« F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) | トップページ | F1 中国GP 上海インターナショナル・サーキット 2005年 »

2005年10月10日 (月曜日)

F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(決勝)

昨日の混乱の雨の予選から一転、天候に恵まれた決勝となりました。
フジテレビによる初の地上波生中継のおかげもあって、例年以上の盛り上がりを見せました。

しかし、昨日の予想が良くも悪くも的中してしまいました。
良いほうは、抜き所が少ない鈴鹿での多くのオーバーテイク、悪いほうは、トラブルの多発。

ポールポジションのラルフ・シューマッハ選手(トヨタ)は、スタートダッシュを決め、そのまま先行してリードを広げる3ピットストップ作戦。
フライング気味に見えるほどの好スタートを決めたデビッド・クルサード選手(レッドブル)と佐藤琢磨選手(BARホンダ)が、第1コーナーでサイド・バイ・サイドとなり、佐藤琢磨選手はコースアウト。
せっかくの予選5番手スタートのチャンスを不意にしてしまいました。

1周目の最終コーナーでは、ファン・パブロ・モントーヤ選手(マクラーレン・メルセデス)のクラッシュがあり、モントーヤ選手のマシンが大破、幸い怪我は無かったようですが、セーフティーカー導入となりました。

その後、予選の雨で後方に沈んでいた上位チームが、次々と順位を上げていく状況が続きます。

10週目、ヤルノ・トゥルーリ選手(トヨタ)と佐藤琢磨選手(BARホンダ)がシケインで接触。
レース後、琢磨選手には成績抹消の厳しい裁定が下りました。

放送中の映像では、はっきりとしたことは判らないのですが、スロー映像を見る限り、シケインの入り口で琢磨選手はすでにトゥルーリ選手の横にいて、トゥルーリ選手がイン側を塞いで閉めてしまった為に、琢磨選手が行き場を失ったように見えました。
私が見た限り、琢磨選手の左フロントタイヤとトゥルーリ選手の右サイドポンツーンが接触する瞬間、琢磨選手は右フロントタイヤをイン側の縁石に乗り上げていたので。
もしそうだとすると、責任は両者にある訳で、この裁定は厳しすぎるように感じますね。

さらに、フジテレビの掲示板にて、現地で見ていた人の書き込みを整理すると、
・トゥルーリ選手が130Rでミスをしたため、2秒近くあった差が一気に縮まった。
・ライン取りが苦しくなったトゥルーリ選手はイン側に隙を作ってしまい、琢磨選手がイン側をついた。
・イン側を突かれたにも関わらず、トゥルーリ選手はラインを塞いだ。
・ラインを塞がれた琢磨選手は、イン側の縁石に追いやられ、行き場を失って接触してしまった。
・見ていた本人の感想では、ただのレーシングアクシデントで、特別危険な行為には見えない。
という状況のようです(情報が少ないので事実かどうかはわかりませんが、一応参考情報まで)。
チャンスがあれば逃さないのがレーサーであり、もしコーナーで並んだら、1台分のラインを空けておくのがフェアな走り方のはず。

これが危険な行為ととられるなら、フェルナンド・アロンソ選手が130Rでミハエル・シューマッハ選手のアウトからかなり強引にラインを塞いだ行為のほうが危険に思いました(ミハエル選手がアクセルを緩めたので接触しなかった)。
今回、同様にモントーヤ選手のラインを塞いだとされたジャック・ビルヌーブ選手(ザウバー)は25秒のタイム加算と、琢磨選手と比べるとあまりにも不公平で、とても疑問が残りました(こちらは前を走っていたビルヌーブ選手がペナルティ)。
ベルギーGPの時は明らかに琢磨選手に非はありましたが、それはそれでペナルティーを受けているわけですし。
こんな不公平な状況が続くと、モータースポーツファンがF1に愛想をつかして、他のカテゴリーに行きかねないよ。

そんな混乱の中、優勝したのはキミ・ライコネン選手。
フリー走行中のエンジン交換と予選の大雨で、17番手スタートとなってしまいましたが、怒号の追い上げ、特に最終ラップでのジャンカルロ・フィジケラ選手(ルノー)をオーバーテイクするシーンには感動しました。

予選の混乱の中、日本勢の活躍に期待がかかりましたが、結局、終わってみると、マクラーレン・メルセデスとルノーの圧倒的な速さが証明されたレース結果となってしまいました(予選の意味が無いほどの)。
しかし、レースの内容としては、多くのオーバーテイクシーンが見れたので、見所たくさんのレースでした。

-

今回、フジテレビの生中継を見て思ったこと。
初めての生中継だけに、多くの準備を費やして、いろいろ工夫していたようですね。
ただ、コメントの途中にCMに入る等、多少、現場の連携の悪さが目立ってしまいました。
F1の生中継には難しい課題もありますが、現場の臨場感と盛り上がりが伝わってきてとてもよかったので、来年もぜひ生中継を期待したいですね。

-

次回は最終戦の中国GP(上海インターナショナル・サーキット)。
最新のサーキットで、コース幅が広く、抜き所も多くなっています。
今シーズンはマクラーレン・メルセデスとルノーのマシンが速すぎて、見所は少なくなってしまいますが、この両チームのコンストラクターズ・タイトル争いと、中盤チームのバトルに注目していきたいですね。

« F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) | トップページ | F1 中国GP 上海インターナショナル・サーキット 2005年 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/6344165

この記事へのトラックバック一覧です: F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(決勝):

» F1 中国GP 上海インターナショナル・サーキット 2005年 [TaMaの日記]
せっかくコンストラクターズ・チャンピオンがかかった注目の最終戦だったのに、サーキット運営側の不手際で、全てが台無しのレースになってしまいました。 例え、優れたコース設計、最新の設備を誇っていても、排水溝の蓋が取れてしまうようでは駄目ですね。 公道サーキ... [続きを読む]

« F1 日本GP 鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース 2005年(予選) | トップページ | F1 中国GP 上海インターナショナル・サーキット 2005年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp