« フォレスター(SF5/NA/MT)の冷間時におけるクラッチジャダー発生問題(2)問題の分析 | トップページ | SH906i用携帯電話ケース購入 »

2008年9月27日 (土曜日)

フォレスター(SF5/NA/MT)の冷間時におけるクラッチジャダー発生問題(3)解決

 前回の続きです。

 スバルのAWD/MT車におけるクラッチジャダーは宿命的なものですが、発生するのはたまにクラッチミートをミスした時ぐらいです。
 インプレッサWRXに乗っていた時もクラッチジャダーは発生していましたが、クラッチを切ることですぐに振動は収まるので、あまり気になりませんでした。
 フォレスターの場合、通常のクラッチジャダーであれば、すぐに振動は収まります。寒い時期の、始動直後の冷間時だけ、エンジンとミッションが共振し、クラッチを切っても2~3秒間は振動が収まらない、ということが問題でした。

 ということで、この振動を抑えるために、エンジンとミッションのマウントを交換してみることとしました。

 フォレスターのエンジンマウント/ミッションマウント交換に関して情報収集してみました。
 ほとんどの場合は、シフトチェンジのフィーリング向上や、コーナリング時のシフトフィーリング向上、サーキット走行のための剛性強化、といった目的の方が多いようです。NAよりもマウントが硬めと思われるターボ車でも、シフトフィーリングに影響するほど定番のチューニングのようです。

 最初はターボ車用の純正マウントへ交換しようと考えていたのですが、部品よりも工賃がとても高いので、もし思ったほど改善しなかったら無駄になってしまいます。多少、室内の騒音と振動が増えることは覚悟し、フォレスターオーナーのブログ等で多くの実績があるSTIブランドのマウントへ交換することにしました。

 交換した部品の詳細は忘れてしまいましたが、ディーラーのメカニックの方と相談し、エンジンマウント/ミッションマウントとミッションのブッシュ類を交換しました。
 部品番号等は変更になっている可能性がありますので、STIのサイトでご確認ください。
 工賃と部品代で合計8万円位だった思います。エンジンとミッションを降ろすので、どうしても工賃が高くなりますね。


 交換後のフォレスターは、ものすごく変わりました。

 クラッチジャダーが発生しても、エンジンとミッションが大きく共振することはなく、クラッチを切るとすぐに収まります。
 問題は完全に解決しました。

 引き換えに、わかっていたことですが、室内の騒音と振動はあきらかに増加しました。
 以前に乗っていたインプレッサWRXよりはさすがに静かなので自分は気になりませんが、静粛性を求める人には少しうるさく感じるかも。

 そして、エンジンとミッションの剛性がアップしたおかげで、クラッチのつながりとシフト操作にダイレクト感が生まれ、シフトフィーリングが大幅に向上しました。

 さらに、本来の目的ではないのですが、コーナリングフィーリングも大幅に良くなりました。
 交換前は、コーナリングのロール発生時に大きく傾いてもっさりした印象がありました。ロールのもっさり感の解決策としては、通常は、ロール速度やロール量を抑えるためにショック強化/バネ強化/スタビ強化をしてる場合が多いようです。
 今回、マウント交換して初めて気がついたのですが、コーナリングのもっさり感はマウントの柔らかさも影響していたようです。車体のロールに対し、エンジンとミッションが若干遅れて動くような感覚です。このため、コーナリングの入口で車体のロールが安定して車の向きがほぼ決まったと感じた直後に、重量物であるエンジンとミッションの荷重が遅れて動いてくるので、車の向きにブレが生じてしまう感覚です。
 対策としては、車体のロール速度を遅くするか、エンジンとミッションのマウントを強化して車体との動きの差を少なくする、ということで改善されるのでしょう。
 この効果のおかげで、足回りはノーマルのままですが(タイヤとホイールだけターボのサイズ)、山道でもコーナー進入時のハンドリングが素早く決まるようになり、気持ちよく走れるようになりました。あとはショックのダンピングをもう少し上げれば満足できそうです。ショックがへたったら考えようかな。

 問題の解決を目指しつつ、じつはチューニング地獄への一歩を踏み出してしまったのかもしれません(苦笑)。





« フォレスター(SF5/NA/MT)の冷間時におけるクラッチジャダー発生問題(2)問題の分析 | トップページ | SH906i用携帯電話ケース購入 »

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。この度中古ですがH11年式フォレスター C/20 MTを購入しました。
今までMTが好きで、ホンダ、日産、トヨタと乗り継いで来ました。

今回初めてスバル車に乗りましたが、走りはじめの加速の頭打ちというか、振動?が気になっていました。
エンジンの点火不良かな?と思いましたが、吹き上がりもスムーズだったんで何かな?と思っていましたが、ブログ拝見してわかりました。

フォレスターNA MT特有の現象だったんですね(^_^;)。参考になりました。

初のスバル車気に入っております。まだ5万キロ台とこれから相棒として末永く付き合っていこうと思っています。

 かおさん、はじめまして。(o^-^o)

 フォレスター購入おめでとうございます。フォレスターは好みさえ合えば本当に良い車ですよね。NA+DR付5MTを選ぶとは通好みな選択ですね。
 スバルと言うと、近年ではターボエンジンの力強い走りの印象が強いですが、古くからのスバリストの中にはスムーズなNAエンジンを好む方も多いようです。

 今回の問題についてですが、同現象が発生するのは同じモデルでも一部のようです。実際、知り合いのほぼ同じ仕様のフォレスターで発生していませんでした。
 マウント交換までしなくとも、寒い時期のみ、始動時に少し暖機運転するだけでも防げるかもしれません(エコには反しますが事故よりはマシ)。

 私もフォレスターにとても満足しており、まだまだ永い付き合いになりそうです。
 同じフォレスター乗りとして、また訪問して頂ければ嬉しいです。
ヽ(´▽`)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/42600931

この記事へのトラックバック一覧です: フォレスター(SF5/NA/MT)の冷間時におけるクラッチジャダー発生問題(3)解決:

« フォレスター(SF5/NA/MT)の冷間時におけるクラッチジャダー発生問題(2)問題の分析 | トップページ | SH906i用携帯電話ケース購入 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp