« 自動車の暗電流とバッテリー管理 | トップページ | SONYブラウン管テレビ KV-25DA65 の故障と修理 »

2010年7月28日 (水曜日)

【緊急】Windowsショートカットアイコンの脆弱性

 ショートカットアイコンをエクスプローラー等で表示しただけで不正プログラムを実行してしまうという、非常に危険な脆弱性が発見された。
 一部では深刻な被害が出始めている模様。
 2010年7月28日現在、Windowsの修正パッチはない。
 対象OSは「Windows 7/Vista/XP/Server」の全てのWindows(正式サポートが終了しているWindows2000以前も可能性有)。

 主な感染経路は、インターネット経由、ファイル共有経由、USBメモリーなどのリムーバブルメディア経由など。
 インターネット経由は用心できるとしても、ファイル共有はエクスプローラーで表示しただけで感染してしまうし、USBメモリーは自動実行が有効になっているとパソコンに挿しただけで感染してしまう。

 マイクロソフトによる現時点での対策方法は、以下の2つ。
・ショートカット用アイコンの表示を無効にする
・WebClient サービスを無効にする
 詳細手順はマイクロソフトの公式情報を参照のこと。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される
マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2286198):Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される

 USBメモリーなどの自動実行を無効にする手順は、以下の記事を参照のこと。

TaMaの日記:USB メモリー感染型ウィルスに注意!

**********

【2010/08/15 追記】
 8月3日付で修正アップデートが公開されました。
 自分の環境ではVistaにて正常動作確認済みです。



« 自動車の暗電流とバッテリー管理 | トップページ | SONYブラウン管テレビ KV-25DA65 の故障と修理 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41090/48995808

この記事へのトラックバック一覧です: 【緊急】Windowsショートカットアイコンの脆弱性:

« 自動車の暗電流とバッテリー管理 | トップページ | SONYブラウン管テレビ KV-25DA65 の故障と修理 »

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp