« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の3件の記事

2006年3月20日 (月曜日)

F1 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 2006年

初戦バーレーンGPの翌週という短い準備期間、高温多湿の過酷な環境、エンジンは2レース目、という厳しい条件の中、1位:ジャンカルロ・フィジケラ選手(マイルドセブン・ルノーF1チーム)と2位:フェルナンド・アロンソ選手(マイルドセブン・ルノーF1チーム)と、ルノーの見事な1-2フィニッシュ。
チーム体制・ドライバー・マシンの速さと信頼性、全ての条件をクリアした完全勝利と言える。
このまま他チームのレベルアップがないと、結局のところ、今年の大本命はルノーという事になりそうだ。

3位:ジェンソン・バトン選手(ラッキーストライク・ホンダ・レーシングF1チーム)。
ドライバー・マシン共に優勝を狙えるレベルになっているので、課題はチーム体制か。
また、ルーベンス・バリチェロ選手(ラッキーストライク・ホンダ・レーシングF1チーム)が、マシンのセットアップに苦しんでいる状況が少し気になる。

4位:ファン・パブロ・モントーヤ選手(チーム・マクラーレン・メルセデス)。
ここ最近、モントーヤ選手は覇気が見られない。
ドライバーもマシンも間違いなくトップレベルの速さを持っているのだから、もう少し活躍して欲しいところ。
キミ・ライコネン選手(チーム・マクラーレン・メルセデス)は、不運にもオープニングラップでリタイヤとなってしまったが、好成績が期待できただけに残念。

5位:フェリペ・マッサ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)、6位:ミハエル・シューマッハ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)、とフェラーリ勢は手堅くポイントを獲得。
ミハエル・シューマッハ選手は、エンジン交換によるスタートグリッド降格のペナルティを受けていたので、止む得ないところか。
バーレーンGPでは勢いがあったが、ここではかつてのチャンピオンチームの力強さは見られなかった。
完全復活にはまだ課題が残る。

-

パナソニック・トヨタ・レーシングは、初戦バーレーンGPの不調を見事に改善し、まずますの結果となった。
「改善」は、カンバン方式と並ぶトヨタのお家芸。
優勝にはまだ遠いが、一歩づつ、着実な進化に期待したい。

スーパーアグリ・F1チームは、佐藤琢磨選手が完走、井出有治選手はリタイヤ、と初戦と同じ結果になったが、内容は全く異なる。
初戦バーレーンGPの時の手際の悪さは見られなくなった。
このまま、次なるレベルアップを望みたい。
というか、まともにレースができるマシンに乗った日本人ドライバーの活躍を、早く見たいところ。

-

ちなみに、レース中のファステストラップに注目すると、今回のルノーの速さがわかる。
初戦バーレーンGPでは、他のチームと同レベルだったが、今回はあきらかに速くなっているのだ。
何が理由かは判らないが(※注)、2レース目にして早くもライバルたちに差をつけてしまった。
ルノー、恐るべし。
(※注:もしかすると、バーレーンGPの砂埃で滑りやすい路面が、マシン性能差を隠していただけなのかもしれない。)

-

次回は、オーストラリアGP(アルバートパーク・サーキット)。
中高速レイアウトの公道サーキット。
公道サーキットのため、路面が埃で滑りやすい。
滑りやすい路面はマシンの性能差を少なくするので、トップドライバーたちの接近戦が見られるかもしれない。
さらに、レコードライン以外は埃で滑るため、オーバーテイクが難しく、予選順位、ピット戦略も重要。
予選順位はもちろん、燃料の搭載量からピット戦略の予想など、予選から見所が満載だ。

2006年3月14日 (火曜日)

F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年

ついに2006年のF1開幕!

今年も大幅なレギュレーション変更が実施された。
大きな変更点は次の3つ。

・レース中のタイヤ交換が可能(に戻った)
・エンジンの排気量と形式の変更(3リットルV10から 2.4リットルV8へ、一部のチームにパワー制限付の3リットルV10を許可)
・新予選方式のノックアウト方式を採用

これだけ大幅にレギュレーションが変更されてしまうと、チームの対応も大変であろう。
しかし、今回のレース結果を見る限りでは、これらのレギュレーション変更は成功したと感じられた(詳細は後述)。

-

まず、最も大きく変わった予選方式。
参加している側にとって苦労は多いが、観客や運営側にとっては大成功と言えるだろう。
予選時間中、ドライバー同士の争いと駆け引きが継続するので、見ているほうにとっては実におもしろい。
以前の予選は、1台で淡々とアタックしていて、1台1台の走りを冷静に見るには良いのだが、やはり面白みにかけていた。
(注:さらに以前は、決められた時間内で各車が自由にタイムアタックする方式だった。スポンサーを意識して、各車の映像がしっかり映る1台方式になった経緯がある。)

1次予選では、キミ・ライコネン選手(マクラーレン・メルセデス)のクラッシュがあった。
幸いにも怪我が無くて良かったが、今年もマシンの信頼性がネックとなりそうだ。

最終的に予選を制したのは、ミハエル・シューマッハ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)。
故アイルトン・セナ選手に並ぶ、通算ポールポジション獲得回数65となった。
搭載燃料の戦略で見えない部分もあるが、フェラーリ復活を感じさせる結果となった。

-

決勝は、終始、ミハエル・シューマッハ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)とフェルナンド・アロンソ選手(マイルドセブン・ルノーF1チーム)の一騎打ちと言える内容だった。
ラップタイムにほとんど差が無く、まさにピット戦略の駆け引きで勝負がついた。
最後のピットアウト時、フェルナンド・アロンソ選手が僅差で前に出ることに成功し、そのまま優勝。
終わってみれば、1位:フェルナンド・アロンソ選手、2位:ミハエル・シューマッハ選手、3位:キミ・ライコネン選手?!って、最後尾スタートから3位?!
今年のチャンピオン争いは、やはりこの3人が中心となりそうだ。

期待のラッキーストライク・ホンダレーシング・F1・チームは、僅かに表彰台に届かず。
パナソニック・トヨタ・レーシング は、前年の勢いが見られず、不振に終わった。

スーパーアグリ・F1チームは、準備不足の中、なんとか1台完走を遂げた。
事情を知っている者にとっては「あの状況からよくがんばったものだ」と言える結果だ。
しかし、手際も悪く、事情を知らない者にしてみれば「なんのためにグランプリに来てるのかわからないね(※注)」と言われかねない有様だったのも事実。
今後に期待したい。
(※注:2004年 中国GPにおける、ミナルディについての鈴木亜久里さんのコメント。)

-

決勝のファステストラップを見て、面白いことに気が付いた。
全22台中、ファステストラップの上位15台が1分32秒台~33秒台と差が少ないのである。
ここにもレギュレーション変更の効果が現れて、マシンの性能差が少なくなってきているようだ。
フェルナンド・アロンソ選手が、周回遅れの処理に手間取っていたのも、このためだろうか。
観戦している側にとっては、より楽しめるレース展開となるので、ここでもレギュレーション変更が成功したと言える。

-

次回は、マレーシアGP(セパン・インターナショナル・サーキット)。

高温多湿の過酷な環境の中、ドライバーの精神力と、マシンの耐久性が問われるグランプリとなる。
さらに、新レギュレーションでの2戦目とは言え、バーレーンGPの翌週という短い期間で、どこまで今回の経験を反映できるか、各チームの対応力も試される。
チャンピオン争いを予想する上で、重要なレースになるだろう。

2006年3月 4日 (土曜日)

志摩マリンランドのフンボルトペンギン

この記事は、以前、プロフィールページに書いたものです。
テンプレートデザインの模様替えに伴い、記事として保存しておきます。

-

penguin_01

日向ぼっこしているフンボルトペンギンたちです。
この写真は志摩マリンランドにて撮影しました(2004年10月)。

ここのペンギンたちは、みんな活発で、入園直後の来園者たちを元気にお出迎えしてくれます。(笑)
設備は古いですが、様々なショーを催したりと、いろいろ工夫していて、結構、楽しかったです。

-

一般的に、ペンギンは寒い地域(南極周辺)にいるものと思われているようですが、種類により生息地域も様々で、このフンボルトペンギンは南米太平洋岸の暖かい地域(チリ、ペルー)に生息しています。

日本でも飼育しやすく、日本国内の水族館・動物園等には約1,400羽もいるため、繁殖が制限されているほどです。
ちなみに、日本国内で飼育されているペンギンの6割程がフンボルトペンギンです。

一方、野生のフンボルトペンギンは絶滅が危惧されるほど減少しています。
このため、日本とチリの間で、日本のフンボルトペンギンの卵をチリへ帰郷させる、という計画が進んでいるそうです。

penguin_02

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp