« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の2件の記事

2006年1月26日 (木曜日)

自分流コーヒーへのこだわり:珈琲豆

前回、コーヒーに再び凝り始めたことを書いた。
せっかくなので、自分流のコーヒーへのこだわりをまとめておこうと思う。

ただし、コーヒーは嗜好品であり、各個人の好みに依存する部分が多い上に、楽しみ方も世界各地に様々あり千差万別。
よって、絶対的な正解や基準はない。

あくまでも、私の個人的なこだわりをまとめただけなので、一つの意見として参考にしていただければ嬉しい。
なお、私のこだわりの基本ポリシーは、神経質になり過ぎない程度に、ほどほどこだわりながら珈琲を楽しむこと。


今回のこだわりは珈琲豆。

豆の種類というか産地銘柄にはあまりこだわりは無い。
というのも、同じ産地銘柄でも、焙煎や保管で味が変わるし、そもそも産地銘柄自体、曖昧な場合もある。
よって、もっとも大切なことは、信頼できるお店で購入することである(例えば、信頼できるお店のハワイコナと、ハワイ土産のハワイコナは全く別物)。
一応、神経質にならない程度に有機栽培珈琲豆であることを重視し、基本的にはアラビカ種、産地銘柄はひとつにこだわらず、いろいろな味の違いを楽しむ目安にしている程度。
なぜ有機栽培にこだわるかは、前回紹介した生豆屋さんのホームページを読んで頂ければ理解していただけると思う。
実際、コーヒーで腹痛や胸焼けを何度か(稀に)経験しているが、生豆屋さんの珈琲豆ではそれは全く無い。

  • 無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店 生豆屋(きまめや)
  • ただ、あまり神経質になりすぎても精神衛生上良くないので、その辺は楽しむ程度にバランスを保つことが大切。
    例えば、環境ホルモン等に神経質になりすぎて、水道水やペットボトル入ミネラルウォーターすらも全く飲めなくなってしまうのも困るので、危険性が高いものは極力避けるように意識する程度とか。


    焙煎については、いずれは自家焙煎にも挑戦したいが、かみさんの了承が得られない。
    よって焙煎は焙煎屋さんのおすすめを素直に受け入れている。
    (深みにハマらない為の歯止めになっているのかも。)


    次回は焙煎豆の鮮度について書く予定。

    2006年1月24日 (火曜日)

    安全で美味しい有機栽培コーヒー

    最近、やたらと忙しくて、しばらく投稿してなかった。

    今回は、昨年からまた凝りだしたコーヒーの話を少し。
    コーヒーは学生の頃に一時凝っていた。
    しかし、上質な珈琲豆を継続的に買い続けるということは、お金の無い学生には厳しかったので、いつのまにか熱も冷めていった。
    最近は、大手の珈琲豆店で豆を購入する程度だった。

    が、あるきっかけで、また昨年からコーヒーに再び凝り始めた。

    コーヒーの勉強のために、いろいろインターネット検索してみると、猛毒の殺虫剤が使われていたり、不当に安く買い叩かれている生産者たちのことなどを、詳しく知ることになった。
    コーヒーを美味しく飲む技術以前に、珈琲豆を巡って、いろいろな問題があったとは。
    こんな心配があっては、コーヒーを楽しむ気分にもなれない。

    美味しいコーヒーを楽しむために、珈琲豆をより重視するようになった。
    最近よく利用している珈琲豆屋さんのホームが以下のページ。
    コーヒーに関する様々な情報もまとまっており、とても勉強になる。

  • 無農薬・有機栽培コーヒー豆専門店 生豆屋(きまめや)
  • 店長さんが最近ブログをはじめたとのことなので、そちらのリンクも。

  • 有機栽培コーヒー豆専門店「生豆屋」よしえ店長の日記
  • コーヒー好きの方、一度は有機栽培珈琲豆を試してみてはいかが?

    « 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

    広告 Rakuten

    • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

    Rakuten

    amazon.co.jp