カテゴリー「携帯・デジカメ」の10件の記事

2010年5月14日 (金曜日)

SONY NEX-5/NEX-3 世界最小・最軽量のレンズ交換式デジタルカメラ発表

 ソニーから世界最小・最軽量のレンズ交換式デジタルカメラが発表されました。発売日はNEX-5A/NEX-5K/NEX-5Dが6月3日、NEX-3A/NEX-3K/NEX-3Dが6月10日です。

 主な特徴は、本体サイズがコンパクトカメラサイズ、レンズ交換が可能、撮像素子が1420万画素のAPS-Cサイズで一眼レフ相当の高画質、フルハイビジョン動画撮影が可能、というものです。
 交換式レンズは、αの名を冠した新設計のEマウントレンズです。従来のαAマウントレンズも、マウントアダプター「LA-EA1」を装着することで使用可能となります。
 フラッシュは別体式で、レンズキットには小型のフラッシュユニットが付属しています。
 NEX-5とNEX-3の静止画機能はほぼ共通で、違いは動画機能とデザインです。NEX-5が上位モデルで動画機能が充実しています。

ソニー プレスリリース NEX-5/NEX-3

ソニー デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント] オフィシャルサイト

 要するに、最近増えてきているミラーレスのデジタル一眼カメラをソニー流に仕上げた製品です。高画質・高性能を優先しつつ、スタイリッシュにまとめてきているあたりがソニーさんらしいですね。
 APS-Cサイズに拘ったためにレンズの大きさが気になるものの、一眼レフ相当の高画質でも気軽にお洒落に持ち歩けるデジタルカメラですね。
 アクセサリー類もお洒落で、なかなか素敵です。

 コンパクトデジタルカメラやマイクロフォーサーズでは画質が物足りない、かといって、デジタル一眼レフカメラでは大きすぎる、そんなニーズの隙間を埋めるモデルであり、ファッショナブルでもある、そんなデジタルカメラですね。

 想定される使い方としては、普段は「E 16mm F2.8」(画角は35mm換算で24mm相当)のパンケーキレンズで高画質のスナップカメラ、いざとなれば一眼レフのサブカメラとしても運用できる、そんな使い方ができそうです。
 ただし、液晶モニターにはラグがあるため、動きの速い被写体を正確に捉える用途には不向きで、ミラー式光学ファインダーの一眼レフと完全に置き換わるモデルではありません。

 なお、公式サイトでは作例が見当たらなかったので、実際の画質は未知数です。作品ギャラリーを見る限り画質は良さそうですが、生の撮影画像では無いため評価が難しいです。
 画質や操作性やAF速度などの詳細な評価は、実機に触れたり、作例等をみてから記事に追記したいと思います。


[以下 2010/05/26 追記]

 いくつか作例を見ることができましたので、個人的な印象を簡単にまとめておきます。なお、画質については個人の好みや主観があるので、あくまでも参考程度と思ってください。

 カメラ本体は、撮像素子がAPS-Cサイズということもあり、シャープで発色も良く、素晴らしい画質です。このサイズで、APS-C一眼レフと同等の画質が得られるのは驚きですね。

 短焦点レンズの「E 16mm F2.8」(画角35mm換算で24mm相当)は、まあまあ良い出来のようです。解像感も抜けも良く、APS-C一眼レフのパンケーキレンズと同等の画質と思います。ボケも自然です。これならば、スナップカメラとして常用してもいいかな、と思える完成度です。気になる点は、少し色収差が目立つのと、常用とするには広角すぎるところです。画角については、本体のデジタルズーム機能でカバーする、という意図なのでしょうが、そうなると有効画素数が減ってしまうのは残念なところです。

 標準ズームレンズの「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」(画角35mm換算で27-82.5mm相当)は、小型サイズで光学設計が厳しいことを考慮すれば、そこそこの描写といえます。もちろん、コンパクトデジカメよりは圧倒的に解像感も抜けも良いです。あくまでも、一眼レフの光学設計に余裕のある標準ズームと比較して、やや劣る、というレベルです。気になる点は、全体的に色収差と歪曲が目立つところです。

 総合的に見て、スナップカメラにAPS-C並みの高画質を求めるならば、お勧めできそうなカメラです。
 個人的に購入するとしたら、「NEX-3」と単焦点レンズ「E 16mm F2.8」の組み合わせかな、と思います。本音を言えば、単焦点レンズが24~33mm前後(画角35mm換算で36~50mm前後相当)のパンケーキであれば、もう少し扱いやすくなると思います。


  

  



2009年11月12日 (木曜日)

Richo GXR 革新的なレンズ交換式デジタルカメラの登場

 リコーから革新的レンズ交換式デジタルカメラ「Richo GXR」が発表されました。
 フラッシュ内蔵のレンズ交換式デジタルカメラとしては世界最小最軽量だそうです(約325g、ボディ+カメラユニットS10装着時、バッテリー除く)。


●革新的なカメラシステムとは?

 今までのレンズ交換式デジタルカメラは、フィルムカメラ(銀塩カメラ)時代からの流れを汲んで、レンズ部分だけを交換するものでした。
 今回の「Richo GXR」は、レンズ&撮像素子(CCD/CMOSセンサー部分)を同時に交換してしまおう、という新発想なのです。厳密には、レンズ&撮像素子と画像処理エンジン部までを含めたカメラユニットを交換する方式です。


●メリットは?

 まず、レンズと撮像素子を一体で設計できるため、最適な光学設計ができ、しかも小型軽量にできることです。
 そして、ホコリに弱いレンズ内部と撮像素子部分を密閉できるため、埃を気にせずにレンズ交換ができます。


Richo GXR 製品情報

  


●私見

 印象としては、高級・高性能なコンパクトデジタルカメラにレンズ交換機能を持たせたようなカメラですね。
 ズームレンズ式のカメラユニット「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」を装着すると、まさに高性能なコンパクトデジタルカメラの性能となります(焦点距離は35mm判カメラ換算値)。
 しかし、単焦点レンズ式のカメラユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」を装着すると、APS-Cサイズの撮像素子と明るい単焦点レンズの組み合わせとなり、ちょっとしたデジタル一眼レフカメラに匹敵するスペックへと変貌します。

 この独創的なカメラシステムばかりに目が行ってしまいますが、他の部分も冷静に見てみますと…
 小型軽量で高級なマグネシウム合金外装(本体、カメラユニット共に)、リコー伝統のマクロ撮影の強さ(最短撮影距離はS10は1cm、A12は7cm)、フラッシュ内蔵、というこだわりの内容です。

 製品情報ページの画像サンプルも見てみました。
 ズームレンズは、デジタル一眼入門機にはやや及ばないものの、画像周辺部まで素直な良い描写をしています。レンズは「24-72mm F2.5-4.4」と明るめの光学3倍ズーム手ぶれ補正付きで、デジタル一眼レフ入門機のキットレンズを凌ぐ能力を秘めています。撮像素子が1000万画素の高感度CCDながらも、1/1.7型サイズと小さいのが弱点ですね。とはいっても、コンパクトデジカメとして見れば、あきらかにトップクラスの描写と思います。
 単焦点レンズは、この小型サイズとは思えないほどの良い描写をしています。画像周辺部まで解像しており、発色も素直で、ボケも自然です。レンズは「50mm F2.5」で、開放からしっかりと使える性能です。撮像素子も1230万画素のCMOSセンサーでAPS-C相当サイズです。この小型軽量サイズで、デジタル一眼レフ相当の描写をする標準単焦点レンズが使えるというのは、それだけで十分魅力的です。

 しかし、課題もあります。最も気になるのは、やはり価格ですね。市場想定価格は、「GXR+S10」9万円前後、「GXR+A12」12万5千円前後、のようです。
 デジタルカメラにこだわる人から見れば、この内容ならば妥当な価格設定とは思いますが、一般のユーザーに受け入れられるかどうかがポイントになりそうです。
 それでも「GXR+A12」の組み合わせは、かなり魅力的な存在です。


(2009/12/03 追記)****************************************

 未発売ですが、ヨドバシカメラ横浜店にて「GXR+A12」が先行展示されていました。
 武骨なデザインですが、しっかりとした造りです。ジョイント部分も意外としっかりしています。
 AFスピードは遅いですね。応答速度はシャッター半押しから0.5~2秒でピントが合う印象です。動きのある被写体(子供や動物など)は難しそうです。
 画質は、液晶パネルで見ただけでも、かなり質が良い事、ボケも自然な事がわかりました。液晶パネルの質が良いので、その場で画像のチェックができます。

 あまりにも個性的で一般にはお勧めできないカメラですが、APS-C画質相当のスナップカメラが欲しい人には気になる存在ですね。

************************************************************






2009年3月 4日 (水曜日)

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G 発売

 ニコンの D40 で使える純正標準レンズが発売になります。
 標準レンズとしては、モーター内蔵の分だけ少し価格が高いですが、手の届きやすい価格に抑えてあります。

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G AFSDX35G

 D40 はキットレンズが優秀なので、この単焦点レンズ(ズームではない)は、一般の方には興味が薄いかもしれません。ですが、一眼レフカメラならではの写真を撮りたい場合に、ぜひ持っておきたいのが F 値の小さい標準レンズなのです。

 具体的にどのような特徴があるかといいますと、

◆ F 値が小さいので、薄暗い場所でもフラッシュ無しで撮影できる
 →室内で自然な外光で撮影したり、ペットにストレスを与えることなく撮影が可能
◆ F 値が小さいので、背景をぼかして撮影できる
 →ポートレートで、余計な背景をぼかして被写体を引き立てる
◆単焦点なので、フレーミングの自由度が低い
 →遠い被写体、狭い場所での撮影は苦手

といったことが言えるでしょうか。

 このような標準単焦点レンズを選ぶ際に重視される描写とぼけ具合は、メーカーの作例サンプルを見る限り、なかなか良さそうです。
 また、意外と見落としがちな最短撮影距離は 0.3m と、ほどほどに寄れる設定ですね。

 私は、もう少しユーザーの作例サンプルを見てから購入したいと思っています。



【この商品の最安値を楽天で検索する】←クリック!




2009年1月30日 (金曜日)

「ドコモ iモード アクセス制限サービス」を使ってみました

 昨年秋頃から、ドコモから送付されてくる料金明細書に、アクセス制限サービスの案内のパンフレットが同封されてくるようになりました。

 以前のフィルタリングサービスは、認可されたサイト以外はアクセスできないような内容だったので、利用申し込みしてませんでした。
 今回の案内を見る限り、一部のカテゴリーに属するサイトにアクセスできない、というような表記になっていました。カテゴリの内容は、危険/悪質なサイトカテゴリーやアクセスしないカテゴリーとなっています。今すぐにも申込を推奨するような記載になっており、申込みは簡単にできるので、さっそくiモードから申込みしてみました。

 はっきり言って使い物になりません。
 ココログにアクセスできないし、自分のブログにすらアクセスできないって…
 ほとんどのブログは「コミュニティー」にカテゴライズされているらしく、制限されている模様です。

 さっそく解約しようにも、ドコモショップの窓口へ行かないとできないとのこと。なんとか時間の暇を見つけて、窓口へ行って解約してきました。
 なんとも不便な仕組みです。せめて、制限ON/OFFが簡単にできれば、もう少し使い物になったのにね。

 また、今月になって、アクセスできないサイトでも、個別にアクセス許可する仕組みがやっとできたようです。詳細な説明と手順はドコモのサイトに掲載されています。
 それでも、もともとのフィルターの精度が悪すぎるし、手順が複雑な上に30件までしか登録できないのでは、使い勝手が悪すぎます。

 今後改善されて使い物になるまで、導入見送りです。





2008年9月30日 (火曜日)

SH906i用携帯電話ケース購入

SH906iに合わせて携帯電話ケースを購入しました。

実際に携帯電話がどのように収まるかを試したいので、サンプルが置いてあるお店で探し回りました。
大きさが微妙に合わなかったり、形状が合わなかったり、生地の厚みがありすぎてケース自体がかさばるものとか、好みのものを見つけるのに苦労しました。

その結果、購入したのは綿布製の「バンナイズ VA216 スクエア携帯電話デジカメホルダー/セミフラップ」です。

Va216

SH906iがほぼピッタリ収まるサイズ(厚みに少し余裕あり)です。
生地は、パラフィン加工を施した綿100%のもので、帆布風のオリジナル素材だそうです。生地の程よい厚みと硬さが、かさばらずに良い感じです。
裏側にはベルト通しも付いています。

この携帯電話ケースを調べてみたら、カタログに載ってないようですね。型落ちの廃番モデルなのかもしれません。
私は横浜そごうのロフトで購入しました。9月現在、まだ在庫がありましたので、同じモデルを見てみたい方はそちらへどうぞ。

一応、現行モデルで近いものを調べてみたら、以下のモデルが、形状もサイズも近いようです。
大きな違いは、ロゴの貼り付け位置と、フラップがマジックテープからホックに変更されている点でしょうか。
(詳細は以下の画像をクリック。)






2008年9月 4日 (木曜日)

「docomo FOMA SH906i」へ機種変更

「docomo FOMA SH906i」へ機種変更しました。

今まで使っていたのは「docomo mova SO506i premini-Ⅱ」で、モデル自体に不満があったわけでもなく、機能的にもmovaで十分満足していたのですけどね。
さすがに3年半も使っており、老朽化による故障発生のタイミングで、機種変更することにしました。

movaの新規受付が間もなく終了ということもあり、movaモデルはほぼ選択の余地なし。
しかたなくFOMAから選択することになり…。
さらに、ワンセグは要らないのですが(バッテリー浪費・重量増・故障個所増)、あえてワンセグ無しのモデルを選ぶにしても、他の面で物足りなかったり…。
90xシリーズでもワンセグ要らないから、もう少し安くして欲しいですね。

いろいろ検討した結果、内蔵カメラでの自分撮りが簡単にできて、機能的にもトータルバランスの良い「SH906i」を選択しました。

それにしても高いです。

最初はドコモショップで買おうと思ったのですが、DCMX加入時の販売価格で表示されていて印象があまりよろしくないですね。
DCMXは要りません。

ヨドバシカメラは、価格表示は複雑でしたが、一応、通常の購入価格と、指定オプション加入時の割引価格が表示されていました。
ややこしい価格表示の内容を店員さんに聞いて、まあ納得できたので購入することにしました。
ヨドバシカメラの店員さんは当たり外れが大きいのですが、今回の店員さんには、わかりやすく詳しく説明していただけて良かったです。
良い店員さんに巡り会えると、気分よく買い物ができます。

「SH906i」については、まあまあ満足しています。
最近の携帯電話は「機能が多くなりすぎて、操作性が悪く、動作も遅くなったり」と思っていたのですが、「SH906i」については、思っていたほど悪くはないですね。
細かい部分の操作性が煮詰められていない気がしますが、使い慣れれば、我慢できる範囲かな?





2008年2月12日 (火曜日)

Nikon D40 使用レポート(3) 充電器の改善&予備バッテリーの購入

D40には、専用バッテリーの充電器「クイックチャージャーMH-23」が付属しています。
旅行等でも荷物にならない程度の小型軽量サイズはいいのですが、問題は電源コードの長さが無駄に1.5mもあるために束ねてもかさばるところ。
充電器本体を直接コンセントに差し込むタイプで、金具部分を収納できるようにしてあれば、持ち歩きも楽なのですが。

コードを短くしようか考えていたところ、短くて不便を強いられていた外付けHDDのACアダプタ用電源コード(40cm)を確認したら、同じメーカー(LINETEK?)で差し込み口も同じ形状でした。

この2つを交換して、簡単に2つの悩みを解決できました。
下の写真の通り、まだ少しかさばっていますが、1.5mに比べればマシ(苦笑)。
ついでに外付けHDDの電源コードについていたプラグカバーもくくりつけておきました。

※注意:改善する場合は自己責任で実施しましょう。改善箇所が要因となる不具合等はメーカー保証の対象外です。

080211a

D40には、専用バッテリー「Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL9」が付属しています。
マニュアルによると、このバッテリーで約470コマ(CIPA基準準拠)の撮影ができるようです。
ちょっとした旅行程度なら充電器だけ持っていけば対応できそうですが、予備バッテリーを1個持っておけば安心できそうです。

ということで、予備バッテリーとしてニコンの純正品を購入しておきました。
純正品は少し高いのですが、質の悪い互換品で破裂・発火するのも恐ろしいですからね。

日常でも、予備バッテリーがあれば追加充電をしなくて済むので、バッテリーが長持ちして経済的です(充電回数が増えるとバッテリーの寿命が短くなる)。





2008年2月 8日 (金曜日)

Nikon D40 使用レポート(2) SDメモリーカード選び

ニコンD40用のSDメモリーカードの選定です。

まずはD40の仕様をニコンのサイトで確認。

記録媒体:SDメモリーカード※2、SDHC規格対応
※2 Multi Media Card(MMC)には対応していません。

ついでに使用説明書のPDFも確認してみたら、P.156に推奨SDカードの項目がありました。
メーカー5社の容量64MB~4GBまで書かれていますが、具体的な型式等の記載はないようです。
最新の動作確認済みSDカードについてはサポート情報にあるとのことなので、見てみましたが、やはり具体的な型式の記載はないようで。。。

結局は「動作確認については各カードメーカーに聞け!」ということみたいです。
(^^;


次はSD規格(最大2GB)にするかSDHC規格(4GB以上)にするか。

容量的には多いに越したことはないので、8GBくらいが欲しいところ。
ただ、うちのパソコン(Dell Inspiron 640m)のSDカードスロットはSDHC規格に対応してないようです(もしかしたらドライバ更新で対応できるかもしれませんが、見つからなかった)。
なので、まずはカードリーダーを買わなくても済むSD規格の2GBにしました。


SDメモリーカードのブランド選択。

安心感のある一流ブランドは、やはり高いですね。
かといって、格安のノーブランドを買うのは怖いです。

ということで、国内ブランドの保証付き製品から、速度が速くて安いものをいろいろ比較し、ハギワラシスコムにしました。
動作確認についてもハギワラシスコムの製品対応表に明記されていたので安心です。
実はハギワラシスコムのメモリーカードを選ぶのは4枚目。
今までCF128MB、SD2GB、ExpressCard4GBを使ってますが、どれも問題なく使えてます。


購入したのは、
ハギワラシスコム SDメモリーカード CLASS 6 Proシリーズ 2GB HPC-SD2GP6C

です。

すでにD40に装着し、何枚か撮影しました。
記録速度も十分なようで、快適です。
良い買い物ができました。





2008年2月 6日 (水曜日)

Nikon D40 使用レポート(1) 購入

ついに買ってしまいました、ニコンD40!
D40xの後継機種に当たるD60が発売間近ということもあり、価格の下がってきたD40をアマゾンで購入しました。

(商品写真をクリックすると商品説明が表示されます。「~で買う」をクリックすると商品説明は表示されません。)


デジカメが普及し始めた当初から、手頃な価格で永く使えそうなモデルを待っていました。
デジカメの進歩は早いですから、そこそこ熟成されてくるのを待っていたわけです。

この低価格で、軽量シンプルながら基本性能をしっかり抑えた渋い設計思想で、上級者でも日常のスナップやサブカメラとして十分に使える、さすがは老舗のニコンと思わせるカメラです。
上級機と統一感のあるデザインながら、そのコンパクトなスタイルがまたいいですね。


購入にあたって、さんざん悩んだのがレンズ選び。

最初はレンズ交換の手間を省くために「DXVR 18-200mm F3.5-5.6」1本で行くことを考えたのですが、やや重いレンズのためD40とのバランスがいまいち、という結論に至りました。
それに価格も少し高いかな?

となるとキットレンズ「DX 18-55mm F3.5-5.6」の軽さはD40にピッタリで、価格のわりに描写もよく、持っていて損のないレンズと言えます。
日常的につけっぱなしのスナップ撮影や、室内での撮影に適したレンズですね。

もう1本、もう少し望遠が欲しいわけですが、重さやコストパフォーマンスを考えるとダブルズームキット2の「VR 55-200mm F4-5.6」が妥当な選択となりました。

あとは純正の明るい標準単焦点レンズ(例えば AF-S 35mm F1.4 のようなスペックとか)がお手頃な価格であれば欲しいですね。
(ニコンさん、製品化してほしいな。)


とまあ、レンズ選びで悩んだ挙句の選択が「D40 ダブルズームキット2」です。
キットになっているだけに、D40とのバランスもよく、描写力もよく、コストパフォーマンスもよい、という満足できる内容ですね。
なにも考えてない選択のようですが、先述の通り、それなりに悩んだ結果での選択です。
^^;


結論がでたところで、信頼できて、かつ、クレジットカード決済できる販売店の中で、価格の安いところを探し、アマゾンに決定。
さっそく土曜日の朝に注文したら、翌日の昼には届いてしまいました。
あまりにも早すぎて、SDカードやら周辺の準備がまだできていないという(苦笑)。


今後も、ニコンD40に関するレポートと画像を掲載していきたいと思います。

-

記念の最初の1枚目。

Dsc_0001_01

試しにRAWモードで撮影し、ViewNXでJPEG変換(低圧縮)してみました。
ここまで大きい画像ファイル(約2MB)を添付するのは最初で最後かもしれない(苦笑)。

設定は、絞り優先モードで絞り開放、ISO400、その他はオートです。
光源は、窓からの外光(天気は雪)と蛍光灯の2つの光源が混ざりあう状態です。
それにしても、キットレンズの描写性能は見事です。

ちなみに被写体はドイツ旅行で購入したシュタイフのテディベア。
日本国内には正式輸入されていない特大サイズ(75cmくらい?)のモーリーです。
連れて帰るのが大変でした。。。



2005年2月16日 (水曜日)

premini-2へ機種変更

NTTドコモのpremini-2(premini-II,SO506i)、発売されたばかりで、まだ高いのに買ってしまいました。(苦笑)
ちょうど欲しいと思っていた基本仕様を満たしていたからです。


今まで使っていたP505iSは、やや大きくて重く感じ始めたのに加えて、携帯電話で世界初として搭載されたP505iSのAF(オートフォーカス)機能があまりにも使い物にならなかった、というのも理由の一つ。

P505iSのAF機能は、なかなかピントが合わない上に、ボタン半押しが非常に難しく、少し力を入れ過ぎただけでシャッターが切れてしまい、シャッターチャンス逃しまくりでした。

これを除けば、背面のサブ液晶、miniSDメモリーカード対応、動画撮影、さらにDIGAで録画した動画が簡単に再生できる、といった優れた部分も多々あり、一応気に入ってはいました。


というわけで、昨年末辺りから、次に乗り換えるとしたら、という検討は始まっていました。

50xシリーズはどれも大きくて今ひとつ。

premini/premini-s/prosolidはデザインも良くて気になったのですが、デジカメ機能がない。

FOMAはただでさえ大きい上に、携帯電話で重要な接続性が悪いので論外。

P252iS/P253iは小さくて良いのですが、カメラの30万画素が物足りないかなあ?
まあ、この時点では妥協できるレベルなので、欲しい機種が出るまでのつなぎとして、価格が下がったら機種変更しても良いかな?といった具合に決め手に欠けて、機種変更は保留していました。


そこへ、今月になって飛び込んだpremini-2のニュース!

preminiでカメラ付!?

その時点では、画素数やiアプリの対応具合までは明らかになっていませんでしたが、最有力候補となったわけですね。


次第に明かされていく、驚くべき高機能。

この小ささで、カメラは123万画素、iアプリ対応。
音楽機能は、既に「iAUDIO G3」があるので必要ないが、使ってみても面白いかな?
あとは、片手にすっぽり収まる上に操作性も良いという、デザイン(設計)の良さにも惚れ込みました。

発売日(2月10日)、新聞広告やウェブサイトに詳細が発表された時点で、99%購入を決意し、あとは店頭で見て判断することにしました。
ただ、あまり好みではない「メモリースティック・シリーズ」という事だけが多少引っかかってはいました。
(結局、これが後述のマイナス評価になった。)


発売日翌日(休日)、万が一、在庫があったらラッキー、というつもりでお店に行ってみたら、なんとありました。

これは、天のお告げに違いないという事にして(笑)、慌てて機種変更の手続きをしてしまいました。


が、ここで慌てたのがいけなかった。

メモリースティックが同梱されてない?なら買わなくては。

と、一応、その場で説明書を開いて「メモリースティック DUO」は128MBまで、「メモリースティック PRO DUO」は512MBまで動作確認していると記述されている部分を見つけました。
(動作確認している、という記述を見つけて満足してしまった。)

128MBあれば事足りるが、せっかくだから音楽も入れられるようにと、大きめの「メモリースティック PRO DUO 512MB」を買ってしまいました。

「メモリースティック PRO DUO」はpremini-2よりも前に発売されているし、きっと上位互換性は守っているはずだから、新しい方が使い勝手も良くなっているだろう、と一般常識的な思い込みが判断を狂わせました。


あとでいろいろいじってみてわかりました、音楽機能を使う場合は「メモリースティック DUO」でないといけなかった事に。
なんと、premini-2の音楽機能は「メモリースティック PRO DUO」では使えないのです。
(説明書を良く読まなかった私が悪いのですが。でも普通は上位互換だと思うけどなあ。)

ただ「メモリースティック DUO」は128MBまでしか無いので、音楽と写真の両方を入れるには物足りないです。
というわけで、私としては、premini-2の音楽機能は現実的な実用性はほとんど無い、と判断します。

※これからpremini-2の購入を考えている方へのアドバイス。メモリースティックは種類によって制限事項が複雑なので、よく調べてから購入しましょう。

しかたが無いので、「メモリースティック PRO DUO 512MB」は容量を気にせずたくさん写真を撮る、という意義を持たせることで、自分を納得させました。(苦笑)


が、慌てたツケは、まだありました。
メモリースティック対応のリーダーを買い損ねました。
メモリー容量は十分にあるので、じっくり調べてから買います。


その他、使ってみての印象。
今まで、PやNを使い続けてきたので、まだSONYのインタフェースに慣れないです。
細かい機能の違いで、今までの使い方を変えざるえない部分もありますが、比較的使いやすくできていると思います。


気が向きましたら、後日、詳細レポートを書きます。(^^;)


NTT DoCoMo premini-2 製品紹介

SONY premini-2 製品紹介

Panasonic P505iS 製品紹介

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp