« F1 ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ 2005年 | トップページ | F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) »

2005年10月 7日 (金曜日)

F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(1日目)

いよいよ日本GPが開幕しました。
初日の金曜日は、フリー走行1フリー走行2が行われました。

サードドライバー勢(テストドライバー)のペドロ・デ・ラ・ロサ選手(マクラーレンメルセデス)とリカルド・ゾンタ選手(トヨタ)の2人は、異次元の1分30秒台をマークしています。
これは決勝を想定していないセットアップなので、あまり参考にはなりませんが、マクラーレンメルセデスはともかく、トヨタのマシンも高いポテンシャルがあるようですね。
また同じくサードドライバーの山本左近選手(ジョーダン)も、レギュラードライバーを上回るタイムを記録し、実力を見せてくれました。

実際に決勝を走るドライバーのタイムを見てみると、フェラーリ、マクラーレンメルセデス、トヨタという顔ぶれ。
まだセットアップ途中のタイムとはいえ、フェラーリとトヨタは好調のようです。
一方、ルノーはそこそこのタイムといったところか。
そして、キミ・ライコネン選手(マクラーレンメルセデス)は、またもエンジントラブル発生で、エンジン交換&10番グリッド降格となってしまいました。

渦中のBARホンダも午前中はジェンソン・バトン選手が好タイムをマークしたものの、午後は平凡なタイムで終わってしまいました。
来期のシート獲得のためにも、佐藤琢磨選手、がんばれ!

予選が行われる土曜日の天気予報は「くもり 時々 雨」で、予選の時間帯は「所により雷を伴う」という予報。
決勝の日曜日は「くもり 後 晴れ」という予報。
セッティングや戦略が難しくなり、混乱のグランプリになりそうな予感です。

« F1 ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ 2005年 | トップページ | F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/6295863

この記事へのトラックバック一覧です: F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(1日目):

» F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) [TaMaの日記]
本日の土曜日は、雨が降ったり止んだりするなか、予選が行われました。 昨日の予想通り、天候の影響で混乱の予選となりました。 予選開始時、雨は上がっているものの、しっかりと濡れた路面でのアタック開始となりました。 最初にデビッド・クルサード選手(レッドブル... [続きを読む]

« F1 ブラジルGP アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ 2005年 | トップページ | F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp