« F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年 | トップページ | F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2006年 »

2006年3月20日 (月曜日)

F1 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 2006年

初戦バーレーンGPの翌週という短い準備期間、高温多湿の過酷な環境、エンジンは2レース目、という厳しい条件の中、1位:ジャンカルロ・フィジケラ選手(マイルドセブン・ルノーF1チーム)と2位:フェルナンド・アロンソ選手(マイルドセブン・ルノーF1チーム)と、ルノーの見事な1-2フィニッシュ。
チーム体制・ドライバー・マシンの速さと信頼性、全ての条件をクリアした完全勝利と言える。
このまま他チームのレベルアップがないと、結局のところ、今年の大本命はルノーという事になりそうだ。

3位:ジェンソン・バトン選手(ラッキーストライク・ホンダ・レーシングF1チーム)。
ドライバー・マシン共に優勝を狙えるレベルになっているので、課題はチーム体制か。
また、ルーベンス・バリチェロ選手(ラッキーストライク・ホンダ・レーシングF1チーム)が、マシンのセットアップに苦しんでいる状況が少し気になる。

4位:ファン・パブロ・モントーヤ選手(チーム・マクラーレン・メルセデス)。
ここ最近、モントーヤ選手は覇気が見られない。
ドライバーもマシンも間違いなくトップレベルの速さを持っているのだから、もう少し活躍して欲しいところ。
キミ・ライコネン選手(チーム・マクラーレン・メルセデス)は、不運にもオープニングラップでリタイヤとなってしまったが、好成績が期待できただけに残念。

5位:フェリペ・マッサ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)、6位:ミハエル・シューマッハ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)、とフェラーリ勢は手堅くポイントを獲得。
ミハエル・シューマッハ選手は、エンジン交換によるスタートグリッド降格のペナルティを受けていたので、止む得ないところか。
バーレーンGPでは勢いがあったが、ここではかつてのチャンピオンチームの力強さは見られなかった。
完全復活にはまだ課題が残る。

-

パナソニック・トヨタ・レーシングは、初戦バーレーンGPの不調を見事に改善し、まずますの結果となった。
「改善」は、カンバン方式と並ぶトヨタのお家芸。
優勝にはまだ遠いが、一歩づつ、着実な進化に期待したい。

スーパーアグリ・F1チームは、佐藤琢磨選手が完走、井出有治選手はリタイヤ、と初戦と同じ結果になったが、内容は全く異なる。
初戦バーレーンGPの時の手際の悪さは見られなくなった。
このまま、次なるレベルアップを望みたい。
というか、まともにレースができるマシンに乗った日本人ドライバーの活躍を、早く見たいところ。

-

ちなみに、レース中のファステストラップに注目すると、今回のルノーの速さがわかる。
初戦バーレーンGPでは、他のチームと同レベルだったが、今回はあきらかに速くなっているのだ。
何が理由かは判らないが(※注)、2レース目にして早くもライバルたちに差をつけてしまった。
ルノー、恐るべし。
(※注:もしかすると、バーレーンGPの砂埃で滑りやすい路面が、マシン性能差を隠していただけなのかもしれない。)

-

次回は、オーストラリアGP(アルバートパーク・サーキット)。
中高速レイアウトの公道サーキット。
公道サーキットのため、路面が埃で滑りやすい。
滑りやすい路面はマシンの性能差を少なくするので、トップドライバーたちの接近戦が見られるかもしれない。
さらに、レコードライン以外は埃で滑るため、オーバーテイクが難しく、予選順位、ピット戦略も重要。
予選順位はもちろん、燃料の搭載量からピット戦略の予想など、予選から見所が満載だ。

« F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年 | トップページ | F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2006年 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/9172350

この記事へのトラックバック一覧です: F1 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 2006年:

» F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2006年 [TaMaの日記]
大波乱の決勝だった。 路面が滑りやすい公道サーキットということもあり、トラブルが続出。 セーフティ・カー導入4回というのも、大波乱ぶりを物語っている。 だが、その大波乱のレースも、終わってみると1位はフェルナンド・アロンソ選手(マイルドセブン・ルノーF... [続きを読む]

« F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年 | トップページ | F1 オーストラリアGP アルバートパーク・サーキット 2006年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp