カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の7件の記事

2010年3月31日 (水曜日)

東京スカイツリーと地上デジタルテレビ放送(2010年3月)

 2010年3月29日、東京スカイツリーの高さが338mとなり、東京タワーの333mを超えて、日本一高い建造物となったそうです。完成予定は2011年12月で、高さは最終的に634m(予定、武蔵の語呂合わせ)となるそうです。
 東京の新しい観光名所として、すでに地元も活気付いているようですね。

 東京スカイツリーの建設目的は、東京タワーに代わる新しい電波塔です。結果的に地上デジタルテレビ放送用の電波塔となるわけです。

 東京スカイツリーの開業予定は2012年春。

 あら?地上アナログテレビ放送の終了予定は2011年7月でしたよね?

 ということは、2011年7月までに地上デジタルテレビ放送に移行する場合は、UHFアンテナは東京タワーの方向に設置することになりますね。

 さらに2012年春以降に、そのUHFアンテナを東京スカイツリーの方向へ微調整しなければいけませんね。しかも同じ周波数になるはずですから、東京タワーの停波と、東京スカイツリーの送信開始が、同じタイミングになります。ということは、無指向性アンテナで受信できる強電界地域や、東京タワーと東京スカイツリーの方向がほぼ一致する一部の地域を除いて、一斉に微調整をしなければいけなくなる可能性が生まれます。

 一応、総務省は影響なしと判断しているようですが、特に弱電界地域では利得を稼ぐために指向性の強いUHFアンテナを使用するので、アンテナの微調整が不要とは言い切れないと思います(不安定な反射波を拾う可能性も否定できない)。

 この件に関するアナウンスを全く見かけないですが、本当に大丈夫なのでしょうか。
 最低でも「アンテナの微調整が必要になるかもしれない」という事実をアナウンスしておかないと、混乱しそうな気もします。

 もしアンテナの微調整が必要となると、二度手間の二重出費となるのが痛いですね。






2005年1月18日 (火曜日)

システム手帳の買い替え

もう昨年末のことですが、システム手帳を買い換えました。

最近はキタムラのバイブルサイズを使っていたのですが、プライベート兼用として使うには大きすぎるように感じてきたためです。
ちょっとした鞄やポーチにバイブルサイズのシステム手帳を入れると他の荷物が入らなくなるので、プライベートではあまり持ち歩かなくなり、不便を感じていたのです。

ということで、いろいろ考えてみました。
PDAも検討しましたが、やはりメモ等は紙が一番楽。

で、私自身、スケジュールといっても、月間+メモ用紙があれば済む程度しか書きませんし、電話帳は携帯電話のメモリーで事足りているので、最終的にミニ6穴サイズのシステム手帳を選択しました。


方針とサイズが決まれば、あとはモノの選定。

革の造りの良さが気に入っていたキタムラは、ミニ6穴はレディース用しかありません。
まあ、メンズとしても通用するデザインなのですが。
しかし、横幅が少し狭く、インデックス付の月間スケジュールを入れるとインデックスが飛び出して使いにくいので、選択肢から外れました。

他にもネットで検索してみましたが、システム手帳関連としてのお気に入りのブランド「アシュフォード(ASHFORD)」はネットでは情報が少ないことと、やはり手で触ってみないと判らないので、近場では手帳関係が一番充実している東急ハンズ横浜店と横浜そごうのロフトで探しました。
他のブランドも比較しながら。
(「ファイロファックス(fILOFAX)」、「バインデックス(Bindex)」とか。)

最終的に決定したのがアシュフォードのイタリアンショルダーレザーの黒です。
(ちょっと高かった。)
少しリングが小さめで容量が足りるかが心配でしたが、何せモノが気に入ったので、リフィルを整理することで対応することにしました。

以前、購入した三菱のピュアモルトボールペンもぴったり収まりました。


プライベートでも負担にならない程度のサイズで、触った感触も良く、お気に入りとなりました。
末永く使い続けることができそうです。

2004年12月10日 (金曜日)

オキシライド乾電池で音が変わる!?

電車の中でオキシライド乾電池の広告を見つけました。
広告の内容は、オーケストラの楽団員にポータブルCDプレーヤーでオキシライド乾電池とアルカリ乾電池を比較試聴させた結果、8割以上が「音が違う」と答えた、というものです。

何か違和感を感じて再度良く見てみると、「音が違う」と書いてあるだけで、決して「音が良くなる」とは書いていない事に気が付きました。
きっと、アンケート結果を良く見せるためなのでしょう。
客観的にどのように変わるのかをデータで示していない無意味な広告です。

なんだか、この紛らわしい表記の広告がかえって胡散臭く思えてしまうのですが。。。


ちなみに、オキシライド乾電池の初期電圧は約1.7Vあり、アルカリ乾電池の初期電圧約1.5Vよりも高いため、確かに「音が違う」という可能性はあります。
(ただし、一般的には良くなる方向に変わるが、必ずしも良くなるとは限らない。)

実際、アルカリ乾電池に比べて、オキシライド乾電池のほうがパワーがある、という比較CM(車のおもちゃの登坂力の比較など)を何回か見かけましたが、これらも全て初期電圧の高さで簡単に説明がつきます。
(厳密には内部抵抗なども関係しますが、要は大きいパワーが得られる、ということです。)


ということで、電圧の高いことがメリットになる機器に使ってみると面白そうですね。
例えば、ミニ四駆の類はスピードがアップして面白いかも。

が、注意書きにもある通り、この初期電圧の高さ故に、機器を壊してしまう可能性がありますので、ご注意を。
特に複数本を直列にして高い電圧で使っている機器ほど危険ですね。
(1本当たり約0.2V高いだけですが、例えば4本直列の場合、約0.8Vも高くなってしまいますね。)


ここで乾電池メーカーさんへ提案(お願い?)。

電池の高性能化も良いですが、絶対液漏れしない乾電池(液体を使わないとか)、もしくは万が一液漏れしても機器を壊さない乾電池、というものは作れないものでしょうか?

過去にアルカリ乾電池の液漏れで多くの機器を壊してきた経験から、なるべくアルカリ乾電池は避けて、通常のマンガン乾電池かニッケル水素充電池を使うようにしています。

高額な機器や、長期間入れっぱなしにする機器には需要があると思うのですが、いかがでしょうか?

手頃な価格であれば、時計、リモコン、懐中電灯などは、この乾電池に置き換わる可能性があります。
非常持出袋の中にも常備かな。


電池関連書籍一覧

電池関連商品一覧

.

2004年9月22日 (水曜日)

無視できない架空請求詐欺

これまでの架空請求の対処法は無視が基本でした。
以前、うちにもはがきが届いたので、一応、はがきを保管し、書かれている事には無視しています。
しかし、最近は無視できない少額訴訟制度を悪用した新手の架空請求詐欺が発生しているそうです。

読者の方々のためにも、簡単に調べたことをまとめておきます。
詳細までは知らなくても、基本的な対処法があることだけでも知っていれば、いざと言うときに役立つと思いますので、ご一読ください。
このページへのリンクも良識の範囲でご自由にどうぞ。

まず、少額訴訟制度についてご存知ない方は、以下のリンク先を参照して下さい。

少額訴訟制度
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/soudan/kakuseikyu/syougaku.htm

敵は、この少額訴訟制度を悪用し、架空の利用料等の支払いを求める少額訴訟を起す訳です。
裁判所から「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきた場合、出頭しなければ自動的に裁判に負けてしまい、控訴はできず、請求金額を払わされることになります。

身に覚えの無い「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきた場合は、消費生活センター等への相談、及び、警察への届け出をしましょう。
そして、基本的な対処方法は以下の二つです。

(1)少額訴訟として裁判所へ出頭する場合
指定された日時に裁判所に出頭し、争います。
裁判所が遠方の場合は、近くの裁判所への移送が可能です。
その場では話がこじれそうな時は、すぐに(2)の手続きをします。

(2)通常訴訟へ移行する場合
裁判所へ連絡し「架空請求詐欺」であることを伝えて「移行申述」の手続きを取ります。通常訴訟では証拠の真偽が問われるため、敵はほぼ確実に訴えを退けるでしょう。
裁判で偽の証拠を提出しようものなら偽証罪になりますので。

詳細は公的な機関や専門家に、”自分”から相談するのが確実です。
被害者を救済するように装って近づいてくる詐欺もあります。
相手から近づいてきた場合は注意しましょう。

とりあえず、公的機関の関連情報をリンクしておきます。

京都市市民生活センター
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/soudan/kakuseikyu/kakuseikyu.htm
国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/twoshotto.html

2004年7月28日 (水曜日)

ヒヤッと涼しくなる話:子供時の夏休み

トラックバック野郎の新しいお題を見て、たまには異なるジャンルのお話を書いてみました。
私自身は霊感はほとんど無いのですが、霊感の強い知り合いが何人かいるので、いろいろな体験や話を聞いています。
今回のお話は、もっとも印象に残った、子供時の夏休みの体験です。

私と弟は、夏休みになると父方の実家のある新潟へ泊りがけで遊びに行くのが恒例になっており、その夏は、さらに仲の良い友人Tを招待し一緒に行きました。
この時はあまり意識していなかったのですが、Tのお母様の家系は霊感が強く、親兄弟揃って霊感が強いのです(もちろんお父様は除く)。

ある夜、その地域では一番大きい花火大会が海で行われ、そのまま、きれいな星空の元、砂浜で焚火をしながら、三人で話をして夜を明かす事にしました。
近くでテントを張ってキャンプに来ている人達が明かりを消して寝静まった深夜、Tの様子がおかしくなりました。
話を聞いてみると、海から暗い影が陸に上がってくる、と言うのです。
三人で恐る恐る海のほうへ近づいてみると、波打ち際に海蛍が光っているだけで、他に変わった様子はありませんでした。
気のせいかもしれないということにして、その夜はあまり気にしないで過ごしました。

次の夜、今度は家の周りにある田んぼで、蛍を楽しむ事にしました。
さらに、その地域は山に囲まれて町明かりがほとんど入ってこないため、空を見上げると天の川がはっきりとわかり、星がありすぎて星座が判らないほど星が見えるのです。
そんな中、またTの様子がおかしくなりました。
今度は着物姿の人影の集団が林の方へ歩いていく、というのです。
その瞬間、ぞっとなりました。
実は、その林には先祖代々の墓地があるのです。
しかも、友人Tは初めて来たので、まだ墓地の場所は知りません。
慌てて家に入りましたが、寝る時もTは障子越しに外の人影が見えていたそうです。

そして翌朝になって、謎が解けた(?)のです。
なんと、翌日がちょうど迎え盆(8月13日?)だったのです。
まだ子供だったのでお盆が良くわかってなかったのですが、親戚の大人に話をしたら教えてくれ、納得しました。
子供心に、お盆にはご先祖様がこちらにお戻りになる、ということを実感(?)したわけです。
そんな貴重な体験のあと、うちの先祖とは縁の無い友人Tも、一緒にお墓参りをしました。(笑)

2004年7月16日 (金曜日)

下水の無料点検?

ポストに怪しいチラシが入ってました。
ご丁寧に「下水の無料点検で巡回中」といった内容のことが書いてあります。
ですが、連絡先は、有限会社名らしきものと支部名、電話番号のみ。
下水工事は指定業者制のはずなのですが、番号等が明記されていない上に、住所も明記されていないのです。
ということで、怪しさ100%のため、家では来てもお断りすることとしました。

で、家族によると、なんと翌日に来たようです。
隣の家で騒がしかったので、すぐ気が付き、居留守を決め込んだそうです。
隣の家もツワモノで「住人ではなく留守を預かっているだけ」とお断りしていたらしいです。
なるほど、運悪く遭遇してしまったら良い方法ですね。
ネットで調べてみたら、やはり類似の点検商法の警告がたくさんありました。

先週も、床下無料点検が来たのですが、名乗りもせずにしつこく説明しだしたので、怪しいと思って追い返したばかり(胸には業者証のようなものを着けてましたが)。
最近、ネームディスプレイで電話は安心して出れるようになったのですが、今度は訪問者の相手をするのが億劫ですねぇ。
訪問者に対して、電話のネームディスプレイのような認証サービスのアイディアは無いものか、と考えてしまいました。
良いアイディアが浮かべば、ビジネスチャンスの予感?
おっ、ちょっとだけ良い事思いついた。。。
(^^;

2004年7月 1日 (木曜日)

はじめの一歩!

weblogはじめました。
「ジャンルを問わず日常で気が付いたことや思ったことを形にして残しておく」が目的です。

weblogというシステムは、暇がない私にはちょうど良いです。
以前、ホームページは試験的に何度か作ったのですが、更新に手間がかかりすぎるので、公開に至りませんでした。
基本的なシステム周りはお任せで、記事だけ掲載できる(目的を果たせる)というのはありがたいですね。

というわけで、マイペースに更新していきたいと思います。

ブログ関連商品一覧

ココログ関連商品一覧

広告 Rakuten

  • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

Rakuten

amazon.co.jp