カテゴリー「ペット」の2件の記事

2006年3月 4日 (土曜日)

志摩マリンランドのフンボルトペンギン

この記事は、以前、プロフィールページに書いたものです。
テンプレートデザインの模様替えに伴い、記事として保存しておきます。

-

penguin_01

日向ぼっこしているフンボルトペンギンたちです。
この写真は志摩マリンランドにて撮影しました(2004年10月)。

ここのペンギンたちは、みんな活発で、入園直後の来園者たちを元気にお出迎えしてくれます。(笑)
設備は古いですが、様々なショーを催したりと、いろいろ工夫していて、結構、楽しかったです。

-

一般的に、ペンギンは寒い地域(南極周辺)にいるものと思われているようですが、種類により生息地域も様々で、このフンボルトペンギンは南米太平洋岸の暖かい地域(チリ、ペルー)に生息しています。

日本でも飼育しやすく、日本国内の水族館・動物園等には約1,400羽もいるため、繁殖が制限されているほどです。
ちなみに、日本国内で飼育されているペンギンの6割程がフンボルトペンギンです。

一方、野生のフンボルトペンギンは絶滅が危惧されるほど減少しています。
このため、日本とチリの間で、日本のフンボルトペンギンの卵をチリへ帰郷させる、という計画が進んでいるそうです。

penguin_02

2005年4月 4日 (月曜日)

サクラとネコのお話:花より???

もう2年前の話ですが、あまりに印象に残っており、桜の季節になると思い出します。
一応実話です、念のため。


2年前の春、とある川沿いの公園を散策しながら桜を楽しんでいました。
ちょうど満開直後で、桜の花びらがはらはらと舞う頃です。

とある一本の桜の木の根元に目をやると、花びらが舞い降りる中、一匹の猫がおすわりをして、ジーと真上の桜を見つめているのです。

ちょっと面白い光景だったので、私は少し離れて携帯電話で写真を撮っていました。
ただ、近づこうとするとこっちを気にしたので、あまり近づくことができず、しかも11万画素と解像度の低いカメラだったため、残念ながら猫がはっきりと写る写真は撮れませんでした。

しばらくして、私がこれ以上近づかないのを悟ったのか、猫はまた上を見つめ始めました。

すると、次の瞬間、桜の木に登り始めたのです。

「桜が綺麗だからって何も登らなくても(笑)」と思っていると。。。

桜の木の上のほうからスズメが数羽、飛んで行きました。

「なんだ、花よりスズメか(爆笑)」

その後、猫は桜の木の幹が二股に分かれているところに落ち着いて、何事もなかったかのように毛づくろい(※)していました。
(※補足:ストレスを発散するための「転位行動」だそうです。)


今年も居るかな?(笑)

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp