« 自動車ナンバープレートの盗難防止 | トップページ | カセット型HDD規格「iVDR」国際標準規格として承認 »

2009年10月26日 (月曜日)

GENOウイルス亜種による感染被害拡大中(2009年10月)

 10月中旬からGENOウイルスの亜種の感染が拡大しているようです。

 GENOウイルスは、米CERT/CC名称では「Gumblar(ガンブラー)」とも呼ばれています。GENOウイルスは今年5月から猛威をふるっており、有名なサイトの感染も確認されていました。しかし、なぜかマスコミであまり取り上げられていないため認知度が低く、感染被害が長期化していました。
 そして、このGENOウイルスの亜種が10月中旬から感染を拡大しているようなのです。感染している国内サイトは、カスペルスキーが確認しただけでも60以上とのことです。私も少し調べてみましたが、簡単に見つけられるほどに被害が拡大しているようです。

Gumblar に酷似、新たな脅威発生に警告(Kaspersky Labs Japan)

「Gumblar」酷似ウイルスが流行の兆し、国内60サイトで感染確認(INTERNET Watch)

GENOウイルス とは(Wikipedia)

 基本的な対策方法はGENOウイルスと、ほぼ同じです。

(1)Microsoft Update をこまめに実施する。
(2)Adobe Flash Player を最新版にし、こまめに更新する。
(3)Adobe Reader を最新版にし、こまめに更新する。できれば Acrobat JavaScript を無効にする。
(4)セキュリティーソフトを導入し、こまめに更新する。アンチウイルス&パーソナルファイアーウォール&アンチスパイウェア等の機能を含む総合セキュリティーソフトは管理が楽なので、お薦め。

 最低限、以上の4つを実施していれば、万が一、感染サイトにアクセスしてしまっても、ウイルスの発症は防げているようです。






« 自動車ナンバープレートの盗難防止 | トップページ | カセット型HDD規格「iVDR」国際標準規格として承認 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/46586110

この記事へのトラックバック一覧です: GENOウイルス亜種による感染被害拡大中(2009年10月):

« 自動車ナンバープレートの盗難防止 | トップページ | カセット型HDD規格「iVDR」国際標準規格として承認 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp