくれてるのに。
今後、gooニュースは見ないようにするか。。。

2005年9月20日 (火曜日)

横浜元町 秋のチャーミングセール&横浜中華街 2005年09月17日(土)

行ってきました、モトマチチャーミングセール。
今年はテレビCMや電車の中吊り広告で派手に宣伝している上に、三連休ということもあってか、やはり混雑してます。
小さい子供や、犬を連れている人も多いので、足元に注意しましょう。

今回も、JR石川町駅から行ったのですが、相変わらず、歩行者天国の入り口をタクシーがふさいでいるため、入り口の交差点は人で渋滞中。
タクシーが歩行者天国の入り口をふさいでいるために、歩行者信号が赤になっても、道路の真中で立ち往生している歩行者がいるため、結果的に道路もふさいでしまうという悪循環。

まずは、キタムラ。
全品20%OFFで、一部の商品は現品限り50%OFF(夏物などの在庫処分?)です。
また、商品券も20%OFFになりますので、季節違いもの等、時期が違う場合は商品券を買っておく、というのも賢い選択です。
うちのかみさんは50%OFFのバッグ2点と20%OFFの財布、自分も狙っていた財布を20%OFFで購入しました。
この時期、キタムラはアルバイト店員が多くなるはずなのですが、これだけ大勢の客で忙しい割にはしっかりした対応をする店員さんが多く、好印象でした。
(おかげで気分よく買物ができ、財布の紐がゆるくなってしまったわけですが。。。)
(^^;

途中、歩いていると、新しくオープンしたキムカツは行列になっていました。
一度、行ってみたいとは思っていますが、あの行列に並びたくは無いので、当分行けませんね。

続いて、スタージュエリー。
ここは一部の商品が50%OFFと30%OFF。
うちのかみさんのお目当ての商品は、割引していないため、とりあえず保留。
春のチャーミングセールにもう一度みてみることになるかな。

買物が終わった後は、中華街で夕食。
ネットで好みに合いそうなお店を調べておいたので、そのお店へ。
三連休の上に、評判が良い店なので、かなり待たされるかもしれないと覚悟していましたが、目立たない通りにあるおかげか、10分位で入れました。
手頃な値段のコースで、良質な食材をしっかり使い、食材の味を活かす料理に大満足。
これまでいろいろな中華料理店で食べたある程度パターン化されたコース料理とは異なっており、自分のイメージする中華料理の枠を広げてくれました(季節で内容が変わります)。
ほどほど繁盛しているお店で、これ以上、客が増えると行けなくなるので、お店の名前は内緒にしておきます。
(どうしても知りたい方はメールくださいね。メールの送信は左上のプロフィールからできます。)

食後に耀盛號(ようせいごう)で食材やお土産を購入。
特に自家製豆板醤(トウバンジャン)が大のお気に入り。
この自家製豆板醤に自家製甜麺醤(テンメンジャン)とトウチを合わせて作る麻婆豆腐が最高に美味!。
これらの醤(調味料)は中華街の多くのお店に納入しているとか。納得。
他に、道場六三郎氏ご推薦の阿媽肉包(あまーにくまん)は、とても濃厚な味わいでとても美味!
大人気のカメ出し紹興酒は、少し癖が強いですが、紹興酒が好きな人にはたまらないかも。
(ちなみに世界三大美酒はワイン・紹興酒・日本酒です。)

帰りは、みなとみらい線の元町・中華街駅から帰りました。
JR石川町→元町→中華街→元町・中華街駅、というコースがなかなか便利です。
以前は、帰りに中華街からJR石川町駅まで買物の荷物を持って結構歩いていたので、それに比べれば、とても楽になりました。

2005年9月13日 (火曜日)

F1 ベルギーGP サーキット・ド・スパ-フランコルシャン 2005年

午前中に雨が降り、ほとんど濡れた路面が部分的に乾いているという難しい路面状態でのウェットレースとなりました。
この路面状態では、基本的にウェット・タイヤになるのですが、あまり路面が乾きすぎるとタイヤの温度が上昇しすぎてグリップが悪くなる、というジレンマがあり、タイヤ選択が難しくなります。
しかも、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様でもあり、さらにタイヤ選択が難しい状況となりました。

ほとんどのチームは、スタンダード・ウェット・タイヤ(インターミディエイト)を選択し、結果的には、これが正解だったようです。
一方、ミナルディの2台は、すぐに雨が降り出すと予想して、エクストリーム・ウェザー・タイヤ(フル・ウェット)でのピットスタートを選択しましたが、結局、雨は降らず、すぐにスタンダード・ウェットに交換することになってしまいました。

-

このような難しい状況の中、キミ・ライコネン選手は、チャンピオンへの可能性を残すためには優勝するしかない、というプレッシャーを跳ね除け、見事、優勝となりました。

しかし、フェルナンド・アロンソ選手も、自分のおかれた状況の中でのベストを尽くし、2位となりました。

これにより、チャンピオン決定は次戦以降に持ち越されたものの、フェルナンド・アロンソ選手があと1回でも表彰台にあがればチャンピオン決定、と王手がかかりました。

3位は、ジェンソン・バトン選手となりました。
ジェンソン・バトン選手は、序盤のまだ路面がしっかり濡れている状況ではあまりペースを上げられなかったところを見ると、どうやらウェットレースが得意ではないようですね。
しかし、路面が乾き始めてからは、ペースを上げて、表彰台となりました。

-

期待の佐藤琢磨選手は、セーフティーカー導入の再スタート直後、なんとミハエル・シューマッハ選手に追突してしまいました。
orz

この時、ミハエル・シューマッハ選手は5位を走行中で、路面状況が難しい中での活躍が期待されていただけに、さすがのジェントルマンも怒っていました。
ミハエル・シューマッハ選手は、マシンを降りた直後に、佐藤琢磨選手のヘルメットを軽くポンと叩いて(挨拶程度)、怒りをアピールしました。

佐藤琢磨選手のレース後のコメントでは「冷えてしまったタイヤやブレーキの影響で・・・」とありますが、それは他のマシンも同じ状態であり、事故を起こしてしまった原因はやはり本人のミスだと考えます。
ミハエル・シューマッハ選手との関係が悪化する前に、一流のF1ドライバーとして、素直にミスを認めて謝罪して欲しいところです。

レース審査委員会の審議の結果、佐藤琢磨選手に次戦スタートグリッド10番手降格のペナルティが科されました。

-

次回は、ブラジルGP(アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ)です。

珍しい半時計周りのサーキットで、長いホームストレート直後の第1コーナーでのオーバーテイクと、難しいコーナーが連続するインフィールドセクションのドライバーのテクニックが見物です。

レース中のオーバーテイクを重視して最高速重視のセッティングか、トータルでのタイムを重視してインフィールドセクションでタイムを稼げるダウンフォース重視のセッティングか、各チームのセッティング戦略が分かれるのも、このサーキットの特徴です。
さらに、スタート直後の第1&第2コーナーでのクラッシュも多発しており、できるだけスタートグリッドを上位にしておきたいこともあり、セッティングの戦略的判断をより複雑にしているわけです。

ここはやはり、日本GPが近い期待の佐藤琢磨選手に加えて、地元のルーベンス・バリチェロ選手、フェリペ・マッサ選手、(ニック・ハイドフェルド選手の状況によってはアントニオ・ピッツォニア選手も?)と、地元に近いファン・パブロ・モントーヤ選手を応援したいところですが、チャンピオン争いも大詰めになっており、誰を応援してよいのやら。。。
(^^;

-

PS
実は録画しておいた放送を見る前に、gooニュースのトピックスで、佐藤琢磨選手がミハエル・シューマッハ選手に追突したことがわかってしまい、ビデオを見る楽しみが半減してしまいました。
トピックス一覧の表題にそのような内容が書かれていたから、ニュースの内容を読まなくても結果がわかってしまったのです。
gooさん及び各ニュース配信元へのお願いですが、ニュースの表題を見ただけでは、レース結果等は判らないようにして下さい。
放送が深夜だと、翌日、ビデオで見る人も多いわけですから。
でないと、今後、gooニュースは見なくなるかも。
(Yahoo!ニュースはトピックスの表題だけでは結果がわからないように配慮されています。)

2005年9月 8日 (木曜日)

「眞鍋かをりのココだけの話」ブログ本発売

「ブログの女王」として有名な眞鍋かをりさんのブログ本が発売になりました。

眞鍋かをりさんのブログはとても面白く、時々、読ませて頂いております。
眞鍋かをりさんのブログは、読者を引き付ける魅力に溢れており、参考にもなるとブロガーの間でも大人気です。

その大人気のブログについて、眞鍋かをりさんご自身が企画から参加し、加筆・コメント付記・写真追加・ブログを書くための10ヶ条のコーナーなど、盛りだくさんの内容となっております。
読み物としても面白いですが、ブログの参考書としてもおすすめですね。

-

ちなみに、私が初めて眞鍋かをりさんを知ったのは、何年前かは忘れましたが、偶然見ていたテレビのバラエティー番組でした。
詳細は忘れましたが、眞鍋かをりさんが1人のファンのために料理を作る、といった内容でした。
あまり料理は得意ではない様子でしたが、がんばって料理を作り、ファンの方は「もちろん(?)大喜び」していました。
ということで、眞鍋かをりさんは料理があまり得意ではないらしい、というのが初めての印象でした。
この時は眞鍋かをりさんのことを「眞鍋かおり」さんと思い込んでいたほど、知らなかったわけですが。。。
(^^;

時は流れて、私がブログを始める同時期(1年少し前かな?)、眞鍋かをりさんのブログが開始されたわけです。
ちょうどココログを利用しようと思っていた縁もあって、眞鍋かをりさんのブログを拝見しているうちに、眞鍋かをりさんへのイメージが変わりました。「文才があって、気配りもできて、とても賢い女性」と。
ちなみに、このブログで「眞鍋かおり」さんというのは間違いであることに気が付きました。
(^o^;

現在、ブログのプロフィールに「趣味はパソコン、料理」と書かれているところを見ると、料理は上達されたのでしょうか?
ひじょーに気になるところです。。。
(^^;;;

-

「眞鍋かをりのココだけの話」の詳細は下の画像をクリック。

眞鍋かをりのココだけの話


ついでに、料理が好きな方へ(眞鍋かをりさんにも!)お奨めしたい料理本はこちら。
「カリスマ主婦」の栗原はるみさんの、イギリスで出版された(!)料理本の日本語版です。
簡単な工夫をすることで、美味しく、かつ、手間を節約する、といった主婦らしいテクニックを用いながらも、世界に通用する日本の家庭料理が多数紹介されています。

栗原はるみのジャパニーズ・クッキング

2005年9月 6日 (火曜日)

F1 イタリアGP アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ 2005年

さすがのキミ・ライコネン選手も、立て続けに襲いかかったトラブルには、かないませんでした。
予選前のエンジン交換により、スタートグリッド10番降格が決定していたため、1回ピットストップ戦略で燃料多めにもかかわらず、なんと予選1位(11番手スタート)。
気合十分で望んだ決勝も、タイヤトラブルが原因で、せっかくの善戦も無駄になってしまいました。

これにより、フェルナンド・アロンソ選手は、残り4戦で14ポイント以上とれば、チャンピオンとなり、可能性が高くなりました(例えば、2位と3位を1回づつで確定します)。
キミ・ライコネン選手は、とにかくマシントラブルを克服して残り4戦優勝し、あとはフェルナンド・アロンソ選手が13ポイント以下になることに望みをかけるしかないわけです。
可能性は低くなりましたが、キミ・ライコネン選手も諦めてはいないようなので、残り4戦、白熱のチャンピオン争いに期待したいですね。

-

レース結果です。

ファン・パブロ・モントーヤ選手は、終盤、キミ・ライコネン選手と同じタイヤトラブルを抱えつつも、1位を守りきりました。
フェルナンド・アロンソ選手は、終始、安定した速いペースでモントーヤ選手を追い続けるも、惜しくも2位となりましたが、チャンピオンシップにとっては大きな8ポイントです。
地元ジャンカルロ・フィジケラ選手は、予選ではミスが目立って9位と振るいませんでしたが、ピット戦略が成功し、嬉しい3位表彰台となりました。

キミ・ライコネン選手は、異次元のハイペースを見せましたが、前述のトラブルの影響もあり、残念ながら4位に終わってしまいました。
それにしても、11番手からスタートし、一時期はトップにも迫る脅威のハイペースは気迫を感じられました。

-

地元フェラーリ勢は、活躍できず、ノーポイント。
いくらミハエル・シューマッハ選手でも、マシンの戦闘力のあまりの低さには、どうしようもありませんでした。

予選4位&5位(スタートは3番&4番)と好調だったBARホンダ勢、ピット戦略の大失敗から、ジェンソン・バトン選手8位、佐藤琢磨選手16位と、お粗末な結果に終わりました。
特に佐藤琢磨選手は、給油失敗しているかもしれない、というピット判断で再給油したら、実は燃料が十分に入っていて燃料満タンになってしまい、重いマシーンで走ることとなってしまいました。

-

ここで、いつものようにレース中の最速ラップタイム&スピードトラップを確認してみますと、やはり、マクラーレン・メルセデスは速いですね。
しかし、フェルナンド・アロンソ選手のタイムがマクラーレン勢に迫っているところをみると、実力が十分に発揮できている様子が伺えます。
余裕が出てきて、チャンピオンへのプレッシャーを乗り越えられたのでしょうね。

-

次回はベルギーGP(サーキット・ド・スパ-フランコルシャン)です。
名物オー・ルージュへの飛び込みで度胸と技量が試される、ドライバーズ・サーキットです。
ミハエル・シューマッハ選手が、デビュー戦で、マシンの能力を超える活躍をして周囲を驚かせたことは、今でもはっきり覚えています。
マシンのスペックを越えた戦いが楽しみです。

ちなみにベルギーと言えば、修道院ビールが有名です。
日本のビールはのどごしを楽しむものが多いですが、ベルギービールは濃厚な味わいをじっくり楽しむものが主流です(高級ワインのようなイメージ)。
日本に輸入されているベルギービールと言えば「CHIMAY(シメイ)」が有名ですね。
入手し易いので、CHIMAYを片手にベルギーGPのテレビ観戦というのもシャレているかも。
(買っておこう。)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp