« 自分流コーヒーへのこだわり:コーヒーのいれ方 カリタ式ドリッパー102編 | トップページ | F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年 »

2006年3月 4日 (土曜日)

志摩マリンランドのフンボルトペンギン

この記事は、以前、プロフィールページに書いたものです。
テンプレートデザインの模様替えに伴い、記事として保存しておきます。

-

penguin_01

日向ぼっこしているフンボルトペンギンたちです。
この写真は志摩マリンランドにて撮影しました(2004年10月)。

ここのペンギンたちは、みんな活発で、入園直後の来園者たちを元気にお出迎えしてくれます。(笑)
設備は古いですが、様々なショーを催したりと、いろいろ工夫していて、結構、楽しかったです。

-

一般的に、ペンギンは寒い地域(南極周辺)にいるものと思われているようですが、種類により生息地域も様々で、このフンボルトペンギンは南米太平洋岸の暖かい地域(チリ、ペルー)に生息しています。

日本でも飼育しやすく、日本国内の水族館・動物園等には約1,400羽もいるため、繁殖が制限されているほどです。
ちなみに、日本国内で飼育されているペンギンの6割程がフンボルトペンギンです。

一方、野生のフンボルトペンギンは絶滅が危惧されるほど減少しています。
このため、日本とチリの間で、日本のフンボルトペンギンの卵をチリへ帰郷させる、という計画が進んでいるそうです。

penguin_02

« 自分流コーヒーへのこだわり:コーヒーのいれ方 カリタ式ドリッパー102編 | トップページ | F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/8930931

この記事へのトラックバック一覧です: 志摩マリンランドのフンボルトペンギン:

« 自分流コーヒーへのこだわり:コーヒーのいれ方 カリタ式ドリッパー102編 | トップページ | F1 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 2006年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp