« Nikon D40 使用レポート(3) 充電器の改善&予備バッテリーの購入 | トップページ | I-O DATA HDC-U250 »

2008年2月22日 (金曜日)

Dell Inspiron 640m で ReadyBoost

Windows VistaにはReadyBoostという機能があります。
簡単に説明すると、USBメモリー等の外部フラッシュメモリーをシステムキャッシュの一部として使うことで処理を高速化する機能です。

今のノートパソコン(640m)はメモリーを最大の2GBにしておいたので、Windows Aeroを使っても、そこそこ快適に使えています。
ですが、それでも以下の2つの点が気になっています。

(1)Vistaを起動してからハードディスクのアクセスが安定するまで5分間程かかり、その間レスポンスがとても悪い。

(2)重いアプリケーションの起動に時間がかかる。

そこで、手元にあったUSBメモリー(256MB)でReadyBoostを試してみました。
容量が少ないこともあり、それほど効果は期待していなかったのですが、アプリの起動がわずかに速くなったような印象。
ReadyBoostの目的が、ハードディスクの苦手とする小さいサイズのランダムアクセスをフラッシュメモリで補う、というところにあるので、それなりの効果は得られたようです。

ということで、本格的にReadyBoostを設定してみることにしました。

USBメモリーだと飛び出していて邪魔になるので、640mに内蔵できるSDカードかExpressCardで考えてみました。
自分の場合、SDカードスロットはデジカメ等で頻繁に使用するので、今のところほとんど使っていないExpressCardスロットにしてみました。
また、ReadyBoostで設定できる最大サイズが4GBであること、マイクロソフトの説明によるとメインメモリと同量から3倍までが適切とのこと、これらから容量は4GBとしてみました。

ハギワラシスコム HEX-S4GJ

ベンチマークは以下のとおりです。

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 29.392 MB/s
Sequential Write : 18.796 MB/s
Random Read 512KB : 29.621 MB/s
Random Write 512KB : 11.352 MB/s
Random Read 4KB : 6.486 MB/s
Random Write 4KB : 0.207 MB/s

Test Size : 50 MB

ノートパソコンに差し込むと、ドライバ類が自動的に設定され、すぐに認識されました。
しかし、なぜかReadyBoostの設定ができません。
ハギワラシスコムのサポートページをみても、何も情報が得られませんでした。

ドライバが設定されたばかりだからかもと、直感でパソコンを再起動してみると、あっさり設定できてしまいました。
最初は推奨値で表示された3760MBにしてみました。
なおReadyBoostはSuperFetch機能の一部のため、実際の効果が表れるまで時間がかかるようで、毎日使っているパソコンなら1週間程度で効果が表れるようです。

で、どうだったかというと…

(1)起動直後のハードディスクアクセスはほとんど変わらない。むしろフラッシュメモリーへの書き込みが発生するため、かえってレスポンスが悪化している時間が長くなった気もする。

(2)重いアプリケーションの起動時間は、劇的というほどではないが、あきらかに速くなった。さらに2回目以降の起動ではさらに速くなっている。

ReadyBoostのサイズをいろいろ変えて試してみたところ、サイズを大きくしすぎても(2)の効果に大きな変化はなく、むしろ(1)の悪化が気になります。
自分の環境と使い方ではメインメモリーと同量(2GB)が適当のようです。

Vistaの起動と終了に時間がかかるのは、いまのところどうしようもないようです。
朝、Vistaを起動したら、日中の休止はハイブリッドスリープ、夜の就寝前にVistaを終了(電源断)という使い方で起動時間の遅さに対応するしかなさそうです。
ハイブリッドスリープからの復帰時は、フラッシュメモリーへの大量な書き込みは発生しないようですので。

なお、ReadyBoostはメインメモリーをこれ以上増やせない場合の補助的な方法です。
同じコストをかけるならメインメモリーを増やすほうが効果的のようですので、優先度を間違えないようにしてくださいね。






« Nikon D40 使用レポート(3) 充電器の改善&予備バッテリーの購入 | トップページ | I-O DATA HDC-U250 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/40216417

この記事へのトラックバック一覧です: Dell Inspiron 640m で ReadyBoost:

« Nikon D40 使用レポート(3) 充電器の改善&予備バッテリーの購入 | トップページ | I-O DATA HDC-U250 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp