« USB メモリー感染型ウィルスに注意! | トップページ | Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G 発売 »

2009年2月25日 (水曜日)

キーロガー被害に注意!

 昨年からキーロガーを悪用した犯罪が多発しているようです。

 キーロガー(Keylogger)とは、パソコンなどのキーボード入力をログとして記録しておくソフトウェア/ハードウェアの事です。もともとは、監視やバックアップや入力ミスチェックなど、有効な手段のひとつとして存在していました。
 しかし、これを悪用して他人のユーザー ID とパスワードなどを盗み取ってアカウントハックする犯罪が多発しているのです。このアカウントがネットバンクやネットショップだった場合の被害は容易に想像できます。

 キーロガーを仕掛ける手段としては、(1)ネットカフェなどのパソコンにこっそりとキーロガーのソフトウェア/ハードウェアを仕掛ける方法、(2)キーロガーを仕込む危険なサイトの URL を一般サイト/ブログ/掲示板/スパムメールなどに書き込んでおいてアクセスさせる方法、などが多いようです。
 また、キーロガーを利用する方法以外にも、(3)無線 LAN の通信内容を傍受する方法、(4)入力画面やキーボードを盗み見る方法、などもあり油断できません。

 以下、簡単に対策方法をまとめておきます。

(1)ネットカフェなどのパソコンを利用する方法への対策
 安全が確保されているかを自分で確認できないパソコンを利用する場合、重要なユーザー ID とパスワードはキーボードで入力しないことです。
 また、使い終わったらブラウザの利用履歴・ cookie ・入力履歴などは忘れずに削除しましょう。

(2)危険サイトへ誘導する方法への対策
 まずは、Windows Update とセキュリティーソフトウェアの導入は必須です。危険サイトのフィルタリング機能があるセキュリティーソフトウェア(ウィルスバスターなど)を利用すると、より効果的です。
 しかし、キーロガーは多くの亜種や新種が次々と発生するため、セキュリティーソフトウェアだけでは検知できない可能性があります。なので、危険と思われる URL はクリックしない用心深さが必要です。
 既知の危険サイトであれば「ソースチェッカーオンライン」や「aguse.jp」などのサイトで調査可能です。ただし、一見安全なサイトを装って、こっそり危険サイトへアクセスさせる巧妙な罠を仕掛けている場合もありますので、ソースチェッカーオンラインなどで危険が見つからなくても注意を怠らないようにしましょう。

(3)無線 LAN などを傍受する方法への対策
 自宅で無線 LAN を利用している場合は、確実にセキュリティー対策を行いましょう。主に、MAC アドレスフィルタリング、WPA 以上の暗号化、SSID のステルス機能が重要です。
 暗号化について、ニンテンドー DS などで多く使われている WEP は、すでに暗号解読ツールが出回っていますので、WPA 以上で長い文字列の暗号化キーを使うようにしましょう。
 公衆無線 LAN を使用する場合は、傍受を防ぐのは困難なため、個人情報は扱わないことが望ましいです。

(4)直接盗み見る方法への対策
 これは詳しく説明するまでもないですね。ATM などを利用する場合と同じように、周辺の人の視線に注意しましょう。

 面倒ではありますが、自己防衛を怠らないようにしましょうね。






« USB メモリー感染型ウィルスに注意! | トップページ | Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G 発売 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/44173558

この記事へのトラックバック一覧です: キーロガー被害に注意!:

« USB メモリー感染型ウィルスに注意! | トップページ | Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G 発売 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp