カテゴリー「スポーツ」の3件の記事

2008年12月20日 (土曜日)

WRCからスバル&スズキ撤退(2008年)

富士重工業 世界ラリー選手権ワークス活動の終了について

スズキ、FIA 世界ラリー選手権 (WRC) 活動の休止について

 F1のホンダに続いて、WRCではスバルとスズキが撤退を表明しました。
 世の中の状況から、予感はあったものの、とても残念ですね。
 市販車ベースとはいえ、WRカー規定による開発コストは相当なものと思われます(外見は市販車ベースですが、内容はほとんど別の車)。

 スバルは、PWRC(グループN規定、ほぼ市販車をベースに安全のための改造を施すのみ)へのサポートについては継続するようです。
 スズキは、JWRC(1600ccのFF車による若手向けラリー)へのサポートについては継続するようです。
 ですので、それぞれのカテゴリーで応援していきたいですね。

 なお、WRCはスーパー2000をベースとするレギュレーション変更も検討されています。この変更により、開発コストも抑えられて、数多くの自動車メーカーが参入しやすくなりそうです。
 あとは景気が回復してくれれば、また日本車メーカーのWRC復帰が期待できそうですね。




2006年5月22日 (月曜日)

白鵬、優勝決定戦の秘策?(平成18年 大相撲夏場所 千秋楽)

ちょうど家にいたので、久々にテレビの大相撲生中継をじっくり観戦した(朝赤龍-雅山の取組直前から)。

白鵬-雅山の優勝決定戦が行われ、白鵬が初優勝した。

優勝決定戦の直前、白鵬が不可解な行動を取っていたことが気になったのだが、取組後の雅山のコメントを聞いて合点がいった。

「手が大関の汗で滑って突けなかったのが敗因でした。」

白鵬は組み相撲を得意とし、雅山は突き押し相撲を得意とする。
特に、雅山は突き押し相撲で好調を取り戻していたので、優勝決定戦でも突いて来ることはほぼ確実であった。
汗で突く手が滑れば、突き押すつもりでいたほうは遅れをとり、立会からまわしを取ろうとしていた側が有利になるのは当然の結果。
そこで気が付いたのは、汗は白鵬の秘策だったとのではないか、ということ。

-

この日は、5月にしては記録的に湿度が低く、空気が乾燥した一日だった。
実際、本割の把瑠都-白鵬の取組前後、白鵬はほとんど汗をかいていなかった。
その後、白鵬は支度部屋で優勝決定戦直前まで体を動かしていた。

ここまでならば当たり前のことだが、この後、白鵬は不可解な行動を取る。
花道に向かう直前、風呂場へ向かったのだ。
そこで何があったのかはわからないが、数十秒程度で出てきた時、上半身はびしょ濡れ。

優勝決定戦の土俵に上がったときも、汗を手ぬぐいで拭き取る雅山と、汗を拭かない白鵬、と対照的な光景だった。

そう言えば、過去に、故意にまわしを緩く巻いて、相手がまわしを引けないようにしていた力士がいたっけ。

-

(番外編)

白鵬が把瑠都に勝って優勝決定戦を決めた後、力水をつけるために土俵際で待機している際、解説者の舞の海さん(元・小結)が、同じく解説者の北の富士さん(元・横綱)に怒られていた。
(注:発言は正確には記録していないので、ニュアンスで記述してある。)

舞の海さんが「優勝決定戦が決まったから、支度部屋に早く戻りたいと思っているのでしょうかね?」といった発言に対して、北の富士さんが「大事な場面でしょうもないことを聞くな(怒)」と一言。
さらに、白鵬が支度部屋に戻る時、アナウンサーが傷口に塩を塗るかのように「舞の海さん、やっと白鵬が支度部屋に戻ってこれましたね」と。
これには舞の海さんも苦笑いしつつ「私は優勝決定戦の経験が無いので、どう思っているのか気になったので…」という具合に必死に自己フォロー。

舞の海さんは、元力士の立場で力士の気持ちを視聴者に親しみやすく伝えたかっただけなのに、とんだ災難で、ちょっと可哀想だった。

2004年9月 7日 (火曜日)

WRC ラリージャパン 2004年

圧倒的な強さでスバルのインプレッサを駆るペター・ソルベルグ選手が優勝しましたね。
グループNは、同じくスバルのインプレッサを駆る新井敏弘選手の優勝です。
記事によると、スバルが地の利を活かして、セッティングが決まったのが勝因のようです。
三菱も参戦していれば、名勝負になったかもしれないですね。
ぜひとも生で観戦したかったのですが、仕事の都合もあり、断念しました。
ただ、スバルのホームページで詳細なレポートを即時掲載してくれていたので、それなりに楽しみました。

http://www.subaru-msm.com/

テレビ放送は、テレビ東京にて9月12日(日)16:00~17:20に放送するようです。
あいかわらず中途半端な不定期な放送スケジュールなので、見逃さないようにしないと。
φ(..)メモメモ

ラリー開催中の土曜日、たまたまフォレスターの6ヶ月点検でスバルのディーラーに行ってきました。
ちなみに、来場者プレゼントで、ラリージャパンとスバルのロゴが入った青いペットボトル保冷カバーを頂きました。
その時の担当者の話では、ラリージャパンは思ったより盛り上がっていないですね、とのこと。
まあ、日本ラリー界の双璧を成す自動車メーカーである三菱が撤退してしまったのですから、楽しみ半減かもしれないですね。
あとは地上波放送でリアルタイムに放映してくれれば、日本全国で盛り上がるのになあ。

ラリージャパンは来年も開催するらしいですね。
三菱も来年に向けて、開発に力を注いでいるらしいので、また来年に期待しましょう。

WRC関連商品一覧

インプレッサ関連商品一覧

.

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp