« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の2件の記事

2006年6月22日 (木曜日)

スバル インプレッサ マイナーチェンジ 2006年6月

スバルのコンパクトカー「インプレッサ」がマイナーチェンジした。

クルマ好きの大多数の方はWRXやSTiに注目しているであろう。
多くのラリーでの活躍はダテでは無く、昨年のPWRC(市販車ベースのラリー)でも優勝し、その性能の高さを証明している。
(ちなみに、WRCはここ数年で大幅にルール変更されて改造範囲が広くなり、外見こそ市販車だが中身は別物に出来るようになった。この結果、日本メーカーは苦戦を強いられている。)

しかし、あえて言う。
今回のマイナーチェンジの目玉は「1.5R」シリーズである。
特に「新開発1.5 BOXER DOHC エンジン」は、これまでの水平対向エンジンの常識を覆すロングストローク(ボア径<ストローク)とすることで低回転域でのトルクを太くしていることから、スバルが相当に力を入れて本気で開発したことが伺える。

というのは、これまでのスバルの水平対抗エンジンは、横幅が広い形状の制約から、横幅があまり長くならないようショートストローク(ボア径>ストローク)で設計することが常識であった。
ショートストロークは、高回転域で有利なところが長所となるが、その反面、低回転域でトルクが細くなるという短所がある。
低回転域でトルクが細いということは、発進や登坂でアクセルを余計に踏み込む可能性があり、街中走行等の常用域での燃費の悪化につながるわけである。
ただでさえトルクが細い小排気量の1.5リッターエンジンでは、さらに厳しい状況であった。

コンパクトカー市場は節税で有利な1.5リッター以下が売れ筋であるが、インプレッサ1.5シリーズは低回転域でのトルクの細さが弱点となり、競合他車に遅れをとっている感があった。
新開発のエンジンはこの弱点を克服し、本気でコンパクトカー市場に取り組む姿勢のあらわれとも取れる。
フルタイム4WDとしては国内で最も優れていると言えるスバルAWDシステムと、ラリーで磨き上げられたシャシー性能の高さに、弱点を克服した新開発エンジンにより、文句無しの高性能コンパクトカーに仕上がった。
これならこだわる人に絶対にうけるはずだ。
価格が少し高いのが気になるところだが、これだけの内容を持つコンパクトカーが他に無いことを考慮すると、充分に支持される可能性がある。

もし、私が今すぐにコンパクトカーに買い替える必要に迫られたら、間違いなく、インプレッサ・スポーツワゴンの1.5Rが最有力候補だ。

スバル インプレッサ 公式ホームページ

スバル インプレッサ スポーツワゴン/セダン



2006年6月12日 (月曜日)

F1 イギリスGP シルバーストン・サーキット 2006年

フェルナンド・アロンソ選手(ルノー)、文句なしの完璧なポール・トゥ・フィニッシュ。
2位、ミハエル・シューマッハ選手(フェラーリ)。
3位、キミ・ライコネン選手(マクラーレン・メルセデス)

このサーキットは、マシン性能&燃料搭載量が大きくタイムに影響する。
特に驚いたのは、ルノー勢は予選でライバルたちよりも多めに燃料を積んでいて、それでも好タイムをマークしていたこと。
今回、ルノーのマシンの速さがあらためて示されたわけだ。

ただでさえ天才的な速さと強運を兼ね備えたアロンソ選手なのに、マシンにもアドバンテージがある。
この状況&このサーキットでは、2人のライバルに勝ち目は無かった。

今後、特に大きな変化が無ければ、今年のチャンピオンはフェルナンド・アロンソ選手でほぼ決まりだろう。
あとは、ミハエル選手とライコネン選手が、アロンソ選手をどれだけ苦しめることができるか、といったところか。
他には、日本勢3チームの活躍、個人的にはニコ・ロズベルグ選手にも注目している。

-

次回はカナダGP(サーキット・ジル・ビルヌーブ)。

このサーキットは、川の中州の人工島にある公園の周回道路。
美しい景観を持ち、ブレーキに厳しい難易度の高いテクニカルなコースで、私の好きなコースの1つ。
特に、長いストレート直後の最終シケインの出口脇には壁があり、ここに接触&リタイアする事故も多い。
ドライバーのブレーキングテクニックと、マシンの信頼性、特にブレーキの耐久性に注目。
そして、ブレーキングの得意な佐藤琢磨選手(スーパー・アグリ)、非力なマシンでどこまで活躍できるかにも注目したい。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp