« 生豆屋 の ハワイ・コナ | トップページ | 自動車の話:燃費の良い車種へ買い替えることが本当にエコ? »

2008年2月29日 (金曜日)

直火式エスプレッソメーカー イルサ

今まで使っていたビアレッティの直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)が老朽化してきたので、買い換えることにしました。

今までのは定番のアルミ製3カップ用でしたが、ステンレス製を使ってみたかった&もう少し多く抽出したかったのでイルサの6カップ用を選択しました。
イルサには、半分の量を抽出できるように減量フィルターがついているので、6カップ用&3カップ用として使えます。
イルサは、東急ハンズで実物を何度もみていて以前から欲しかったエスプレッソメーカー(マキネッタ)です。

080229a

購入したお店はイタリア製直火式エスプレッソメーカー専門店「カフェティエーラ・エスプレッソ」です。
このお店は、エスプレッソメーカー(マキネッタ)を購入したお客向けのアフターサービスとして、消耗品のゴムパッキンを郵送販売してくれます。
ゴムパッキンの交換頻度は年1回程度とはいえ、探し回るのは意外と面倒なので、有り難いサービスです。

さすがイタリア製だけあって、シンプル&しっかりとした作り&洗練されたデザインの逸品です。
実用上問題ないですが、細部の加工の多少の大雑把さも、イタリア製らしいところ(苦笑)。
ステンレスで頑丈な作りのため、壊れるところがなさそうで、一生ものになりそうです。

使用開始前に金属臭が気になったので(研磨処理後の洗浄が不完全?)、最初に食器用洗剤で何度もしっかりと洗い、さらにコーヒー粉を入れずに水だけで3回試運転しました。
それでも金属臭が気になるので、いちどドリップした珈琲豆を再利用して抽出し、コーヒーの油分でコーティングすることで金属臭が気にならないレベルになりました。

ちなみにエスプッレソ用の珈琲豆は、ポーレックスのコーヒーミルで挽いています。
セラミックの臼刃式なので、均一に細かく挽けて、丸ごと水洗いもOKです。
アウトドアでエスプッレソを楽しむのにも便利です。
それになんといっても外装がステンレスなので、イルサと並べると、見事にマッチします(笑)。

(商品写真をクリックすると商品説明が表示されます。「~で買う」をクリックすると商品説明は表示されません。)

さっそくビアレッティと同じような感覚で、豆を細かく挽いて、メジャースプーンの底で軽く粉を押さえて、抽出開始してみると・・・
水蒸気だけしか出てこない!?
よく見ると、安全バルブからも水蒸気が。

どうやら、安全バルブの設定がかなり低めのようですが、6カップ用で粉が多いのも影響しているのかもしれません。
なお、この安全バルブはスプリング&スチールボール方式なので、安全バルブが作動しても交換せずに使えます。
アルミ製のマキネッタの多くは、壊れることで機能する安全バルブが使われており、作動したら交換が必要です(アルミ製であっても壊れないスプリング方式の製品もあります)。

粉を少なめにして、ほとんど押さえずに、平らにならす程度にして、無事抽出。

温めたミルクをいれてカフェラテにして美味しく頂きました。
6カップ用の抽出量で、大きめのマグカップ2杯分のカフェラテが作れます。

ドリップ式コーヒーとは違う、濃厚な味わいが、また格別です。

なお、抽出後のお手入れは、完全に分解して(ゴムパッキンもはずす)、ぬるま湯ですすぐだけで十分です(洗剤は使わない)。
何度も抽出していくうちに、コーヒーの油分がコーティングされて、香りが馴染んでいきます。




« 生豆屋 の ハワイ・コナ | トップページ | 自動車の話:燃費の良い車種へ買い替えることが本当にエコ? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/40313416

この記事へのトラックバック一覧です: 直火式エスプレッソメーカー イルサ:

« 生豆屋 の ハワイ・コナ | トップページ | 自動車の話:燃費の良い車種へ買い替えることが本当にエコ? »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp