カテゴリー「旅行・地域」の6件の記事

2005年11月10日 (木曜日)

東京ディズニーシー 2005年11月05日(土)

とある理由で1デーパスポートの日付指定予約券を優待価格で入手できたので、行ってきました。
飛び石とはいえ、人によっては連休にしているであろうこの日、しかもクリスマスが近いこともあり、当然、混雑することは予想しており、通常ならば選ばない日付ですが、日付指定だから仕方ないですね。
東京ディズニーランド(TDL)ですら年に2回行った事がないのに、今年初めて行った東京ディズニーシー(TDS)に年に2回も行くことになったわけです。

前回の記事はこちらのリンクからどうぞ。

  • 東京ディズニーランド 2005年05月20日(金)

  • 東京ディズニーシー 2005年05月21日(土)
  • -

    前日は遅くまで残業していいたこともあり、当日の朝はゆっくり出発しました。
    首都高速湾岸線が多少混雑していましたが、思っていたよりもスムーズで、到着はちょうど昼頃でした。

    駐車場も思っていたよりは余裕があるようで、東京ディズニーリゾート(TDR)・オフィシャルホテル付近のR1エリアに余裕で駐車できました。
    ただ、そこから無料送迎バスに乗らないといけない距離がちょっと面倒ですね。
    小さいお子様連れだと、荷物が多くなるので、いろいろと手間でしょう。

    インパークすると、さすがに前回よりも混雑しているようです。

    今回の第一目標は、ずばり「レイジング・スピリッツ」(前回はオープン前だったので)。

    「レイジング・スピリッツ」をファストパス/スタンバイのどちらにするか判断するため、途中で他のアトラクションの混み具合を確認しながら行くと「センター・オブ・ジ・アース」は90分待ち、「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」は70分待ちといった具合でした。
    「ストーム・ライダー」の待ち時間は確認しませんでしたが、列の長さからすると50分待ち位かな?

    お目当ての「レイジング・スピリッツ」に到着すると待ち時間は65分。
    ファストパスは、正確な時刻は忘れましたが20~21時位。
    新アトラクションのわりには待ち時間が少ないのは、ディズニーにしてはやや絶叫系アトラクションであることと、厳しい利用基準の影響でしょうか(身長140~195cmで座席・ショルダーバーが適合すること)。

    前回の失敗の経験もあるので、最悪、他の人気アトラクションはあきらめるつもりで(苦笑)、スタンバイの列へ。
    途中、あの揺れている360度ループを見て、列から抜けていく人たちもいました(確かに苦手な人が知らずに並んで、あのループを見たら避けたくなるでしょうね)。
    しかし、運悪くファストパス組が立て続けに訪れた影響もあって、結果的には70分位待たされました。

    乗ってみて、もう何がなんだかわからないうちに終わってしまいました(爆)。
    いや、そのわけのわからない状況(神々の怒りの演出)が楽しいのです(笑)。

    なお、乗車前の注意では、頭を背もたれにしっかりつけるよう言われます。
    しかし、よっぽど注意して意識していないと、首は左右に振られてショルダーバーに頭をぶつけるは、360度ループの進入時は一瞬前向きにGがかかって頭が前に倒れてしまい(首に注意)、その後、さらに横に頭をぶつけます。
    乗車時は、頭と首をしっかり固定するように注意しましょう。
    意外と過激なので、首が弱い方、筋力が弱い方、心臓が弱い方、精神的に苦手な方は、残念ですが、避けたほうが無難でしょうね。

    終わった後は、頭と首が痛くて、ちょっとふらふらしてしまいました。。。

    -

    その後、「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスを取りに。
    なんと、ファストパスが2枚つながって出てきました。
    「サプライズ・ファストパス」だったかな?
    待ち時間の間にどうぞ、ということで、「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」のファストパスが付いてきました。
    比較的空いているアトラクションへ誘導して、混雑の集中を避けるのが目的と思いますが、未体験のアトラクションだったのでラッキーでした。

    その後、遅めの昼食。
    パークの雰囲気を楽しみつつ、未体験のアトラクションを中心に巡りました。
    次のファストパスが取れる時間になったら、「クリスタルスカルの魔宮」や「ストーム・ライダー」のファストパスも取得。

    前回、全く行けなかったアメリカンウォーターフロント周辺も巡りました。
    ちょうど、コロンビア号前の広場には大きなクリスマスツリーがあります。
    アメリカンウォーターフロントも、なかなか雰囲気があって楽しいですが、大人気と呼べるアトラクションが無いせいか、人は少なめですね。
    現在建設中の「タワー・オブ・テラー」(フリーフォール)がオープンすれば、賑やかになるでしょう。

    閉園30分前、もしやと思って再度「レイジング・スピリッツ」へ行くと、35分待ちの表示でしたが、並ばせてくれました(その後も結構並んでました)。
    ということで、一番楽しみにしていた「レイジング・スピリッツ」を1日に2回も楽しんでしまいました。
    1度経験済みなので、2回目は少し余裕があってより楽しめました。
    そこで気が付いたのですが、このアトラクションは夜がお奨めです。
    まず、最初に高い位置まで登ると、照明が綺麗なパークを眺められます。
    その後、景色を楽しむ余裕はなくなるのですが、暗い中、赤と青の照明が水煙に反射してとても綺麗でした。

    降りてきた頃にちょうど閉園時間(並んでから降りるまで30分弱)。
    ということで、TDSを後にしました。

    -

    今回は、新アトラクション「レイジング・スピリッツ」を2回も満喫、パークの雰囲気を満喫、未体験のアトラクションをいくつか満喫、と混雑していた割には、しっかり楽しめた1日でした。
    私なりのTDS/TDLを楽しむコツは、人気アトラクションはいくつかに絞り、ファストパスを上手に活用し、待ち時間はパーク全体の雰囲気を楽しみつつ、空いているアトラクションを巡るというのが、現在のパターンです(学生の頃はできるだけ数多くのアトラクションを制覇するのが楽しみでした)。
    ちなみに友人にいるのですが、年間パスポートを持つほどのマニアになると、アトラクションは制覇しているので、季節のショーやイベント、限定グッズなどが中心になるらしいです(私には縁の無い領域ですな)。

    (おすすめの攻略本)

    ※この本の紹介については「東京ディズニーランド 2005年05月20日(金)」の記事をご覧下さい。

    2005年9月20日 (火曜日)

    横浜元町 秋のチャーミングセール&横浜中華街 2005年09月17日(土)

    行ってきました、モトマチチャーミングセール。
    今年はテレビCMや電車の中吊り広告で派手に宣伝している上に、三連休ということもあってか、やはり混雑してます。
    小さい子供や、犬を連れている人も多いので、足元に注意しましょう。

    今回も、JR石川町駅から行ったのですが、相変わらず、歩行者天国の入り口をタクシーがふさいでいるため、入り口の交差点は人で渋滞中。
    タクシーが歩行者天国の入り口をふさいでいるために、歩行者信号が赤になっても、道路の真中で立ち往生している歩行者がいるため、結果的に道路もふさいでしまうという悪循環。

    まずは、キタムラ。
    全品20%OFFで、一部の商品は現品限り50%OFF(夏物などの在庫処分?)です。
    また、商品券も20%OFFになりますので、季節違いもの等、時期が違う場合は商品券を買っておく、というのも賢い選択です。
    うちのかみさんは50%OFFのバッグ2点と20%OFFの財布、自分も狙っていた財布を20%OFFで購入しました。
    この時期、キタムラはアルバイト店員が多くなるはずなのですが、これだけ大勢の客で忙しい割にはしっかりした対応をする店員さんが多く、好印象でした。
    (おかげで気分よく買物ができ、財布の紐がゆるくなってしまったわけですが。。。)
    (^^;

    途中、歩いていると、新しくオープンしたキムカツは行列になっていました。
    一度、行ってみたいとは思っていますが、あの行列に並びたくは無いので、当分行けませんね。

    続いて、スタージュエリー。
    ここは一部の商品が50%OFFと30%OFF。
    うちのかみさんのお目当ての商品は、割引していないため、とりあえず保留。
    春のチャーミングセールにもう一度みてみることになるかな。

    買物が終わった後は、中華街で夕食。
    ネットで好みに合いそうなお店を調べておいたので、そのお店へ。
    三連休の上に、評判が良い店なので、かなり待たされるかもしれないと覚悟していましたが、目立たない通りにあるおかげか、10分位で入れました。
    手頃な値段のコースで、良質な食材をしっかり使い、食材の味を活かす料理に大満足。
    これまでいろいろな中華料理店で食べたある程度パターン化されたコース料理とは異なっており、自分のイメージする中華料理の枠を広げてくれました(季節で内容が変わります)。
    ほどほど繁盛しているお店で、これ以上、客が増えると行けなくなるので、お店の名前は内緒にしておきます。
    (どうしても知りたい方はメールくださいね。メールの送信は左上のプロフィールからできます。)

    食後に耀盛號(ようせいごう)で食材やお土産を購入。
    特に自家製豆板醤(トウバンジャン)が大のお気に入り。
    この自家製豆板醤に自家製甜麺醤(テンメンジャン)とトウチを合わせて作る麻婆豆腐が最高に美味!。
    これらの醤(調味料)は中華街の多くのお店に納入しているとか。納得。
    他に、道場六三郎氏ご推薦の阿媽肉包(あまーにくまん)は、とても濃厚な味わいでとても美味!
    大人気のカメ出し紹興酒は、少し癖が強いですが、紹興酒が好きな人にはたまらないかも。
    (ちなみに世界三大美酒はワイン・紹興酒・日本酒です。)

    帰りは、みなとみらい線の元町・中華街駅から帰りました。
    JR石川町→元町→中華街→元町・中華街駅、というコースがなかなか便利です。
    以前は、帰りに中華街からJR石川町駅まで買物の荷物を持って結構歩いていたので、それに比べれば、とても楽になりました。

    2005年8月30日 (火曜日)

    横浜元町 秋のチャーミングセール 2005年09月17日(土)~2005年09月25日(日)

    もうすぐ、横浜の元町にて「モトマチ 秋のチャーミングセール」が開催されます。
    恒例のクーポン券も同ページから入手できます。

    行く予定のお目当てはキタムラ元町本店スタージュエリー元町本店かな?
    (ようするに、うちのかみさんのお供です・・・)
    ついでに中華街でのお食事と中華食材の買物も。

    もし行けたら、レポートをアップする予定です。
    ちなみに、昨年のレポートは「元町チャーミングセールとキタムラ」をご覧下さい。

    なお、元町・中華街は、みなとみらい線が開通したおかげで便利になった反面、とても混雑しますので、小さいお子様連れはご注意を。

    また、元町は犬を散歩させている人が多いです。
    (私は元町の良いところだとは思っていますが・・・)
    ので、人が多い時は、特に小型犬には気を付けてあげないと、足蹴にしてしまいそうです。
    人ごみの中で犬を散歩させる飼主のモラルにも問題はありますが、犬に悪気は無いので、気を付けてあげたいですね。

    2005年5月30日 (月曜日)

    東京ディズニーシー 2005年05月21日(土)

    東京ディズニーリゾート(TDR)を満喫!ということで、先日の東京ディズニーランド(TDL)に続いて、今回は初体験の東京ディズニーシー(TDS)についてです。

    TDLについては「東京ディズニーランド 2005年05月20日(金)」をご覧下さい。

    今のところ、TDLに比べると人気の少ないTDS。
    7月に新アトラクション「レイジングスピリッツ」が控えてることもあり、この時期ならば土曜日でも比較的空いていると予測しました。
    (金曜日にTDL、土曜日にTDSとしました。)

    -

    *** 事前準備編 ***

    TDLと同様に、一般的な情報は「東京ディズニーリゾート 公式サイト」から得ることができます(パークの案内マップ、イベント情報、混雑予想など)。
    さらに、経験者の情報を事前に入手すべくGoogle等で検索してみましたが、総合的にまとまった情報はなかなか見つかりませんでした。

    ということで、ここでも「東京ディズニーリゾート便利帖(著者:堀井 憲一郎、出版社:新潮社)」が役に立ちました。
    著者が混雑予測に関する専門家ということで、このデータに関しての緻密さは右に出るものはいないでしょう。
    価格が1050円とリーズナブルで、確実に元が取れる情報満載ですよ(例えば、行列のトイレや人気アトラクションで無駄に並ぶ必要がなくなります)。

    本の紹介については「東京ディズニーランド 2005年05月20日(金)」の記事をご覧下さい。

    -

    *** 当日編 ***

    この日は、車をホテルの駐車場に預けて、電車で行きました。
    実はディズニーリゾートラインも乗りたかったので(初体験)、舞浜からTDSまで乗車。
    車両の外観も内装も、すっかりディズニーの世界(笑)。
    よく見ると、各車両毎に異なる人形がディスプレイされていました。

    舞浜を出発すると、TDL前の駐車場が一望できます。
    この時、9時20分頃の時点で、すでにグーフィーのエリアまで車が一杯。
    8時開園とは言え、さすがはTDL。
    先に金曜日に行っておいて正解でした。

    しばらくすると、海をバックにオフィシャルホテルのエリアが見えてきました。
    まさに東京ディズニーリゾートと呼ぶに相応しい眺めです。
    パーク内のホテルか、この辺のホテルや泊まると、もっとリゾート気分を楽しめるんだろうなあ、と思いつつ。
    (でも料金高過ぎです。。。)

    さて、いよいよお待ちかねのTDSの眺めです。
    TDLと違って、これはまたすごい眺めですね。
    アトラクションだけでなく、雰囲気を楽しむ、という意味が良くわかりました。


    TDSに入園すると、混雑具合は前日のTDLと同じ位かなあ。
    ただ、TDLのようにスペースを広くとっていない関係で、少し混雑して見えました。


    まずは、一番の目的の「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」を目指します。
    ランドとは異なる雰囲気を楽しみつつ、ちょっと複雑な道のりに戸惑いつつ(苦笑)。

    途中、一番人気の「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスを取得。
    すでに60分待ちで、すごい人気でした。

    ロストリバーデルタ、という密林のようなエリアに入ると、大きな橋で筋肉質のお猿さんたちがパフォーマンスしてました。
    欄干の上を飛び跳ねたり、見てるほうがスリルを感じてしまいました。
    誤って川に落ちたらどうするんだろう?

    やっと「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」の前に到着すると、なんだかエントランス前に人だかりが。。。
    どこかで見たことのある雰囲気。。。
    なんとシステム調整中。
    「プーさんのハニーハント」と全く同じパターンになるのか、とあきらめつつ、「ストームライダー」へ。
    やはり、プーと同様、システム調整の影響で少し混んでいましたが、40分程で入れました。
    基本的には「スターツアーズ」と同じタイプのアトラクションなのですが、風が吹いてきたり、水しぶきを浴びたり、と臨場感たっぷりでとても楽しめました。


    そして、再度「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」へ。
    ちょうど復旧した直後なのか、幸運なことに、なんと20分待ち!
    即、スタンバイのエントランスへ。
    途中、骸骨だらけのエリアも立ち止まれず(ちょっと雰囲気を楽しめない?)、狭い洞窟のようなところに入る手前でやっと列の最後尾。
    さすが、良くできてるなあときょろきょろしてると、なんとなくミッキーの頭の形をしたようなくぼみを岩壁に発見。
    隠れミッキー(隠しミッキー?)のひとつなのかな?
    アトラクションはインディージョーンズの映画のようにとてもスピーディーな展開でした(爆)。
    事前にストーリーを予習しておかないと、何がなんだかさっぱり判らないうちに、下を向いた写真を撮られて(笑)、終わりになってしまいます(当然、下を向いてる写真はいらない)。
    写真にしっかり写りたい人は、巨大な丸い岩が出てきたところで、不自然にのけぞりましょう!


    他に「センター・オブ・ジ・アース」、「海底2万マイル」の人気アトラクションも制覇。
    これら人気アトラクションについて感じたのは、TDLよりも展開がスピーディーになっていること。
    事前にストーリーを予習しておかないと、なにがなんだかわからないまま終わってしまうように思えました。
    そういう意味でも、「東京ディズニーリゾート便利帖」は、より楽しむのに本当に役に立ちました。

    「ヴェネツィアン・ゴンドラ」もおすすめ。
    恥ずかしがらずに”チャオ!”が言えれば最高です。
    ちょうど、結婚式で新郎新婦がゴンドラに乗るところにも遭遇し、なかなか楽しかったです。
    なお、ショーの時間帯の前後は休止してしまう都合上、特に夕方以降は短時間しか稼動できないので、できれば午前中に乗っておくことをお勧めします。
    そう言えば、ゴンドラのお兄さん(ゴンドラの船頭、ゴンドリエとも言う)に教えてもらったのですが、TDSゲート付近にある建設中のものすごく高い建物は、ウォルト・ディズニー・ワールドで一番人気のアトラクション「タワー・オブ・テラー」(フリーフォール)をそのまま持ってきたとのことで、来年オープン予定だそうです。
    これができれば、TDSも人気が上がるでしょうね。
    ただ、あの半端じゃない高さから落ちることを想像すると、とても怖いです(苦笑)。

    アトラクションからアトラクションへ移動する途中、ちょうど、新しく始まったばかりのショー「アラジンのホールニューワールド」が始まりました。
    ちょっと見るだけのつもりでしたが、なかなか見応えがあって、結局、ほぼ最後の方まで見てしまいました。
    水上ジェットスキーの見事なアクションや、びっくりするほど巨大なジニーの登場など。
    ただ、午後の部では風が強かったため、巨大なジニーは登場しなかったようです。


    まだまだ未体験のアトラクションも多数あるので、新しいアトラクションの人気が落ち着いたら、また行きたいと思います。

    -

    *** 参考 ***

    東京ディズニーランド 2005年05月20日(金)


    東京ディズニーリゾート便利帖 (Amazon.co.jp)

    リンク:東京ディズニーリゾート 公式サイト

    2005年5月27日 (金曜日)

    東京ディズニーランド 2005年05月20日(金)

    先日、久々に東京ディズニーランドと、初めて東京ディズニーシーへ行きました。
    東京ディズニーリゾート(TDR)を満喫してきたわけですが、今回は、とりあえず東京ディズニーランドのレポート。

    TDSについては「東京ディズニーシー 2005年05月21日(土)」をご覧下さい。

    大型連休後の平日ということもあり、多少は空いているかもしれない、ということでこの時期を選びました。

    -

    *** 事前準備編 ***

    なんせ、ファストパス導入後はまだ行ったことが無い、というぐらい久しぶりです。
    (5~6年位か?)
    よって、最近の人気アトラクションは未体験です。
    (「プーさんのハニーハント」、「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」、「ミクロアドベンチャー!」など。)

    アトラクションの紹介やファストパスの使い方等は「東京ディズニーリゾート 公式サイト」に掲載されています(パークの案内マップ、イベント情報、混雑予想等も)。

    さらに、実際に行った人の情報を事前に調べておくと、役立つと思い、あちこち検索しました。
    例えば、ファストパスの実践的な使い方や、おすすめのアトラクションなど。
    多少、小技・裏技的な有効な情報はありましたが、決定版といった統合された情報はみつかりませんでした。


    ということで、ガイドブックを買ってみることにしました。

    いろいろ調べて選んだのが「東京ディズニーリゾート便利帖(著者:堀井 憲一郎、出版社:新潮社)」という本。

    出版日2005年4月27日の最新刊で、内容がものすごく充実しており、各アトラクションの概要と元となったストーリーの解説や時間別混雑状況データ、おすすめコース例(目的別、状況別など多数)、飲食店の詳しい紹介、空いてるトイレマップなど、豊富な情報量の割にバランスよくまとまっており、とても役に立ちました。
    特に著者は混雑予測に関する専門家なので、そのデータの緻密さは見事なものです。
    価格が1050円とリーズナブルで、確実に元が取れる情報満載ですよ(例えば、行列のトイレや人気アトラクションで無駄に並ぶ必要がなくなります)。

    読んでいるだけで、東京ディズニーリゾートへ行くのがさらに楽しみになってしまったほど。
    著者が東京ディズニーリゾートを本当に好きだからこそ、これだけの内容をまとめることができたのでしょう(著者自身はそんなに愛していないと言っていますが、嫌いならここまで真剣には書けないでしょうね)。
    単なる攻略ガイドで終わらず、本当の意味でのファンブックの内容になっています(盲目的ではなく、あくまでも客観的な本音をまとめた内容なのです)。
    なお、著者のくだらないギャグと暴言はご愛嬌。
    (^^;

    このガイドブックを参考にして、第1目的「プーさんのハニーハント」、第2目的「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を重点として、おおまかなプランを立てて、当日を迎えました。
    (残念ながら「ミクロアドベンチャー!」は休止中。)


    チケットは、2デーパスポートを日付指定で購入しました。
    (メリットは、少し安くなること、万が一入場制限があっても確実に入場できること、そのままのパスポートで入場できること。)

    -

    *** 当日編 ***

    あまり早く行く必要も無いと考えて、駐車場到着は9時30分頃。
    駐車場は空いていて、余裕でミッキーの列12へ駐車できました。
    (某報道の影響?)

    入場口の手前で手荷物検査を実施中。
    警備員にショルダーバッグの中身を見せながら通過しました。

    すると入場口の横で修学旅行の学生が待機中。
    まあこの時期は仕方が無いか、と思って入場口に向かっていると、ちょうど説明が終わったのか、修学旅行の学生が横から猛ダッシュ!
    ちょっと危険。
    (先生方、走らないように指導しておいてね。)
    目前のゲートにあっという間に列ができ始めたので、あわてて反対方向の人が少ない列へ避けつつ入場しました。


    のんびりと第1目標「プーさんのハニーハント」向かう途中で、とりあえず第2目標「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」のファストパスを取り(既に午後指定になってた)、「プーさんのハニーハント」へ向かいました。
    と思ったら「プーさんのハニーハント」はシステム調整中のため、並ばせてもくれませんでした。
    ファストパスを取れ、とのことでしたが、すでにバズを取っていたので諦めました。
    (想定外のトラブル)


    仕方がないので、復旧するまで近場のアトラクションを楽しむことに。
    同じ事を考えている人が多いようで、プーさん付近の人気アトラクションはあっというまに混み始めました。
    「スペースマウンテン」は40分待ちとのことでしたが、実質、20分くらいで乗れました。
    一緒に乗った若者グループが盛り上がっていたので、一緒になって楽しみました。
    けど、やっぱ朝一にはハードでした。
    (^^;


    そろそろ再開しているだろうと「プーさんのハニーハント」へ向かうと、再発のシステム調整中。
    (このようなアトラクションのシステム調整というのは、落し物の回収等の場合が多いらしい。)
    ということで、すぐ復旧するだろうと思い並んだのですが。。。
    係員もといキャストの説明によると、さっきとは異なる原因で、復旧の見込みが不明との事。

    あきらめて、次のファストパスが取れる時間(2時間後)になるまで、他のアトラクションを楽しむことに。

    再々度訪れると、やっと復旧していたが60分待ち!
    (システム調整が連続した影響かな。)
    もう少し経てばファストパスが取れる時間になるので、近場で水を購入して休憩し、やっとファストパスを取りました。


    ファストパスの時間がくるまで、比較的すいているアトラクションをまわり、またファストパスが取れる時間になったら、人気アトラクションのファストパスを取る、パレードは適当に見れるときに見る、と、こんな具合にのんびり過ごしました。
    プーさんのシステム調整は想定外でしたが。


    ファストパス、とても便利ですね。
    ファストパスを上手に使えば、人気アトラクションも効率よく楽しむことができます。

    ただ、ファストパスは発行枚数が決まっているため、遅い時間になると打ち止めになる可能性があります。
    そして、システム調整などでファストパスの発行が集中すると、さらに早く打ち止めになる危険性がありますので、一番楽しみたいアトラクションのファストパスを優先的に取ることをお勧めします。
    (ただし、状況によってはこれが必ずしもベストの判断とは限らなかった。詳細はシーのレポートにて。)

    翌日は東京ディズニーシーに行ったわけですが、それはまた後日。

    -

    *** 参考 ***

    東京ディズニーシー 2005年05月21日(土)


    東京ディズニーリゾート便利帖 (Amazon.co.jp)

    リンク:東京ディズニーリゾート 公式サイト

    2004年9月21日 (火曜日)

    元町チャーミングセールとキタムラ

    横浜の元町にてチャーミングセール開催中(9月18日~9月26日)です。
    チャーミングセールは、元町商店街で年2回行われているセールです。
    例えば、キタムラでは全品20%OFF(一部50%OFF)になります。
    詳細はリンク先のホームページ参照。

    というわけで、うちのかみさんにお供して行ってきました。
    JR石川町駅を降りると、ものすごい人人人。。。
    商店街の通りは歩行者天国になっているので幾分はましなのですが、県道を跨ぐ交差点では、歩行者天国の入り口(交差点内)を塞ぐようにタクシーが並んでおり、交差点が狭くなっているため、周辺は人で大混雑していました。
    おまわりさんが交通整理をしておりますが、何も言わないのでしょうか。
    交差点が狭くなっているために歩行者信号が赤になっても渡りきれない人に笛を吹くぐらいなら、まず、タクシーに警告して欲しいものです。
    自分で言っても良かったのですが、時間の都合と、何よりせっかくの楽しい雰囲気を壊したくないので、見ぬ振りしておきました。

    キタムラ元町本店に到着すると、店の入り口から通勤ラッシュの電車状態。
    そんな中、かみさんが以前から狙っていた商品を二人で探し回りました。
    二点のうち一点は、春夏で生産終了していました(残念)。
    もう一点は、少し改良された新モデルが見つかり、無事購入できました。
    ついでにキタムラ元町グッズ・シューズショップ、キタムラ元町メンズショップにも寄りましたが、見るだけにとどまりました。

    キタムラの製品は、価格の割に、質の良い革としっかりとした作りが気に入っています。
    名ばかりのブランド品とは違い、革の質の良さと作りの良さ、そして昔からの永久修理保証もあり、永く使い続けられる製品だと思います。
    ただ、最近は新製品を次々と発表しているためか、機能的に熟考されていない?な製品や、価格付けが高すぎる製品も増えてきており、秀逸な製品が少なくなってきたような気がします。
    新作も良いですが、もっと定番製品を揃えて、小改良でじっくり熟成させながら製品とノウハウを育ててもらいたいと思います。

    広告 Rakuten

    • ↓検索結果を"価格が安い"で↓並び替えるのがおすすめ

    Rakuten

    amazon.co.jp