« ホンダ・インテグラ、生産終了 | トップページ | F1 イギリスGP シルバーストン・サーキット 2006年 »

2006年5月29日 (月曜日)

F1 モナコGP モンテカルロ市街地コース 2006年

予選から大混乱のレースとなった。

なんといっても、ミハエル・シューマッハ選手(フェラーリ)の全予選タイム抹消の厳しすぎる処分が、モナコGPの楽しみを半減させてしまった。
モナコ・マイスターと呼ばれるミハエル選手は、予選上位ならばレース中の流れで優勝争いができるので、故意にマシンを止めるなんてペナルティ覚悟の危険を冒す筈が無い。せいぜい、ベストラップタイムの抹消か、予選10番手降格が妥当なところと思うのだが。
とにかく、最近のFIAは「フランス」が有利になるような強引な裁定が多いように思えてならない(井出選手のライセンス取消でサードのフランス人ドライバーがセカンドに昇格したり)。

-

こんな状況で、今回はフェルナンド・アロンソ選手(ルノー)の一人相撲かと思っていたら、やってくれましたキミ・ライコネン選手(マクラーレン・メルセデス)。
ぴたりと2位に着け、アロンソ選手が一回目のピットストップで燃料給油を少なめにしなければ首位を守れないほどのプレッシャーをかけた。
この状況だと、2回目のピットストップで、アロンソ選手が早めに入らなければならないはずなので、ライコネン選手が逆転できる可能性があった。

と思ったら、2回目のピットストップの直前のタイミングで、3位につけていたマーク・ウェーバー選手(ウィリアムズ・コスワース)がエンジンブローし、セーフティーカー導入。
アロンソ選手とライコネン選手が同時にピットインし、順位は変わらず。
コース上での対決を期待していたら、今度はライコネン選手が防熱板の発火が原因でリタイヤ。全くつきが無い。
レースを終えたライコネン選手は、クルーザーの上でくつろいでいたが、モナコならではの光景だ。

ライバルがいなくなり、あとはアロンソ選手の一人旅。

多くの混乱があったものの、結局のところレース前の予想通り、優勝はアロンソ選手。実力で制したとは言い難いが、かなりの強運の持ち主であることは確かだ。
2位は、最近不調だったファン・パブロ・モントーヤ選手(マクラーレン・メルセデス)。
3位は、ベテランのデビッド・クルサード選手(レッドブル)。
映画「スーパーマン・リターンズ」のプロモーションで、クルサード選手は赤いマントを着用しての授賞式。角張った顔立ち、体格が良くて背の高い、スーパーマンのイメージにぴったりだった。

-

次回はイギリスGP、シルバーストン・サーキット。
古くからF1が開催される伝統的なサーキットで、元々は飛行場のフラットな高速サーキットだ。
昨年は地元マクラーレン勢の活躍が見られたが、今年も活躍して欲しいところだ。

« ホンダ・インテグラ、生産終了 | トップページ | F1 イギリスGP シルバーストン・サーキット 2006年 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/10290532

この記事へのトラックバック一覧です: F1 モナコGP モンテカルロ市街地コース 2006年:

» F1 イギリスGP シルバーストン・サーキット 2006年 [TaMaの日記]
フェルナンド・アロンソ選手(ルノー)、文句なしの完璧なポール・トゥ・フィニッシュ。 2位、ミハエル・シューマッハ選手(フェラーリ)。 3位、キミ・ライコネン選手(マクラーレン・メルセデス) このサーキットは、マシン性能&燃料搭載量が大きくタイムに影響す... [続きを読む]

« ホンダ・インテグラ、生産終了 | トップページ | F1 イギリスGP シルバーストン・サーキット 2006年 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp